« スルッとKANSAI 3day '03秋 2日目 (1)まずは京都へ | トップページ | スルッとKANSAI 3day '03秋 2日目 (3)比叡山延暦寺 »

2007.10.06

スルッとKANSAI 3day '03秋 2日目 (2)地下鉄東西線

京都市営地下鉄東西線 三条京阪二条

ホームドアが並ぶ地下鉄東西線のホームへ。銀色で小ぶりの電車が入ってくる。発車ベルの旋律も、京都らしい。4駅で西側の終点の二条。山陰本線との乗換駅だが、地上に出るともの寂しい風景。山陰本線の高架橋のみが目立つ。

Surutto03022_l
《地下鉄二条駅》

二条城を左手に見て、地下鉄の上の通りを歩く。二条城には一度入ってみようと思ったのだが、観光バスが沢山停まっているのを見て、なぜか気が失せてしまった(-_-;)

京都市営地下鉄東西線 二条城前醍醐

1駅歩いて、その名もズバリの二条城前駅へ。駅構内には地下鉄の発掘調査で出土した、神泉苑(平安時代の庭園)の遺物が展示されている。京都の地下は、ちょっと掘ると何かが出てくるので大変だ。ホームに降りると、程なく電車がやってきた。方向が違うと発車ベルも違うが、こちらも京都風だ。

Surutto03023_l
《二条城駅ホーム》

御陵(みささぎ)で京阪京津線を分けると、地下で何もわからないまま、醍醐(だいご)着。これで地下鉄東西線は完乗だが、今後西にも東にも延長予定がある。醍醐駅には大規模なショッピングモールや、バスターミナルがあって賑やか。ショッピングモール内のマックで腹ごしらえ。キャンペーン中のものを、目ざとく見つけて組み合わせる。安く上がった(^_^)v

京都市営地下鉄東西線 醍醐御陵
京阪京津線 御陵浜大津

昼食後、次の目的地へ。御陵まで戻り、京阪京津線に乗り換える。御陵は上下線別の島式ホームが二重になっており、逆方向への乗り換えには一度の垂直移動を伴うことになる。無機質な地下鉄車両とは違う、爽やかな配色の電車がやってきた。御陵を出るとすぐに地上へ。急勾配・急カーブの連続する、険しい路線だ。最後は大きな車体を持て余しながら道路上を走り、浜大津に到着。京津線と石山坂本線のセクションで、琵琶湖遊覧船の乗り場もある。石山坂本線の発車まで写真を撮り歩いた。

Surutto03024_l
《京津線車両》

Surutto03025_l
《石山坂本線車両》

Surutto03026_l
《線路と道路が複雑に交錯する》

(2003.12.01)


« スルッとKANSAI 3day '03秋 2日目 (1)まずは京都へ | トップページ | スルッとKANSAI 3day '03秋 2日目 (3)比叡山延暦寺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/16678728

この記事へのトラックバック一覧です: スルッとKANSAI 3day '03秋 2日目 (2)地下鉄東西線:

« スルッとKANSAI 3day '03秋 2日目 (1)まずは京都へ | トップページ | スルッとKANSAI 3day '03秋 2日目 (3)比叡山延暦寺 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ