« 兵庫県立美術館 on 文化の日 その1 | トップページ | 兵庫県立美術館 on 文化の日 その2 »

2007.11.06

ポルトガルの旅3日目 (5)天空の村モンサラーシュその2

20070215154330
《村のメインストリート》


村の中央広場には観光案内所とペロリーニョ、それに村の規模とは不釣合いに思えるほど大きな教会が建っている。教会が地域コミュニティの中心であることがよく分かる。

20070215154615
《村の中央広場。左に立っている柱がペロリーニョ》

20070215154533
《教会》


ここでペロリーニョについて説明しておく必要があるだろう。ポルトガル各地で見かけることができるのだが、罪人をかごの中に入れ、この柱に吊るして懲罰のため見せしめにする台である。もちろん中世の出来事であるが、この平和な村の光景からは信じ難い話でもある。

更に村の奥へ。まるで時が止まったような村を歩いていると、自分が何時代にいるのかさえ忘れてしまいそうになる・・・ なんて物思いにふけりながら、ふとのぞいた家の中には、一心不乱にPSPで遊ぶ子供の姿が。あぁ、紛れもなく21世紀だ・・・。

それでも一歩路地裏に踏み込めば、期待を裏切らない風景がそこにある。


20070215154805

20070215161606

20070215161640

20070215161712


村の奥には城と闘牛場があり、ここからの下界の眺めも素晴らしい。ここから見えるダム湖の向こう側はもうスペインである。まるで空中に浮かび上がったかのような感覚。


20070215160101
《城》

20070215155730
《闘牛場》

20070215154953

20070215155645

20070215161100_2
《(上3枚)城の上からの眺望》

20070215160959
《城の上から村を見下ろす》


城を出て崖沿いの路地を歩いていると、麓からカランカランとカウベルのような音が聞こえてくる。羊の群れが呼び集められていた。



村の中を歩いていても、ほとんど人影は見当たらない。とはいえ過疎の村かといえば少し違い、多くの住人は麓に住んでいるそうだ。実際下界を見下ろすと手の届きそうな場所に大きな集落がある。


20070215154322

20070215162445

20070215162633

20070215163043

20070215165454

20070215170234


3時間の滞在時間はあっという間に過ぎ、バスの出発時刻が近づいてきた。この村からはポルトガルに沈む夕日とスペインから昇る朝日を見ることができるそうで、今度は一泊して訪れたい。


20070215170938


帰りもレゲンゴス・デ・モンサラーシュでバスを乗り換え、エヴォラに着いたのはとっぷりと日の落ちた午後7時。昼食の量が凄まじかったので、夕食は抜きにした。明日は夕方にエヴォラを出発してリスボンに帰るのだが、もう一つくらい田舎町を訪問してみたい。ガイドブックとにらめっこし、エヴォラからバスで45分のアライオロス(Arraiolos)という町に決定した。7時30分発なので、明日の朝は早い。

今日の歩数カウント:21,323歩

(2007.02.15)

次のページへ:ポルトガルの旅4日目 (1)アライオロスへ
前のページへ:ポルトガルの旅3日目 (4)天空の村モンサラーシュその1


« 兵庫県立美術館 on 文化の日 その1 | トップページ | 兵庫県立美術館 on 文化の日 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503260

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの旅3日目 (5)天空の村モンサラーシュその2:

« 兵庫県立美術館 on 文化の日 その1 | トップページ | 兵庫県立美術館 on 文化の日 その2 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ