« ポルトガルの旅1日目 (1)ベレン地区へ | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (3)ジェロニモス修道院 »

2007.10.15

ポルトガルの旅1日目 (2)発見のモニュメントとベレンの塔

実は目的地の少し手前で降りてしまい、少々歩くことになってしまった。テージョ川の岸辺に向かって歩を進める。

20070213102239
《途中にあった公園》

20070213102900
《カスカイス線ベレン駅》

20070213103149
《テージョ川の対岸に渡るフェリー》


河岸の道は人通りもまばら。風が強く、川面を渡ってきた風がまともに吹き付けて水しぶきがかかるが、寒くはない。同じ時期の大阪と比べれば大違いだ。雨も止んだので、気分良くぷらぷら歩いて、発見のモニュメントに到着。エンリケ航海王子の没後500年を記念して建てられたモニュメントである。


20070213104144


側面に彫られているのは、エンリケ航海王子を先頭に天文学者、宣教師、航海士、地理学者など、いわば大航海時代のヒーロー達。


20070213104939


モニュメント前の地面には世界地図と共に、その地域がポルトガルによって発見された年号が記されている。日本が”発見”された年は1541年。種子島に鉄砲が伝来した年(1543年)ではなかったのですね。


20070213104743


モニュメントは展望台になっており、エレベーターで上がれるようにもなっているが、私は次の目的地、ベレンの塔に向かった。


20070213105043


発見のモニュメントから歩いて10分弱で到着。ベレンの塔は、16世紀初頭に第14代ポルトガル王マヌエル1世により、テージョ川への船の出入りを監視するために建てられた要塞である。1983年にユネスコ世界遺産に登録された。


20070213110723
《全景》

20070213114037
《塔入り口》


跳ね橋を渡って内部に入るとそこは塔の2階。幾つもの砲台がテージョ川を睨みつけている。1階は水牢。


20070213111309
《塔2階》

20070213111421_2
《砲台》


3階以上は王族の居室になっていた。


20070213112118
《3階テラスから塔を見上げる》

20070213112439

20070213112652


螺旋階段を昇って更に上へ。塔の屋上からはベレン地区が一望のもと。


20070213113103
《塔屋上から西方向を望む》

20070213113147
《同じく北方向》


パノラマを堪能し、塔を下りる。再び15番トラムに乗り、ジェロニモス修道院へと向かった。


20070213121441

20070213121548

(2007.02.13)


« ポルトガルの旅1日目 (1)ベレン地区へ | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (3)ジェロニモス修道院 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503286

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの旅1日目 (2)発見のモニュメントとベレンの塔:

« ポルトガルの旅1日目 (1)ベレン地区へ | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (3)ジェロニモス修道院 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ