« 香港 (4-3)九龍寨城公園 | トップページ | 香港 (4-5)素晴らしき哉、インタウン・チェックイン »

2008.08.05

香港 (4-4)九龍城~佐敦

20061215085635

20061215085841
《(上2枚)九龍城地区の風景》

これからホテルのある佐敦へ帰るつもりだが、また楽富駅まで歩くのにはちょっと遠いし、ルートにも変化を付けたいのでバス乗り場を探す。先ほどから屋根に赤をあしらったマイクロバス、通称「赤バス」は何台も傍を通り過ぎていくのだが、これは路線バスというよりは営業エリアを限定した乗合タクシーという性格が強く、運賃の支払いにオクトパスカードが使えないとか(その代わりお釣りは出る)、降車ボタンが設置されておらず運転手に降りる場所を直接口頭で伝える必要がある(しかも広東語で。実はこれは一昨日ツェン湾→ツェン湾西で乗った緑バスも同様)とかで、香港初心者にはえらく敷居の高そうな乗り物である。当然の事ながら敬遠して暫くウロウロしていると、大型ホテルと幹線道路を発見。幹線道路に出れば幾らでもバスは見つかりそうだったが、ホテルの真ん前に緑バスの停留所があり、MTR九龍塘駅行きの表示が出ていたので、これに乗ってMTRの駅を目指すことにした。

最初にやって来たバスには無視されてしまったが(アジアの路線バスは合図をして乗車の意思を伝えないと停まってくれない事が多いのです)、すぐに二台目のバスが到着し、オクトパスカードをリーダにタッチして乗車。マイクロバスの特性を生かしてか一向に広い道に出ることはなく、狭い路地を右へ左へ縫うようにして走っていく。車内で掛かるFMラジオから突然「♪ダーリンダーリン・・・」とミスチルの桜井氏の声が聞こえてきたり、乗客の携帯の着うた(こっちにもあるんですねぇ)が玉置成実だったりと、改めて日本文化の浸透度を目の当たりにしたのだった。

車窓に香港では稀少な低層の住宅街が現れると、間もなく九龍塘駅前に到着。どういう道筋を辿ってきたのかまるで不明だが、ひたすら回り道を続けて20分位かかったような記憶がある。まあ、これも良い経験か。

觀塘線で旺角へ。ここでツェン湾線に乗り換えるが、全く垂直移動をせずにホーム向かい側で乗り換えられるという極めて高い利便性。ツェン湾方面へは一つ手前の太子で乗り換えれば同様にホーム向かい側での接続となり、太子~旺角間で両線のトンネルがねじれる形となっている。香港の地下鉄ではこのように双方向の乗り換えの利便性を考慮した構造が随所に見られ(こちらの路線図を参照。円弧が逆方向での乗換えを、斜線が順方向での乗換えを表す)、先見の明があるなぁと感心しきり。

10時前にホテルへ戻り、荷物をまとめて3夜を過ごした部屋ともお別れ。エレベータで降りる前に22階からのビクトリアハーバー方面の眺望を楽しんでおく。尖沙咀のビル越しに灣仔の香港会議展覧中心や、中環から銅鑼灣にかけての高層ビル群が見えるが、いずれは尖沙咀のビルも高層化され、香港島を覆い隠してしまうのかもしれない。

20061215094302
《手前から九龍公園、尖沙咀、香港島。霞んでいるのが残念》

20061215094351
《手前がチャイナ・フェリーターミナル、奥が中環~上環》

チェックアウト時に対応してくれたスタッフ(若い女性)は日本語が堪能で、これ幸いにと不明な点を質問してみる。これから機場快綫の九龍駅へ向かうのだが、発展途上の埋立地にあって歩いて行くには若干遠く、無料のシャトルバスは24分間隔の運転ということで待たされる可能性が高かったため、サクッとタクシーに乗ることにした。感じの良いお姉さんに見送られ、九龍駅へ。(次回へ続きます)

(2006.12.15)


« 香港 (4-3)九龍寨城公園 | トップページ | 香港 (4-5)素晴らしき哉、インタウン・チェックイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/42061002

この記事へのトラックバック一覧です: 香港 (4-4)九龍城~佐敦:

« 香港 (4-3)九龍寨城公園 | トップページ | 香港 (4-5)素晴らしき哉、インタウン・チェックイン »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ