« 昭和40年代の阪急塚口駅南口 | トップページ | ポルトガルの旅3日目 (3)モンサラーシュへ »

2007.11.03

南海8000系がやって来る

ヤァ!ヤァ!ヤァ!ってわけで、JR東日本のE233系がベースのこの新型車両、なんだかネット上では否定的な意見が多いようですが、とうとう関西でも東京風味の新型車両を味わえるということで、私は楽しみです。

E233系って椅子の座り心地がすこぶる良いという話も聞いていますし(聞いただけね)、外観デザインも今までにない前衛的な印象で、私は結構気に入ってるんですが。海外、特にヨーロッパへ行くと、日本ではとてもお目にかかれないデザインの車両に出くわし、こんなのが日本で走ったなら・・・と妄想することも多いのですが、E233系を見て、ようやく日本でも新たな潮流が生まれたのかな、という感想を持ちました。

間違いなく言えるのは、私のホームグラウンド、阪急には絶対にこんな車両は入ってこないだろうな、ということ。マホガニー調の壁面にオリーブグリーンの座席と、比類なき高級感を醸し出す阪急の車両は、特に関東の人たちからは羨望の眼差しを受けることも多いのですが、無い物ねだりという言葉もあるのです。


【追記】
ついさっき実車のイメージイラストを見てみたのですが、こりゃあまんま1000系ですね・・・
20040412110957
《「なんばパークス」のラッピング広告が施された南海1000系(2004年4月12日・和歌山港駅で撮影)》


« 昭和40年代の阪急塚口駅南口 | トップページ | ポルトガルの旅3日目 (3)モンサラーシュへ »

コメント

南海8000系を素直に述べられていて、非常に気持ちいいですね。
この新車に対してネット上では偏った意見や素直でない意見が多く、うんざりしていましたから。

ぜひたくさん投入して欲しいと思います。

ShikokuGOさん、初めまして。

実は私は所謂「走ルンです」シリーズには殆ど乗った事が無いんですよね。そういう意味で物珍しさだけが先行し、ある意味では偏った意見なのかも知れないですけど(笑)。

なにはともあれ営業運転の開始が楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17000815

この記事へのトラックバック一覧です: 南海8000系がやって来る:

« 昭和40年代の阪急塚口駅南口 | トップページ | ポルトガルの旅3日目 (3)モンサラーシュへ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ