« ポルトガルの旅0日目 (4)アムステルダム中央駅 | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (5)スキポール空港~リスボン »

2007.10.11

クラスJを利用してみました

昨日の記事の続きです。帰りは飛行機。かねてから一度体験したいと思っていた、日本航空のクラスJを利用しました。利用料金はどの路線も1000円均一。もちろん割引運賃も併用できます。

この座席、普通席とスーパーシートの中間クラスにあたり、シートピッチが普通席の79cmに対しクラスJは95cm。在来線特急の普通車レベルですが、あのエコノミークラスの異常に狭い座席間隔からすると、格段の違いです。横方向のサイズも若干大きく、両側の肘掛を占有でき、レッグレストも付いています。ただし人的サービスでの普通席との違いは殆ど無く、飲み物に加えてお菓子が出るくらい。それも羽田~伊丹間では飛行時間の関係でお菓子のサービスはありません。地上サービス(専用チェックインカウンター、優先搭乗、手荷物重量制限の緩和など)の扱いも普通席と全く同じです。メリットは純粋に広い座席に座れる、という点のみ。

とはいえ、たかだか国内線の1~2時間程度の飛行時間に、上級クラスの過剰サービスは必要ない、という人も多いでしょう。鉄道車両のアコモデーションはここ20年で大幅に向上しているというのに、飛行機の座席はというと旧態依然としたまま。決してニッチではなく、的確にニーズに応えたものと言えるでしょう(但し前身はJASのレインボーシートで、JALのオリジナルではありませんが)。今はJAL・ANA両者とも上級クラスの高級化路線に進んでいる状況ですが、ANAも追随して欲しいと思います。


« ポルトガルの旅0日目 (4)アムステルダム中央駅 | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (5)スキポール空港~リスボン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503293

この記事へのトラックバック一覧です: クラスJを利用してみました:

« ポルトガルの旅0日目 (4)アムステルダム中央駅 | トップページ | ポルトガルの旅0日目 (5)スキポール空港~リスボン »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ