« 信州・北陸駆け足紀行3日目 (3)シーサイド・ロード | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (1)関空~アムステルダム »

2007.10.07

信州・北陸駆け足紀行3日目 (4)ラストスパート

河野村 (R8) → 敦賀市 (R161) → 志賀町 (湖西道路) → 大津市

河野海岸道路(有料)との分岐点を過ぎるとやや内陸に入り、逆に内陸から海側へ向かってきた国道8号線と合流。トンネルと覆道が連続する、海沿いの険しい地形を縫うように走る。

敦賀バイパスを経由し、疋田で国道161号線に入る。山の中を進み、峠(その名も山中峠)を越えると滋賀県。長い坂をぐんぐん下る。前の方を走る原チャがえらいスピードを出していて、後続の車とタメを張っていたのが痛快だった。

琵琶湖湖岸に出ると、湖西道路の志賀ICまでは殆どがバイパス道。途中で2回目の給油、スタンドの兄ちゃんは

「この辺りは高いんですよー」

と恐縮していたが、レシートを見ると近所と同じ価格。日常的にこの価格で利用している身としては、やりきれない。

湖西道路は琵琶湖を見下ろす高台を行く。坂本北ICで有料区間が終わると、そのままR161の西大津バイパスへと移行する。薄暗くなり、ヘッドライトを点灯する車も増えてきた。掘割の中を進み、長等トンネルを抜けると、名神高速の京都東IC。3日前にここから東へ向かったのが、遠い昔のようである。

京都東IC (名神高速) → 吹田JCT (中国道) → 中国豊中IC

名神高速はラッシュの時間帯で混雑していた。車間距離など皆無の状態で、こちらが意図的に車間距離を開けても、必ず前に入ってくる車が現れる始末である。

特に渋滞にははまらず、中国豊中インターで高速を降りる。R176のバイバスで少しつっかえたが、午後7時過ぎに無事帰宅した。<完>

(2003.09.18)


« 信州・北陸駆け足紀行3日目 (3)シーサイド・ロード | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (1)関空~アムステルダム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/16688011

この記事へのトラックバック一覧です: 信州・北陸駆け足紀行3日目 (4)ラストスパート:

« 信州・北陸駆け足紀行3日目 (3)シーサイド・ロード | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (1)関空~アムステルダム »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ