« 台湾一周の旅2日目 (8)木柵線 | トップページ | 台湾一周の旅3日目 (1)旅立ちは台北駅から »

2008.01.08

台湾一周の旅2日目 (9)遼寧街夜市~忠孝敦化

南京東路駅から遼寧街夜市へ向かうが、途中の路地は真っ暗でひと気も無く、おっかなびっくり進んで行く。やがて前方に煌々と光が輝いているのが目に入り、ほっと胸を撫で下ろした。

20071014180338

20071014180411

20071014180424_2

20071014180518
《(上4枚)遼寧街夜市の様子》

この遼寧街夜市には娯楽系の屋台は全く見当たらず、グルメ専門の夜市となっている。

ただ・・・ 折角足を運んだのにも拘らず、一通り巡ってみるも今一つ食べたい物は見つからない。というより、いくら漢字で書いてあっても、メニューを一瞥しただけでは、一体何が出てくるのか見当も付かない(漢字が読めるだけ、ハングルだらけの韓国よりは楽ではあるが)。かといって冒険する気にもなれず・・・

夜市近くの店の牛肉麺で済ませてしまいました。とはいえ、日本では味わえないのは確かで、これはこれで悪くはない。濃い目のスープにきしめんのような平べったい麺が入っているが、きしめんよりはもっとコシがある。小は100元、大は120元(これは小)。

食後はもう一度遼寧街夜市に戻り、デザートを頂くことに。台湾に来たならやっぱり南国のフルーツを・・・って事で、果物屋さんでマンゴーかき氷を注文しようとするも、どうも通じてないような雰囲気。横にいた家族連れのお父さんが親切にも通訳っぽい仕事を買って出てくれたのだが、お父さんは日本語も英語も話せないので、どちみち無意味である(汗)。氷を削るように、手をグルングルンと回すジェスチャーを交えて説明したのだが、嫌な予感は的中し・・・

ジュースが出てきてしまいました。でも、果汁100%のフレッシュマンゴージュースがたったの40元(約145円)で飲めるのだから、物価の高い台北と言えども、台湾恐るべし。

てな訳で、満足とは行かずとも、食に関しては一段落し、繁華街へ足を延ばしてみた。忠孝復興駅から忠孝敦化駅を経て、國父記念館駅までにかけての一帯は、台北最大の繁華街となっている。途中そごうを覗いたりしながら、地下をMRT板南線が走る忠孝東路を、忠孝復興の復興南路との交差点から東へ進む。

20071014193304
《忠孝復興から忠孝東路を東向きに望む》

身も蓋もない事を言えば、規模は大阪の梅田や心斎橋とは比較にならない位にしょぼく、看板を日本語に変えればそのまま日本の中堅都市(札幌や福岡辺り)として通用してしまいそうなほど、没個性的で無味無臭の風景である。もちろん清潔で明るい繁華街は、その国その都市の豊かさの象徴として称賛されるべき存在である事は百も承知だが、旅行者、特に日本人にとっては面白みのない光景に映るのもまた然りである。ざっと品揃えを観察してみたところ、服飾系の物価は日本と大して変わらないようだ。

忠孝敦化まで来た所で、今度は地下街へと降りてみた。こちらも梅田の迷路のような地下街とは、スケールにしろ賑わいにしろ似ても似つかぬもの。照度も心なしか低いような気がする。

20071014193843

20071014193909

そんな空気に引っ張られるように、気持ちまでどよーんとしてしまい、ベンチに座ってガイドブックを眺めるもすっかり意気消沈。もう帰ろうか・・・とMRTの駅に向かうべく、立ち上がり歩き出した所で、隣のベンチに座っていた若い男女に話し掛けられる。女の子の方は日本語を2年間勉強していたらしく、流暢とまではいかなくても、なかなか達者である。まだ日本を訪れた経験はないそうだ。そして男の子、というよりこちらは男性と言うべき風格だったが、彼は何度か日本を訪問しているらしい。残念ながら関西は未経験。

立ち話もなんだから、って事でここからは再びベンチに座ってトーク。お互い自己紹介をしたり、私のこれからの旅の予定を聞いてもらったり。てっきりカップルかと思いきや、女の子曰く友達らしい。本当かなぁ~? 一人旅なんだよ、と話すと、「すごぉーい!」とえらく感心される。楽しめるかどうかは別として、お金さえあれば誰でも出来るよ、と口を突きそうになったが、これは余計な一言(笑)。ところで彼らがわざわざ私に話し掛けたのは、男の子が私のショルダーバッグを気に入ったかららしい。全く、何がきっかけになるか分からないものだ。

最後は電話番号とメールアドレスを交換し、再会を誓って別れる。きっとあるであろう次回の台湾訪問にあたって、また一つ目的が出来た。私は厳しく躾けられたせいか、礼儀には人一倍うるさい性質なのだが、二人ともそんな私が思わず襟を正してしまうほどに礼儀正しく爽やかで、台湾の印象がぐっとアップ!である。翻って日本の老若男女よ、衣食足りても礼節をお忘れではないのかい?

そんな素敵な出会いもあり、上機嫌でホテルへ帰って2日目が終了。明日からはしばらく台北を離れ、台湾島を一周する。

今日の歩数カウント:18,142歩



<余談1>
帰り際にコンビニで買ったパパイヤ牛乳(左)とスイカ牛乳(右)。一見妙な取り合わせですが、まろやかな甘みが心地良い逸品。何度か試してみましたが、私は飲むほどにクセになって来ました(特にパパイヤ牛乳)。訪台の折には是非一度お試しあれ。他にも色んなフレーバーがあります。

<余談2>
毎晩ホテルへ帰ってからはテレビウォッチングに興じていましたが(これも海外旅行の楽しみの一つです)、土日の夜はバラエティ番組が目立ちます。結構悪ノリも多く、日本の80~90年代を彷彿とさせました。社会が健全な証拠ですね。

(2007.10.14)

« 台湾一周の旅2日目 (8)木柵線 | トップページ | 台湾一周の旅3日目 (1)旅立ちは台北駅から »

コメント

突然のメールにて失礼致します。
㈱フジテレビの新番組 近未来予報「ツギクル」への番組ご協力をお願い申し上げます。

この番組は、皆様のブログをベースとした番組です。
キーワードとなる言葉を日本全国のブログ内から統計を取った上で
グラフ化するシステムを使い、未来に流行るものを予報するという番組です。
今回は西瓜牛乳に関するブログ内容の使用をさせて頂きたい所在で御座います。

・ ・・・・・・・お願い・・・・・・
予報する過程で流行の推移を象徴する一つとして貴殿ブログを番組内で使用させて頂きたいと思います。
ブログを使用させて頂く際の詳細としましては、映像で流させて頂きたい
(テレビ画面上1/3の大きさ)という事と、ブログ内容の一部を読ませて頂きたいと考えております。
個人を特定するような、名前・URL等は必ず判断出来ない様、処理した上で使用させて頂きますのでご安心下さい。
尚、①OAにつき、複数のブログが登場します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の内容を踏まえた上で使用に関して許諾を頂きたく思います。
また、編集の都合で誠に申し訳御座いませんが、7月3日までにご返事下さい。
決してネガティブな扱いではなく、ポジティブな使用ですのでご協力頂きたく思います、ご検討下さい。
宜しくお願い致します。
                近未来予報「ツギクル」スタッフ一同より

下記連絡先にご返事下さい!!
k.chihiro@hotmail.co.jp
番 組 名:近未来予報 「ツギクル」
放 送 局:フジテレビジョン
放 送 日:2008年07月04日(毎週木曜日)
OA時間: 27:10〜27:40 
出演者:木下あゆ美 他
番組概要:ブログを対象として検索エンジンを番組独自で開発!今流行っているものの推移を分析し、未来の流行を予報する。」
番組サービス:OA後、見逃した方の為フジテレビHPなどで無料動画配信サービスを行っています。(配信サービスは次のOAが放送されるまでとなります)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/17578796

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾一周の旅2日目 (9)遼寧街夜市~忠孝敦化:

« 台湾一周の旅2日目 (8)木柵線 | トップページ | 台湾一周の旅3日目 (1)旅立ちは台北駅から »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ