« 青森の旅1日目 (1)伊丹空港~秋田空港 | トップページ | 青森の旅1日目 (3)リゾートしらかみ・青池(秋田駅にて) »

2008.04.01

青森の旅1日目 (2)秋田空港~秋田駅

空港からはリムジンバスで秋田駅へ。預け入れ荷物がなかったので乗車は早い方のはずだったが、車内へ入ってみると座席は半分以上が埋まっていた。前の方の通路側に座る。

20070510095639

10時05分、出発。秋田空港は秋田市内(旧・雄和町)ではあるものの中心部から離れた山中にあり、空港のそばにあるのはレンタカーの営業所くらい。空港を離れるとすぐに人の気配も無くなってしまう。かつては有料道路だった「秋田エアポートライン」と呼ばれる自動車専用道路の入り口で左折し(そのまま直進するバスも存在する)、旧雄和町の集落を縫いながら雄物川の右岸を進んでいく。

伸びやかな田園地帯をトコトコと走り、右手に奥羽本線(秋田新幹線)の線路が寄り添ってくると四ツ小屋駅付近。やがて国道13号線のバイパスと合流し、次第に沿道にはロードサイド店舗が目立ってくる。

片側2車線のバイパス道路を順調に走っていたが、何故か対向車線から車が消えてしまう。どうしたことか・・・と訝しんでいると、後方から救急車が猛スピードで対向車線を逆走してきて、前方の車の列の先頭で停車した。事故のようだが、バスが現場に近付くと乗用車の前輪と後輪の間に人が倒れており、どうやら轢いてしまったらしい。更に目の前にまで接近したがとても直視は出来ず、そっぽを向いて現場を後にした。明日からはレンタカーを利用するというのに、何と言う悪い暗示・・・

そんなこんなで空港から35分、秋田駅西口に到着。秋田市に降り立つのは初めてだが、県都らしくなかなか活気のありそうな町である。今回は滞在20分で列車に乗り継いでしまうが、バスから垣間見た旧市街は風情があり、又の機会にのんびりと散策してみたいもの。

秋田駅の駅舎は秋田新幹線の開通を機に改築され、都会的な雰囲気が漂っている。駅の東西を結ぶ自由通路には2007年の国体、「秋田わか杉国体」のフラッグが並んでおり、昨年の開催地だった兵庫県からやってきた私にとっては、ちょっとした縁が感じられる。

20070510104431
《秋田駅東西連絡自由通路(ぽぽろーど)》

20070510104546
《秋田駅中央改札》

20070510104658
《上の写真からカメラを左に振って》

まだ見ぬ町に後ろ髪を引かれながら、改札を入る。目指す列車は・・・

20070510105053

(2007.05.10)


« 青森の旅1日目 (1)伊丹空港~秋田空港 | トップページ | 青森の旅1日目 (3)リゾートしらかみ・青池(秋田駅にて) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/40724426

この記事へのトラックバック一覧です: 青森の旅1日目 (2)秋田空港~秋田駅:

« 青森の旅1日目 (1)伊丹空港~秋田空港 | トップページ | 青森の旅1日目 (3)リゾートしらかみ・青池(秋田駅にて) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ