« ポルトガルの旅1日目 (2)発見のモニュメントとベレンの塔 | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (4)レトロな路面電車 »

2007.10.16

ポルトガルの旅1日目 (3)ジェロニモス修道院

市電に5分ほど揺られ、ジェロニモス修道院のすぐ前の停留所で降りる。この修道院は前述のマヌエル1世により、世界中から集められた巨万の富を元手に建てられた、まさにポルトガルの黄金時代を象徴するような建築物である。ベレンの塔と同じく、1983年に世界遺産に登録された。そばにいては巨大すぎて視界に入りきらない。

20070213123456

20070213123615


内部へ。思わずため息がこぼれるほどに壮麗。


20070213123851

20070213124127

20070213124434


もうひとつの見所が、中庭をぐるっと囲む回廊。凝りに凝った彫刻に目を見張る。


20070213125431

20070213125228

20070213130522


30分ほど見学し、修道院を出る。時刻は午後1時、そろそろ昼食の時間である。何ヶ所かレストランを見つくろってみたが、店内はスカスカか一杯かどちらかしかなく、とりあえず市電で中心部へ向かっているうち、車窓からそこそこに流行っていそうなカフェを発見。ランチメニューがあるようなので、入ってみる。


20070213142127
《カフェ》

20070213134502
《メインディッシュ。付け合せのポテトの量がすごい》

20070213140334
《デザートのアローシュ・ドース(ライスプディング)》

20070213141404
《食後のコーヒー》


メイン・ドリンク・デザート・コーヒーの4品で6.5ユーロ。客は地元の人ばかりで、店員さんとのコミュニケーションもうまくいき、早くもポルトガルに溶け込んできたような感覚だ。

腹がくちくなったところで、再び市電に乗るために歩いていると、路面電車の博物館を発見。ぜひ見学したいところだったが、残念ながら今日はスケジュールが一杯。次の機会のお楽しみにしておこう。


20070213142540
《Carrisミュージアム》

(2007.02.13)


« ポルトガルの旅1日目 (2)発見のモニュメントとベレンの塔 | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (4)レトロな路面電車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503285

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの旅1日目 (3)ジェロニモス修道院:

« ポルトガルの旅1日目 (2)発見のモニュメントとベレンの塔 | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (4)レトロな路面電車 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ