« 信州・北陸駆け足紀行2日目 (4)安房峠を越える | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行2日目 (6)高速解禁 »

2007.10.07

信州・北陸駆け足紀行2日目 (5)日本海側へ

上宝村 (R471) → 神岡町 (R41) → 富山市

ここからはありふれた山間の道。焼岳を挟んで、上高地のちょうど反対側を通っているのだが、地図上で確認できるのみである。沿道には平湯を含めて5つの温泉地が点在し、それらを総称して奥飛騨温泉郷と呼ばれている。

上宝村から神岡町に入る。亜鉛・鉛鉱山の町として有名だが、最近ではニュートリノの観測施設、「スーパーカミオカンデ」が設置されていることでも知られている。ここで富山へと続く国道41号線に合流。

平湯温泉から寄り添ってきた高原川に加え、神岡鉄道の線路が付かず離れず並行するようになる。その高原川が宮川と合流して神通川となると、並行する線路もJR高山本線に変わる。

4時間近くも休憩なしで走ってきたので、道の駅細入で小休止。平湯からずっと後ろをついてきた車も一緒に入ったが、そこには安房トンネルの手前で別れた、金沢行きの路線バスの姿が。もっと先を行っているものとばかり思っていたが、後で調べてみると、平湯温泉で20分間の休憩を取るダイヤだった。納得。物産コーナーで土産物を追加購入。

Kamikochi056_l
《道の駅細入》

午後6時、そろそろ日が傾きはじめた。狭い谷間には光が届かなくなり、前照灯を点灯。薄暮の頃になって、ようやく富山平野に出る。

富山市に入ると、沿道にも大型店舗が立ち並び、都市らしい風景になってきた。そのうちに官庁街らしきエリアへ。途中に国道359号線との交点があったはずだが、いつの間にか市内中心部に迷い込んでしまったようだ。地図で確かめてUターン、すぐに復帰する。

(2003.09.17)


« 信州・北陸駆け足紀行2日目 (4)安房峠を越える | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行2日目 (6)高速解禁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/16687825

この記事へのトラックバック一覧です: 信州・北陸駆け足紀行2日目 (5)日本海側へ :

« 信州・北陸駆け足紀行2日目 (4)安房峠を越える | トップページ | 信州・北陸駆け足紀行2日目 (6)高速解禁 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ