« フランス (1-2)Réseau Express Régional | トップページ | フランス (1-4)Gare du Nord~Cadet »

2008.08.25

フランス (1-3)CDG~Gare du Nord(+フランス国鉄SNCFジングル)

私が用心しすぎなのか、一緒にプラットホームに降りてきた旅行者は全員目の前の電車に乗り込んでしまい、ガランとしたホームで7分後の電車を待つ。BGMでポピュラーミュージックが微かに流れる静かなホームでベンチに座っていると、「トゥントゥントゥーン」と非常に耳に残るジングルが流れ、続いてフランス語での自動案内放送が。凄く綺麗なメロディだなぁと感じ入り、帰国後に調べてみたところ、これはSNCF(フランス国鉄)の公式ジングルだとか。自動放送の前には必ず挿入されるため大きい駅にいれば頻繁に耳にするほか、SNCFのTVCMでもサウンドロゴとして使われており、フランス国民への浸透度は並大抵ではなさそうだ。

こんな曲です(このリンクをクリック)


RER-B/LILI Aeroport Charles-de-Gaulle 1(17:12)→Gare du Nord(17:40)

やがて前面のLEDに「LILI」の文字を燦然と輝かせた電車が入線(もし「UDON」だったら絶対に吹き出してたと思う)。RERの車両はダブルデッカーが主流だが、B線では普通の平屋の車両が使われている。車体にはスプレーによるグラフィティこそないが、随所にスクラッチの跡があり見るも無残な姿。トリコロールのポップなカラーリングだけあり、より一層悲惨さが浮き彫りになっているかのようだ。

隣のAeroport Charles-de-Gaulle 2が始発なので先客はいるが、編成が長いためかガラガラ。4人掛けのボックスシートの進行方向窓側に腰掛け、膝の前に取っ手を持ったままで鞄を置く。荷物置き場はなく、私のように機内持ち込みサイズの物ならともかく、大型スーツケースは明らかに邪魔になりそう。インテリアもカラフルだが、外観があんな状態なので車内も推して知るべし。それでもまだ荒廃したというレベルにまでは達しておらず、それなりに普通の電車といったところか(でも床にスプレーで描いた落書きが・・・)。

20080404171529
《RER-B線の車内》

JRの201系のような「ブーン・・・」というチョッパ制御特有の音を奏でながら発車する。地下を抜け出ると、いかにも空港周辺という感じの殺風景な車窓に。程なく最初の駅、「Parc des Expositions(見本市会場)」に到着する。各駅停車となるAulnay-sous-Boisまでの区間はホームが半地下だったり掘割の中にあったりで駅周辺の様子はつかめないのだが、徐々に乗客は増えていく。

坦々とした風景の中を走り、やがて左手にMitry Claye方面からの線路が近づいてくると、郊外最後の停車駅・Aulnay-sous-Boisに停車。私のボックスには隣におじさん、そしてはす向かいにキレイなお姉さんが座っており、香水のかおりが漂ってくる。向かい側は私の荷物のせいで空席のまま。懸念していた客層は身なりを見た限りでは全く問題なく、生活路線にちょっと肩身の狭い思いをして乗り込むところなど、南海の空港急行によく似た雰囲気だ。

空港を出発した時には空席だらけだった車内も立ち客まで出るようになり、あとはパリ北駅までノンストップ。車窓は雑然とした工業地帯といった趣だが、線路は複々線かそれ以上で窓のすぐそばまで建て込んだという感じではなく、思いのほか開放的。ただ、線路際にはスプレーで“アート”が施された壁が延々と続き、あまり恵まれた環境ではないことは何となく察せられる。

RERでは途中駅での追い越しは一切行われないため、普通だろうがノンストップ便だろうが先発先着の平行ダイヤ。当方の電車も先行列車に頭を押さえられたのか、Aulnay-sous-Boisを出て数分走ったところでノロノロ運転になってしまった。そのお陰で途中駅の観察が出来たのだが、ホームに佇んでいる乗客を見ても白人と黒人と浅黒い肌の人が満遍なくといった感じで、あまり人種的な偏りがなかったのは意外。治安が悪い悪いと繰り返されると何やら魑魅魍魎でも巣食っていそうな錯覚にとらわれがちだが、大部分の人はごく日常の生活を営んでいるわけで、色眼鏡はアカンよなぁと自戒する。

1998年W杯フランス大会の決勝戦が開催されたサン・ドニ(Saint-Denis)市に入り、La Plaine Stade de France駅を通過すると、次はパリ北駅。ようやくスピードを取り戻し、次から次へと線路が束になって寄り添ってくる。いよいよ花の都パリの街並みが目の前に現れ、おっ、右手の小高い丘の上の寺院はサクレ・クールかな?とか思いながらキョロキョロしていると、気分も盛り上がってきた。

線路の海の波間を地下へ潜っていくと、間もなくパリ北駅の地下ホームに到着する。シャルル・ド・ゴール第1ターミナル駅からの所要時間は28分。

(2008.04.04)


« フランス (1-2)Réseau Express Régional | トップページ | フランス (1-4)Gare du Nord~Cadet »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/42257081

この記事へのトラックバック一覧です: フランス (1-3)CDG~Gare du Nord(+フランス国鉄SNCFジングル):

« フランス (1-2)Réseau Express Régional | トップページ | フランス (1-4)Gare du Nord~Cadet »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ