« 香港 (1-9)灣仔にて | トップページ | 香港 (2-1)佐敦~ツェン湾 »

2008.06.17

香港 (1-10)トラムに魅せられて


【動画】灣仔を走るトラム
[320×240, 30fps, WMV, 0.98MB, 20秒]

日本と同様のタイプの安全地帯に設置された停留所に立っていると、待つ間もなくノッポの路面電車がやって来る。細身の体なので、より一層高さが強調されているような印象だ。

20061212202818

最初に入って来た電車は1階・2階共に混雑していたが、運行頻度が非常に高いために電車は数珠繋ぎになって走ることが多く、編隊の後ろの方へ行くほど空いている。目ざとく2階のかぶりつき席が空いているのを見つけ、後ろのドアから乗り込んだ。

アジアマイルの広告ペイントが施された電車のお尻を追い掛けるように、灣仔の下町の真ん中を進む。彌敦道ほどではないが路上に張り出した大看板もあり、色とりどりのネオンが妖しく光っている。

20061212203050

この車両は二軸単車というタイプで、レールの継ぎ目を渡る度に「ゴツッ、ゴツッ」という衝撃が体に伝わり、お世辞にも乗り心地は良くないのだが、念願の初乗車にそんな粗はどこへやら。人や乗用車、トラックさえも見下ろしながらゆっくりとしたスピードで走り、まさに空中散歩である。四方の窓は全開になっており、街のざわめきに混ざって吹き込む夜風が頬を撫でて実に心地よい。

20061212203117
《トラムの2階席》

究極の展望席ではしゃぎまくり(もちろん心の中で、ですが)、思わず前の窓から身を乗り出したくもなるが、停留所や赤信号では前の電車にギリギリまで接近して止まるので、何だか頭を挟まれそう。まさかとは思うが、そのまさかでアホな日本人が圧死した・・・などと報道されては末代までの恥なので自重しておいた(笑)。

20061212203230

20061212203329
《(上2枚)灣仔の車窓から》

多種多様な広告を身に纏った電車とすれ違いながら、やがて電車は時代を跳び越えたかのように現代的なガラスビル群の谷間へ。グゥオォーと唸りを上げて走る旧式の路面電車と未来的な都市景観があまりにもミスマッチではあるが、このカオスこそが香港の魅力・・・なのかもしれない。

20061212203951

金鐘、中環と過ぎ、灣仔から20分弱でMTR港島線の西の起点である上環(ションワン/Sheung Wan)に到着。路線はまだまだ先へ続いているが、ここから先に足を延ばすと路面電車を除いてはバスで帰るしかなくなってしまうので、もう午後9時前でもあるし今日の所はここまで。港島線とツェン湾線を乗り継いで佐敦へ戻った。さすがに地下鉄は速く、ビクトリアハーバーもあっという間に横断してしまうが、スターフェリーと比べればやっぱり味気ない。


《港島線各駅のホームの壁には、こんな感じで力強い毛筆の駅名表示が。上環にて》

20061212205552
《MTRの地下区間のホームには、既設路線を含めてスクリーンドアが完全装備》


《トンネルの壁にはプロジェクターを使った動画広告が》

初日から香港の熱気に当てられ、興奮気味のままベッドに潜り込む。明日は新界へ遠足に出掛けるが、もちろん乗り物三昧の予定である。

(2006.12.12)


« 香港 (1-9)灣仔にて | トップページ | 香港 (2-1)佐敦~ツェン湾 »

コメント

こんばんは。2階のかぶりつき席はやはりたまらないものですね。
私は前の窓から思いっきり身を乗り出して何時間も乗ったため、排気ガスをもろに吸いまくってしまいバカバカしいことにのどをいためてしまいました。
帰国して次は台湾でスクーターに乗るとき買ったマスクをして乗ろうかと真剣に考えたほどです…。

sekenaさん、こんばんは。

私も大きく態度には出なかったものの、乗車中は終始顔がにやけっぱなしでしたね。時が経つのを忘れる・・・という体験を久々にした気がします。今回は行程にあまり余裕が無かった為に上環~ショウ箕灣を乗るだけで終わってしまったので、堅尼地城方面やハッピーバレーへの支線、北角のループ線を試乗しにもう一度香港へ行ってもいいなと考えています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/41556178

この記事へのトラックバック一覧です: 香港 (1-10)トラムに魅せられて:

« 香港 (1-9)灣仔にて | トップページ | 香港 (2-1)佐敦~ツェン湾 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ