« ポルトガルの旅1日目 (3)ジェロニモス修道院 | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (5)リスボンケーブルカー・ビッカ線 »

2007.10.17

ポルトガルの旅1日目 (4)レトロな路面電車

25系統のトラムに乗るために地図を眺める。この周辺ではサントスという駅が15系統の路線と最も近接しているので、そこへ向かった。停留所はすぐに見つかり、しばし待っているといよいよお待ちかねの車両が入ってきた。

20070213145838
《レトロなトラム車両(別の場所で撮影)》


発車するといきなり急坂をよじ登る。加速も鋭く、余裕しゃくしゃくの走り。この車両、見た目は古いが・・・というか車体は実際に古いのだが、足回りは新車同然のものらしい。石畳の細い路地を右へ左へ。窓の外はすぐそばまで建物の壁が迫る。


【動画】車輪をきしませながら急カーブを曲がる(車内より)
[320×240, 30fps, WMV, 558KB, 12秒]


28番の路線と合流すると、エストレーラ聖堂前。ここで下車する。


【動画】エストレーラ聖堂前を発車する電車
[320×240, 30fps, WMV, 1.03MB, 23秒]

20070213150943

20070213145938
《(上2枚)エストレーラ聖堂外観》

20070213150152

20070213150514
《(上2枚)聖堂内部。ドームが特徴》


聖堂見学後、今度は28系統のトラムに乗り、ケーブルカービッカ線の乗り場へ。

相変わらず狭い路地を縫うように走って行くが、そんな道でもお構いなしに駐停車する車があり、時には電車の進行方向が塞がれてしまう事も。実際そんな場面に一度遭遇し、延々と昔の電話のベルみたいな警笛を鳴らし続けるものの、車は動く気配も見せず。やむを得ず結局その場に5分ほど立ち往生していた。物見遊山の観光客にとっては微笑ましい光景であるが・・・

20070213152333
《トラム車内》

(2007.02.13)


« ポルトガルの旅1日目 (3)ジェロニモス修道院 | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (5)リスボンケーブルカー・ビッカ線 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503284

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの旅1日目 (4)レトロな路面電車:

« ポルトガルの旅1日目 (3)ジェロニモス修道院 | トップページ | ポルトガルの旅1日目 (5)リスボンケーブルカー・ビッカ線 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ