« 関西文化の日'07 (1)国立国際美術館 | トップページ | 京都の紅葉'07 (4)宝ヶ池公園 »

2007.12.02

京都の紅葉'07 (3)鷹ヶ峰・常照寺

常照寺の入り口へ。今年は猛暑の影響でモミジの色付きが悪いと言われており、実際に現地に赴いてもその印象は拭えなかったが、寺入り口のモミジはそんな前評判もなんのその。素晴らしい赤を見せてくれた。

20071126103155

20071126103255


昨年は日没の直前に訪れた為に見学出来なかったので、今年こそはと思ってやって来たのだが、時刻は10時半になり、とうとう観光バスがご到着。軽く30人を超える団体さんが境内に吸い込まれていく。この光景を見てなんだか入る気が失せてしまい、2年連続でUターンとなってしまった。とはいえ、鷹ヶ峰の3つのお寺の中では一番優先度が低かったので(済みません)、それ程心残りは無いのだが・・・。

20071126103729
《吉野門の裏から》

20071126104015
《鷹峯交差点のもみじ》

それでも源光庵と光悦寺が素晴らしかったので、心置きなく鷹ヶ峰を後にできる・・・と、次の目的地へ向かう前に、もう一ヶ所気になるスポットが。昨年鷹ヶ峰のバス停でバスを待っていた時に、地元のご婦人に薦められた「しょうざん」という場所である。ここの庭園の紅葉が綺麗だという話を聞いていたので、鷹峯交差点から坂を下って、土天井町バス停横の入り口から敷地内へ。


《この看板が目印》


──こんな風に書いているからには当然庭園に入ったのだと思われるでしょうが、実は入ってません(笑)。結構入場料が高かったのと、もっと鄙びた感じの場所だと想像していたので。

実はここ、正式には『しょうざん光悦芸術村』と言うのだが、着物メーカーが手掛ける総合レクリエーション施設で、レストランや結婚式の出来るチャペル、それにボウリング場と、やけに賑やかな所。私はてっきりお寺だと思っていたのだ。タクシーやバスもひっきりなしにやって来る。帰宅後に調べた所、地元京都の人には有名なレジャースポットらしいのだが・・・

という訳で大いなる勘違いをしてしまい、染物ギャラリーを覗いただけでココを去る。もしかしたら相当勿体無い事をしているような気がしないでもないが、来年も待っていてくれるのである。

土天井町バス停から北1系統の市バスで北大路バスターミナルへ向かう。道幅が狭いためにバスは源光庵へ向けての一方通行で、帰りは別のひときわ細い道を下っていく(下の写真)。


北大路バスターミナルに到着。時刻は12時前、そろそろ昼食を摂っておくとしよう。キタオオジタウン内でリゾットとピザをいただく。


食後は地下鉄で国際会館駅へ。次の目的地は宝ヶ池公園である。

(2007.11.26)

前のページへ:京都の紅葉'07 (2)鷹ヶ峰・光悦寺


« 関西文化の日'07 (1)国立国際美術館 | トップページ | 京都の紅葉'07 (4)宝ヶ池公園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503221

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉'07 (3)鷹ヶ峰・常照寺:

« 関西文化の日'07 (1)国立国際美術館 | トップページ | 京都の紅葉'07 (4)宝ヶ池公園 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ