« 信州・北陸駆け足紀行1日目 (5)アルプスの懐へ | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行1日目 (7)上高地ハイキング »

2007.10.07

信州・北陸駆け足紀行1日目 (6)シャトルバスで入山

沢渡駐車場 (松本電鉄シャトルバス) → 上高地・大正池前

始発のバスは5時半、あと10分ほどでやってくる。グッドタイミングだ。程なくして、爽やかな配色のバスが入ってきた。出発すると、他にもいくつかある駐車場に停まって行く。乗客も増えてきたが、みな一様に登山ルックで、私のような軽装をしているのは誰もいない。なにしろこの早朝だ、気合の入り方が違うということか。

最後の駐車場で料金収受があり、往復分の切符を購入。先ほどまでとは打って変わって整備された道を、中の湯へ向かう。車内でおにぎりの朝食。私も今日はガンガン歩かなければ!

中の湯でR158と分岐し、いよいよ上高地へ入る。ここのゲートから先は、タクシーとバス、そして特別に許可を受けた車両のみが乗り入れ可能だ。すぐに彼の有名な釜トンネルへ。ここを通るバスは、特別仕様だそうな。1車線の暗い随道内を、セカンド(たぶん)で進む。路面はでこぼこで、あちこちに水溜りが出来ている。勾配も最大で20%ほどあるそうだ。行き着いた先は桃源郷か、はたまた冥界か。

途中で新しいトンネルに切り替わる。片側1車線のごく普通のトンネルだ。トンネルを抜け出ると、辺りには朝靄が立ち込めている。森の中をしばらく走り、大正池前のバス停で下車。時刻は午前6時ちょうどだ。私だけを残し、バスは走り去っていった。

(2003.09.16)


« 信州・北陸駆け足紀行1日目 (5)アルプスの懐へ | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行1日目 (7)上高地ハイキング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/16684919

この記事へのトラックバック一覧です: 信州・北陸駆け足紀行1日目 (6)シャトルバスで入山:

« 信州・北陸駆け足紀行1日目 (5)アルプスの懐へ | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行1日目 (7)上高地ハイキング »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ