« 001便コレクション (4)ヨーロッパ編その2 | トップページ | 001便コレクション (6)南・中央アジア編 »

2008.02.25

001便コレクション (5)東南アジア編

今回は東南アジアの国々です。原則として日本に定期便として乗り入れている航空会社のみです。

*運航ダイヤは2008年2月現在のものです。


●タイ国際航空(タイ)/Thai Airways International

TG102 バンコク・スワンナプーム(タイ)07:45発→チェンマイ(タイ)08:55着/毎日運航

タイ王国のフラッグキャリア、タイ国際航空。アジアを中心に世界各地へ広大なネットワークを築いており、世界最大の航空連合であるスターアライアンスの旗揚げメンバーでもあります。トップナンバーの102便は、タイの古都チェンマイ行きの始発便です。


●バンコク・エアウェイズ(タイ)/Bangkok Airways

PG100 サムイ島(タイ)06:00発→バンコク・スワンナプーム(タイ)07:15着/毎日運航

バンコク・エアウェイズはリゾート路線を主に据えている比較的小規模な航空会社ですが、日本にも広島と福岡に乗り入れています。トップナンバーの100便は同社初の定期便路線として開設された、バンコク-サムイ島線のバンコク行き始発便。サムイ空港は同社所有の私営空港で、今月15日より初めて他社便(TG)が乗り入れるようになりました。


●シンガポール航空(シンガポール)/Singapore Airlines

SQ1 サンフランシスコ(アメリカ)01:15発→香港(中国)06:35着・08:00発→シンガポール(シンガポール)11:40着/毎日運航

人気エアラインのランキングでは常に上位に名を連ねるシンガポール航空。ハブ空港のチャンギ国際空港共々、安定して高評価を得ています。最近では世界で初めてエアバスA380を定期路線に就航させた事でも話題になりました。1便はサンフランシスコ発香港経由シンガポール行きで、同社初の太平洋越え路線となっています。


●フィリピン航空(フィリピン)/Philippine Airlines

PR100 マニラ(フィリピン)15:35発→ホノルル(アメリカ)07:20着/火・木・土運航

フィリピンのフラッグキャリア、フィリピン航空。地味な印象が拭えない会社ですが、アジアの航空会社としては初めて国際線を就航させた伝統あるエアライン。日本にも東京・大阪・名古屋・福岡へ乗り入れています。トップナンバーの100便はハワイ・ホノルル行きの便です。


●ベトナム航空(ベトナム)/Vietnam Airlines

VN210 ホーチミン(ベトナム)06:30発→ハノイ(ベトナム)08:30着/月・水・木・土運航

ベトナム戦争終結まで存在した南ベトナムの航空会社、エア・ベトナムの流れを汲む、ベトナムのフラッグキャリア。2レターコードもエア・ベトナムのVNがそのまま継承されています。トップナンバーの210便はベトナムの二大都市を結ぶ国内線で、ハノイ行きの始発便。火・金・日曜日は機種が変更になり、便名も別に900便が与えられています。


●マレーシア航空(マレーシア)/Malaysia Airlines System

MH1 ロンドン・ヒースロー(イギリス)22:00発→クアラルンプール(マレーシア)翌日18:20着/毎日運航

かつてはシンガポール航空と同じ会社だったマレーシア航空ですが、SQに負けず劣らずの良質なサービスを提供しています。1便はロンドンから首都クアラルンプールへ向かう便です。ちなみにハブ空港であるクアラルンプール国際空港(KLIA)の設計は、黒川紀章が手掛けた事でも知られています。


●ガルーダ・インドネシア航空(インドネシア)/Garuda Indonesia

【保留】全路線を一覧出来る時刻表が見つからない為、パス。


ここからは現在日本への定期便は運航されていないものの、東南アジア諸国のフラッグキャリアである航空会社をご紹介します。


●ラオス国営航空(ラオス)/Lao Airlines

QV101 ヴィエンチャン(ラオス)11:50発→ルアンパバーン(ラオス)12:30着/毎日運航

ラオスのフラッグキャリア、ラオス国際航空です。保有する機材は小型機のみですが、周辺国への国際線も運航されています。トップナンバーの101便はラオスの首都・ヴィエンチャンから世界遺産の町ルアンパバーンへ向かう便です。


●ロイヤルブルネイ航空(ブルネイ)/Royal Brunei Airlines

BI097 バンダルスリブガワン(ブルネイ)20:35発→ロンドン・ヒースロー(イギリス)翌日06:40着/毎日運航

天然資源に恵まれ、小国ながら中東諸国と肩を並べるお金持ち国家であるブルネイのフラッグキャリア。財力に物を言わせ、機内のインテリアも豪華絢爛のようです。かつては大阪にも乗り入れていた時代がありました。トップナンバーの97便は現在唯一の欧州路線であるロンドン行きの便です。


次回は南アジアの航空会社を取り上げます。


« 001便コレクション (4)ヨーロッパ編その2 | トップページ | 001便コレクション (6)南・中央アジア編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/40221845

この記事へのトラックバック一覧です: 001便コレクション (5)東南アジア編:

« 001便コレクション (4)ヨーロッパ編その2 | トップページ | 001便コレクション (6)南・中央アジア編 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ