« 映画『問題のない私たち』 | トップページ | ポルトガルの旅7日目 (5)ポルト・カテドラル »

2007.12.08

ポルトガルの旅7日目 (4)ポルト・サン・ベント駅

João de Deus駅から都心へ向かう。ここで、先程使ったandanteをそのまま読み取り機に近付けると、「0:09」の表示が出てヴァリデート完了。

このように、2ゾーンの場合は1時間以内なら何度でも乗車が出来るのである。しかも途中下車だけではなく後戻りも可能。つまり、チケットの有効時間内に用事を済ませれば、片道分の料金で往復出来ると言う事だ。時間内に目的地に到着する必要はなく、乗車駅でヴァリデートする際に1分でも残っていればOK。ちなみにゾーン数が増えるにつれて有効時間は増加する(最大の12ゾーンで3時間15分)。

そして、今回の旅では恩恵にあずかる事は無かったものの、ゾーン内ならandante1枚で、メトロ・トラム(メトロとは別物)・バス・ケーブルカー・CP相互間を自由自在に乗り継ぎ可能。まさに究極のゾーン制運賃なのである。

ここで思い浮かぶのが我が日本、京都市のケース。京都市の中心部は、都市の規模の割に軌道系交通機関が発達しておらず、しかも事業者がJR、京都市交通局、阪急、京阪、近鉄、叡山電鉄、京福電鉄と分かれており、距離に対してとんでもない運賃に跳ね上がってしまう事も少なくない。更にバスへと乗り継げば、その値上がり幅は一層顕著となる。

結果、渋滞のリスクを負いながらも、直接中心部へ乗り入れて安価に利用できる直通バス、ひいては自家用車へと乗客が流れてしまい、鉄道のポテンシャルを最大限に発揮出来ていないのである。

それを解決するのが、このようなゾーン制運賃の導入。現状でははるばる都心部まで(京都駅、四条河原町、三条京阪etc.)乗り入れている路線を最寄りの鉄道駅発着に整理し、そこまでは鉄道に受け渡すという風にすれば、渋滞の回避と時間の短縮が実現し、利用者にとっては良い事ずくめ。

そして、京都ほど深刻ではないものの、大阪や神戸でも、事業者間の垣根を越えてゾーン制運賃を導入すれば、目に見えて渋滞の緩和と環境の改善につながるのではないかと想像する。ノーマイカーデーなんかよりも余程効果的だと思うのだが・・・

──話が脇道に逸れてしまった。再びドン・ルイス1世橋を渡ってポルト市内へ。時間があれば歩いてこの橋を渡ってみようと考えていたのだが、残念ながらその機会は無かった。


【動画】ドウロ川を渡るメトロの車窓(Jardim do Morro→São Bento)
[640×480, 30fps, WMV, 872KB, 09秒]


サン・ベント駅で下車し、地上に出ると目の前にあるのがCPのサン・ベント駅。カンパーニャ駅が長距離列車のターミナルならば、こちらは近郊列車のターミナル駅だ。かつてはトリンダーデ駅もCPのターミナル駅のひとつだったが、ここを発着する路線は、現在はポルトメトロに移管されている。

20070219180008
《サン・ベント駅正面(夕方に撮影)》

20070219135149
《駅正面から北方向を眺める》

リスボンのロシオ駅は改修工事の為に閉鎖していたが、こちらは勿論営業中。アズレージョで飾られたコンコースは壮麗の一言に尽き、堂々とした面持ちの外観と共に、街の玄関口としての貫禄を存分に見せ付けている。

20070219180646

20070219180854

20070219135311

ホームは全体が巨大な屋根で覆われており、すぐ先にはトンネルがぽっかりと口を開けている。その為ホームの延長は容易ではなく、欧州の標準規格(25m前後)よりかなり短めの車両でさえ、8両編成が精一杯の長さ。長距離列車がこの駅に姿を見せない理由がここにある。

20070219135400

20070219135451

インフォメーションで明日訪れるギマランイス(Guimarães)行きの電車の時刻表をもらい、次はこの街の地図と情報を仕入れる為に、駅から200m程の観光案内所へ。

駅の外へ出ると、怪しかった空がとうとう泣き出し始めた上、風が強くなってきた。当然日本から折り畳み傘は持って来ているのだが、この後とある不幸が訪れようとは、この時は知る由も無かった・・・

観光案内所で地図とパンフレットを手に入れ、ようやくポルトの散策開始である。

(2007.02.19)

前のページへ:ポルトガルの旅7日目 (3)ポルトメトロに初乗車


« 映画『問題のない私たち』 | トップページ | ポルトガルの旅7日目 (5)ポルト・カテドラル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503215

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの旅7日目 (4)ポルト・サン・ベント駅:

« 映画『問題のない私たち』 | トップページ | ポルトガルの旅7日目 (5)ポルト・カテドラル »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ