« 信州・北陸駆け足紀行1日目 (6)シャトルバスで入山 | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行1日目 (8)松本へ戻る »

2007.10.07

信州・北陸駆け足紀行1日目 (7)上高地ハイキング

大正池ホテルの横の階段を下る。大正池のほとりでは、ホテルの宿泊客が数人、早起きをして朝の風景を楽しんでいた。鏡のように静かな水面に、周囲の風景が映りこんでいる。焼岳が頂上付近から赤く染まり始めていた。

Kamikochi004_l

Kamikochi005_l
《(2枚とも)大正池》

遊歩道を進む。たまにアマチュアカメラマンとすれ違う他には、ほとんど人の気配がない。朝霧の森の中で思わず深呼吸。清澄な冷気に眠気も吹き飛びそう。徹夜のドライブ明けには、最高の目覚ましだ。脇道に逸れて田代池へ。かすかに鳥の鳴き声がするものの、ひっそりとしている。

Kamikochi006_l
《遊歩道》

Kamikochi007_l
《田代湿原》

Kamikochi008_l
《田代池》

遊歩道が梓川コースと森林コースに分かれていたので、梓川コースへ。静謐な森の小径を歩き、梓川の河原に出る。焼岳が朝日に照らされて輝いていた。今も噴煙を上げる活火山で、先ほどの大正池もその名の通り、大正時代の噴火で梓川がせき止められて出来た池だ。

Kamikochi009_l
《真っ赤に染まる焼岳》

Kamikochi010_l
《穂高連峰の山々はまだ霞んでいる》

田代橋と穂高橋を渡る。時刻は午前7時前、そろそろ人も増えてきた。谷間に日が差すにつれて、朝靄も消えていく。もうすぐ太陽も姿を見せそうだ。

Kamikochi011_l

下の写真はウエストン碑。日本アルプスの名付け親で、世界に紹介した人でもある。

Kamikochi012_2

ホテルが並ぶ川沿いを歩き、河童橋に到着。大正池からの所要時間は1時間15分だった。バスターミナルに近く、ホテルや売店もあって、上高地で最も賑やかな場所。梓川に掛かる橋の上からのパノラマは素晴らしい。

Kamikochi013_l
《河童橋》

Kamikochi014_l
《穂高連峰。橋の上から》

Kamikochi015_l
《河童橋と焼岳》

左岸を明神方面へ進む。途中にキャンプ場があり、あちこちで朝食の支度が始まっている。いいなぁ~、あったかいごはん…

Kamikochi016_l
《木漏れ日》

木立の間の砂利道をひたすら歩く。これから徳沢へと向かう登山者の姿も多く、あんな重装備の連中に追い抜かれてたまるかと、妙な競争意識が出てしまう。

50分ほどで明神館に着き、なにやら工事中の吊り橋を渡る。すがすがしいほどの青い空に、シャッターを切る回数も自然と増える。

Kamikochi017_l

Kamikochi018_l

橋を渡りきると、穂高神社奥宮。明神池はその神域にある。ちなみに参拝料が必要だ。ここまで来る人は意外と少ないらしく、ゆっくりと写真を撮ることが出来た。

Kamikochi019_l

Kamikochi020_l
《明神一之池》

Kamikochi021_l
《明神二之池》

右岸を河童橋方面へ戻る。木道があったりして、変化に富んだ道だ。こんな所でも携帯が繋がるのには驚く。

Kamikochi022_l_2

Kamikochi023_l_2

9時過ぎに再び河童橋へ。さすがに観光地らしく賑わいを見せてきた。ホテルの売店でお土産を購入。

Kamikochi024_l

Kamikochi025_l

上高地ビジターセンター。上高地の自然についての様々な情報を提供している。3時間歩き通しで疲れたので、ビデオコーナーで座って休憩を取った。上高地への理解を深めたいという方は、是非訪れてほしい。

Kamikochi026_l
《上高地ビジターセンター》

さて一通り回ったことだし、もうバスターミナルから帰ってもいいのだが、せっかくなので大正池まで徒歩で戻ることにした。早朝とは違った風景が見られることだろう。 ……でも、しんどいんでちょっと川原で一休み(^_^;)

Kamikochi028_l
《梓川の澄んだ水》

Kamikochi029_l
《川原で》

散策者が増えてきたので、狭い道で立ち止まって撮影、というのは少々難しくなってきた。やはり早朝の散策がオススメ、と言いたい所だが、風景は時間帯によってコロコロと表情を変える。なので、優劣はつけづらいです、正直。

Kamikochi030_l
《田代湿原》

Kamikochi031_l

Kamikochi034_l
《大正池》

Kamikochi032_l
《焼岳》

Kamikochi033_l
《大正池と穂高連峰》

もう十分です。帰りましょう。足痛い。

*散策中、タイガースがどうのこうのという会話は、ついに一度も聞けませんでした。当たり前か。

(2003.09.16)


« 信州・北陸駆け足紀行1日目 (6)シャトルバスで入山 | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行1日目 (8)松本へ戻る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/16685100

この記事へのトラックバック一覧です: 信州・北陸駆け足紀行1日目 (7)上高地ハイキング:

« 信州・北陸駆け足紀行1日目 (6)シャトルバスで入山 | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行1日目 (8)松本へ戻る »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ