« 関西文化の日'07 (3)大阪城公園 | トップページ | 西日本乗り放題きっぷの旅2007 (1)大阪~博多~徳山 »

2007.12.12

ポルトガルの旅7日目 (7)ポルトの夜は更けて

カイス・ダ・リベイラから西へ程近い場所にあるのがボルサ宮(Palácio da Bolsa)。もともとは19世紀に商工会議所として建てられ、その後最近まで証券取引所として使われていた建物である。

20070219174305
《ボルサ宮》

ここは自由には見学できず、ガイドに付いて回るようになっているため、特別興味が無かったこともありパス。

さて、そろそろ新しい傘を買おうと探していたのだが、店は難なく見つかるものの、日本のようにコンパクトで軽い折り畳み傘はなく、ゴツくて重い物ばかり。日本に帰るまで持てばいいや、と、一番安い2.5ユーロのものを買ったのだが、依然として吹きすさぶ風のために、

日本までどころか5分も持ちませんでした

というわけで、次に入った店ではちょっと高めの5ユーロの傘を購入。こちらは折り畳み傘にしてはサイズは大きいものの、がっしりしていて今でも愛用している。

それにしてもここのおばちゃん、喋り出したら最後、話が止まらない。当然ポルトガル語なのでさっぱり内容が理解出来ないため、「Eu Não falo português.(私はポルトガル語が話せません)」と伝えるのだが、お構いなしに再びマシンガントークの餌食に。

とはいえ迷惑どころか、ほんのちょっとだけここの暮らしに溶け込んだような感覚がして、悪い気分ではない。旅に出ると、こんな些細な事も嬉しかったりする。私が解放された後も、お客達と井戸端会議に花を咲かせていた。

真新しい傘で憂いも無くなり、気分良く散策を再開。しっとりと濡れた石畳がつややかで美しい。

20070219172727

20070219174456

20070219174712

20070219174728

辺りも薄暗くなり始め、建物からは暖かなオレンジ色の光が漏れている。

20070219175234


途中、サン・ベント駅近くにあるSTCP(市内の路線バスとトラムを運営する会社)のチケットオフィスに寄り、明日使う市内交通のチケットを手に入れておく。ちなみにandanteとは別物である。

午後6時半、リベルダーデ広場(Praça da Liberdade)に到着。休憩しようと広場に面したマクドナルドに入ると、シャンデリアが下がっていたりして、やけに豪華な内装。

20070219183054
《リベルダーデ広場》

20070219183210

20070219184529
《リベルダーデ広場のマクドナルド》


そろそろ夕食を摂ろうと、Rua de Cimo de Vila(バターリャ広場から南西に延びる路地)沿いの、いかにも大衆食堂っぽい店へ。手前がバー、奥がレストランとなっていて、バーには地元のおじさんがたむろしており、正直入るのに少々躊躇したのだが、これが大正解。とても居心地のいい店だった。

ところで、アルコールには弱い私ではあるが、ポルトへ来たならば是非とも飲んでみたかったワインがある。それがヴィーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)。

直訳すると「緑のワイン」だが、ここでの緑とは「若い」という意味。完熟する約一週間前に摘み取られたブドウから作られ、軽く発泡している。飲み口はとても軽く爽やかで、アルコール度数も9%程度。

そしてこのワイン、輸送にめっぽう弱いらしく、輸送技術が発達した現在でも、まともな品質のものは国外はもとよりポルトから外へ持ち出す事も適わないため、ここでしか味わえない幻のワインなのである。

一皿目のスープは、ソーパ・デ・レグーメス(Sopa de Legumes)。野菜を煮込んだポタージュスープである。

20070219192330
《ソーパ・デ・レグーメスとヴィーニョ・ヴェルデ》

二皿目はバカリャウ・アサード(Bacalhau Assado)。タラはポルトガルでは最もポピュラーな魚だが、これはそのタラをオーブンで焼いた料理。調理方法がシンプルなだけあり、とてもあっさりしている。好みでオリーブオイルをかけてもいい。

20070219193339
《バカリャウ・アサード。野菜に隠れちゃってますが。》

食後、アルコールに弱いくせにハーフボトル(これしかなかった)を飲み干してフラフラの私に、更にポルトワインのサービス。有難いんだかどうだか・・・(苦笑)。


すっかり酔っ払ってしまったので、寄り道せずにまっすぐ帰ることにした。それでも写真を撮る余裕はしっかりあったようで。

20070219204411

20070219204429
《(上2枚)1月31日通り》

20070219204659
《サン・ベント駅前》

20070219205024
《メトロのサン・ベント駅ホーム》

メトロに乗ると、またしてもコスプレ軍団が。この季節は本当にあちこちで見掛けます。


【動画】客にちょっかい?をかける魔女とその仲間達
[320×240, 30fps, WMV, 1.53MB , 35秒]

João de Deus駅前のデパートでポートワインをお土産に購入。どうせ味の違いなんて分かりゃあせんので、一番安いやつをチョイス。6.5ユーロだったかな?

そろそろまともに立つのも辛くなり、部屋に着くや否やベッドに倒れ込む。ひどい頭痛で、ちょっと調子に乗り過ぎたようだ。薬を飲み、ちょっとましになった所でシャワーを浴びて就寝。明日の朝も早い。

今日の歩数カウント:21,396歩

(2007.02.19)

次のページへ:ポルトガルの旅8日目 (1)ギマランイスへ
前のページへ:ポルトガルの旅7日目 (6)ドウロ川の岸辺から


« 関西文化の日'07 (3)大阪城公園 | トップページ | 西日本乗り放題きっぷの旅2007 (1)大阪~博多~徳山 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17503210

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの旅7日目 (7)ポルトの夜は更けて:

« 関西文化の日'07 (3)大阪城公園 | トップページ | 西日本乗り放題きっぷの旅2007 (1)大阪~博多~徳山 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ