« 香港 (3-3)九龍彷徨 | トップページ | 香港 (4-2)尖東~九龍塘~楽富 »

2008.07.31

香港 (4-1)九龍公園

早くも最終日。窓の外は相変わらずの曇り空で、どうやら雨も降っているようだ。自分は晴れ男だと自負しているのだが、今回ばかりはその神通力も形なしのようである。

7時にホテルを出る。目指すは九龍半島の北東、九龍城地区にある『九龍寨城公園』なのだが、最短ルートを取るのではなく、鉄道路線の乗りつぶしを兼ねて尖東経由で向かうことにした。

まずは九龍公園を抜けて尖沙咀へ。公園の北入り口はホテルのロビーを出てすぐ東側にあり、朝の散歩にはもってこい。それだけに、今回のキツキツのスケジュールが悔やまれるところだが・・・


《九龍公園入り口》

公園に入って振り返ると、BPインターナショナルの全景が。私の部屋は残念ながら九龍公園とは逆側なのだが、高い建物が殆どない尖沙咀界隈で抜きん出てノッポのこのホテル、さぞ高層階からの見晴らしは良いのだろう。まぁ、後ほどパブリックスペースから少し覗き見ることは出来たのだが。

しかし啓徳空港なき今、魔の手(?)は着実に忍び寄っており、ホテルのすぐ西側にも超高層マンションが建設中。最近は高層マンションで育った子供の、高所に対する恐怖感が希薄になる現象を指して、「高所平気症」なる言葉も生まれているらしいが、香港では高所平気症だらけ?

20061215071121
《こんなのはゴロゴロしてます》

北入り口を入ってすぐそばには室内運動場やプールの入った建物があり、屋根のかかった広場では雨を避けて太極拳に勤しむ人々が。緩慢な動作の中に底知れぬパワーを秘めているといわれるこの武術、日本でも愛好者を徐々に増やしているという。確かにラジオ体操なんかよりも100倍有意義だしねぇ。

ここには何故かマクドナルドがあって、朝食もまだだし何か・・・と考えたのだが、香港でマックというのもどうかと思い直し、朝ゴハンは持ち越しにする。ただ、今思えば異国の朝マックを試してみても良かったかな・・・なんて。

20061215071204

更に南へ歩いていくと、林の合間に池が点在する緑豊かなエリアへ。通勤ルートとして利用されていて人通りは多いが、ガイドブックの紹介記事の通り、都会の真ん中にいる事をつい忘れてしまいそうになる。晴れていればなお良かったけれど(溜息)。

20061215071437

20061215071628

20061215071953

途中から南東に向かって進み、モスクの横を過ぎるとMTR尖沙咀駅の入り口が大きく口を開けている。KCRの尖東駅はもう少し先なので、またしばらく彌敦道を南下していく。(次回へ続きます)

20061215072300

(2006.12.15)


« 香港 (3-3)九龍彷徨 | トップページ | 香港 (4-2)尖東~九龍塘~楽富 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/42021326

この記事へのトラックバック一覧です: 香港 (4-1)九龍公園:

« 香港 (3-3)九龍彷徨 | トップページ | 香港 (4-2)尖東~九龍塘~楽富 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ