« クラスJを利用してみました | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (1)ベレン地区へ »

2007.10.12

ポルトガルの旅0日目 (5)スキポール空港~リスボン

スキポール空港へ戻ってくる。リスボン行きの飛行機の出発時刻は20時50分。それまで丁度2時間あるので、制限エリア外とエリア内を1時間ずつに分けて散策することにした。

20070212184517
《スキポール空港駅ホームにて》

20070212184949
《空港コンコース。直下にスキポール空港駅のホームがある》

20070212185826
《ターミナルビル入り口》

20070212190518
《制限エリアのショッピングアーケード》


続いて制限エリア内の店を幾つかひやかすが、特段に珍しい物もなし。そろそろお腹が空いてきたが、飛行機の中で何か出るだろうと踏んで、食事はパスした。


20070212194352


やることも無くなったのでちょっと早めに搭乗口へ向かうが、出発時刻が近づいても搭乗案内が始まる気配がない。遅れてようやく機内に入ると、システムの不具合で少し出発が遅れる、という内容らしいアナウンスが。ただでさえ夜遅くに到着するスケジュールなのに、勘弁してくれよー。結局定刻より約20分遅れで動き出した。


20070212200452
《リスボン行きの飛行機》


KL1697 アムステルダム(20:50)→リスボン(22:50)※遅れ約20分

席は日本→ヨーロッパと同じく窓側だが、当然ながら窓の外は真っ暗。非常口の席に当たり、足元はかなり広々である。緊急時に座席の真横の壁が外れる方式で、CAさんが何やら説明するのだが、英語が流暢過ぎて何が何やら(汗)。とりあえずコックを引っ張ればいいらしいが。まあいいや、万一の時は隣のおしゃべりな夫婦にお願いするとしよう。

機内食はピザパンと、あとなんだったっけ・・・? とにかく軽食程度のもので、腹を膨らますには物足りない量。もう日本時間では早朝なので、フライトの半分以上はうとうとしながら過ごす。

約3時間のフライトを経て、最終着陸態勢に。眼下をオレンジ色の街灯の光が飛び去っていく。現地時間の午後11時過ぎ、リスボン空港に着陸。時差はオランダとは1時間、日本とは9時間である。この空港、一国の首都の玄関口のわりには非常に小ぢんまりとしている。


20070212233440
《リスボン空港・到着ロビー》


空港からはタクシーでホテルへ向かう。飛行機が遅れた上に、なかなか預け入れ荷物のターンテーブルが動き出さなかったりで、ホテルに到着したのは午前0時、それから風呂に入って就寝したのは午前1時。自宅を出てから24時間以上かかっているわけで、とにかく長い一日だった。

(2007.02.12)

前のページへ:ポルトガルの旅0日目 (4)アムステルダム中央駅


« クラスJを利用してみました | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (1)ベレン地区へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503289

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの旅0日目 (5)スキポール空港~リスボン:

« クラスJを利用してみました | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (1)ベレン地区へ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ