カテゴリー「I-01 韓国鉄道の旅」の20件の記事

2007.10.06

韓国鉄道の旅5日目 (3)家に帰るまでが旅行です

清凉里からの空港バスは、時刻表が要らないくらいに頻発している。運賃はW7,000。革張りだが4列の狭いシートにおさまると、間もなくバスは動き出した。何度か交差点を曲がると、1号線が地下を走る大きな通りに出る。渋滞のためなかなか前に進まない。急ブレーキがかかるたびにお尻が滑り落ちそうになる。思わずシートベルトを締めた。

続きを読む "韓国鉄道の旅5日目 (3)家に帰るまでが旅行です" »

韓国鉄道の旅5日目 (2)水原華城

水原駅は巨大な駅ビルの中にあった。駅前の観光案内所で城壁散策の起点となる八達門(通称南門)へ行くバスの系統番号を聞き、地図をもらう。10分ほどバスに乗り、ロータリーになっている八達門前で降りる。

続きを読む "韓国鉄道の旅5日目 (2)水原華城" »

韓国鉄道の旅5日目 (1)電鉄線

8時前に起床。早くも旅行最終日、ソウル仁川空港発18時55分のJAL964便で日本への帰途につく。それまではユネスコ世界遺産にも指定されている水原華城を見学、時間が余ったらソウルを歩く予定である。

続きを読む "韓国鉄道の旅5日目 (1)電鉄線" »

韓国鉄道の旅4日目 (6)帰路

相当ギリギリの時間に全州駅に到着、ホームへと走る。発車時刻に何とか間に合ったが、こういう時に限って列車は遅れてくるものである。麗水からのセマウル号の車内はスルメの匂いが充満していた。今回の旅最後の長距離列車である。

続きを読む "韓国鉄道の旅4日目 (6)帰路" »

韓国鉄道の旅4日目 (5)全州を歩く

まずは豊南門(プンナムモン)へ。もとは東西南北4方向にあった城門の一つだが、現在はこれだけが残っている。門前は商店街になっていて、車の往来も多い。

続きを読む "韓国鉄道の旅4日目 (5)全州を歩く" »

韓国鉄道の旅4日目 (4)ビビンバ、ビビンバ!

全州。全羅北道の道庁所在地。肥沃な穀倉地帯の中にあり、古くから食の都として栄えてきた・・・ なんて説明は詳しいところに任せておくとして、ビビンバである。時刻は午後1時半、そろそろ何か口に入れないと私のタイマーが切れてしまう(謎)。駅から市内の中心まではバスかタクシーを使うことになるが、ここはいっちょ異国の路線バスに挑戦してみることに。

続きを読む "韓国鉄道の旅4日目 (4)ビビンバ、ビビンバ!" »

韓国鉄道の旅4日目 (3)全州行きコミュータートレイン

発車まで1時間あるので街をぶらついてみることにした。駅周辺には商店が並び、非常に活気がある(でも列車は少ないんだなこれが)。歩いていると、路上に野菜やら何やらを広げたおばちゃんが目に付く。朝市だろうか。もちろん普通の市場もある。もう店じまいの雰囲気だが、それでも歩いている人は多い。

続きを読む "韓国鉄道の旅4日目 (3)全州行きコミュータートレイン" »

韓国鉄道の旅4日目 (2)対岸は遠く

長項駅前はソウルから1時間おきに列車が出ているとは思えないほど鄙びていた。さてここから群山に行くには、路線バスか渡し舟に乗ることになる。とりあえず乗り場がどこにあるか知りたいのだが、駅の窓口で観光案内所の所在を尋ねたところ、ここにはないそうである。

続きを読む "韓国鉄道の旅4日目 (2)対岸は遠く " »

韓国鉄道の旅4日目 (1)長項線の旅

5時30分起床。やっぱり眠い。さっさと着替えて地下鉄清凉里駅へ向かう。今日の予定だが、ソウルから長項線で西海岸の町長項(チャンハン)へ。錦江を挟んで対岸にある群山(クンサン)からは群山線に乗り、「食は全州にあり」の全州(チョンジュ)を訪れる。

続きを読む "韓国鉄道の旅4日目 (1)長項線の旅" »

韓国鉄道の旅3日目 (3)睡眠不足

今夜から2晩泊まる宿は清凉里駅から歩いてすぐの「NEW BOOLIM HOTEL」。置屋街の入り口にあるので周辺はちょっと怪しい雰囲気である。日本語は全然オッケーだ。部屋からは駅前の様子がよく見える。

続きを読む "韓国鉄道の旅3日目 (3)睡眠不足" »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ