« 信州・北陸駆け足紀行3日目 (4)ラストスパート | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (2)市内へ出るはずが »

2007.10.08

ポルトガルの旅0日目 (1)関空~アムステルダム

2007年2月12日、日本脱出のために関西空港へ。今回の旅の目的地はポルトガルである。なぜこの西ヨーロッパの中でも極めて地味~な国を選んだかというと・・・

1. リスボンの下町の狭い路地を縫うようにして走る路面電車を、一度この目で見てみたかった。
2. ガイドブックに載っていた、モンサラーシュという村の風景に一目惚れ。
3. イタリアやスペインと比べて旅行先としてはメジャーでないので(日本人的感覚だが)、騒がしい観光客が少なくてのんびりできそう。
4. 西欧のわりには物価が安そう。というか、ここ最近のユーロ高は異常!

というわけで、航空券単体の値段は安いのに、憎き燃油サーチャージとやらで2万円近く追加料金を払わされたり(これでも今回利用するKLMオランダ航空は安い方なのです)、1ユーロ=160円などというありえないレートだったりと逆境にも程がある、って感じだが、まぁ旅行中はそんなことは忘れて、楽しむことだけを考えよう。

KLMのカウンターでチェックイン。溌剌として感じのよいお姉さんが迎えてくれる。冬なのに半袖でちょっと寒そう。
「いらっしゃいませっ!! ビジネスクラスのご利用でございますかっ!!」
「・・・いや・・・ エコノミーっす・・・」


KL868 大阪関西(11:50)→アムステルダム(16:10)

リスボンまでの道のりだが、まずオランダへ12時間かけて移動したのち、約5時間の待ち時間を経て、さらに3時間のフライトとなる。今日は丸一日移動だけで潰れてしまうのだ。

11時20分、搭乗開始。出発時刻は11時40分で、定刻より10分早くなっている。


20070212110804


今回、ヨーロッパ直行便は初めて、つまりシベリア航路初体験なので、窓側を指定しておいたのだが、見事に翼の上に当たってしまった。ちゃんと「翼の上じゃない所」って伝えておかないとダメですね。というわけで、好き好んで3列席の奥に押し込まれてしまったのだが、幸い隣のカップルさんが気さくな方達だったので、窮屈な思いはしなくて良さそうだ。それにしても、2月のヨーロッパなんてオフシーズン真っ只中のはずだが、機内は満員御礼である。カップルさんもイタリアへカーニバルを見に行くそう。

シートにはテレビが付いていて、映画や音楽をオンデマンドで楽しめたり、簡単なゲームができたりする。今回特に読みたい本もなく、オーディオプレーヤーも置いてきたので、必然的に暇つぶしはパーソナルテレビに頼ることになったのだが、結局最後まで観た映画は「トリック2」だけ。あとはオセロをちょこちょこっとやるだけで、残りはエアショーの画面を睨みながら、ただひたすらに「残り飛行時間」が減っていくのを待っておりました。

それと機内食の量が以前南回りでヨーロッパへ行ったときに比べて、心なしか少なかったような気が。これについては帰りのフライトで少々大変な思いをすることになります・・・。ちなみに間食としてアイスクリームかカップラーメンのサービスが。私はカップラーメンを選んだが、日本にはないフレーバーで美味しかった。


20070212141918


着陸1時間前くらいに、持病の頭痛が。バファリンは預け入れ荷物の中なので、CAさんに頭痛薬をもらう。長い長いフライトの末、ようやくアムステルダム・スキポール空港に到着。現地時間午後4時、日本との時差は8時間。6年ぶりのヨーロッパにちょっとだけ緊張です。

(2007.02.12)


« 信州・北陸駆け足紀行3日目 (4)ラストスパート | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (2)市内へ出るはずが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/16688933

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの旅0日目 (1)関空~アムステルダム:

« 信州・北陸駆け足紀行3日目 (4)ラストスパート | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (2)市内へ出るはずが »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ