« 2006年冬 香港・マカオの旅 行程表 / 最初のページへ | トップページ | Prologue (2)伊丹~成田 »

2008.08.17

Prologue (1)なにはともあれ前口上から

2008年4月4日、午前7時。今日一日の仕事が始まったばかりの大阪伊丹空港から今回の旅がスタートである。

さて今回の目的地は、かねてから訪れてみたいと考えていたドイツ、そしてフランス。当初はドイツのみに絞っていたのだが、計画を練っているうちにドイツ国境に近いフランスのストラスブールにも寄って行きたいと思い始め、それならば開通したばかりのTGV東ヨーロッパ線でアクセスしたいがためにまずはパリへ。パリは初めてなので、せめて3泊くらいはして有名どころは一通り押さえておきたい・・・と、フランスの比重がどんどん増し、結局組み上がったプランはフランス5泊、ドイツ6泊とほぼ拮抗する形になった。

そして今回のテーマは「田舎町巡り」。出来るだけ大都市や著名な観光地を避け、日本ではあまり知られていないような静かな、そして風情のある小都市を中心に訪問してみようという趣向である。そしてフランスとドイツは日本を加えて三大鉄道先進国と称されるほどに、鉄道が高度に発達した国。日本とはまた別の分野に進化を遂げた部分も多く、そういった“文化の違い”を身をもって体験するのも目的の一つである。

ちなみに今回の旅では1日につき2~3ヶ所の町を訪問する予定だが、近隣の大都市に連泊してそこを基点に日帰りで回り、極力荷物を担いでの移動を抑えるようにした。ホテルは予約サイト経由or直接予約で既に手配済みなので、現地での負担は限りなく少ない。あとは現地でどう振舞うかは気分任せの自由旅行である。

今回の利用航空会社はANA。「エコ割21」という正規割引運賃を利用することになった。航空券本体はヨーロッパ行きの直行便としては破格値なのだが(大阪~沖縄間の往復運賃よりも安い!)、燃油サーチャージや諸税を加えると10万円近くになってしまった。昨年の冬にKLMでポルトガルに行った際、ヨーロッパ大陸までのサーチャージは往復約\14,000で済んだのだが、今回は\26,000。しかも4日後の4月8日からは\40,000に値上がり、この記事を書いている8月中旬現在では何と\56,000にまで達している。更にユーロ高が追い討ちをかけ、はっきり言ってヨーロッパ旅行には最悪の時期なのだが、やはり行きたい所へ行くのが一番。そして26歳未満に適用される「青年割引」の恩恵に浴せるのも今年が最後なので、ダイヴ・フロム・キヨミズテンプルのつもりで今回の渡欧を決断した次第である。

で、ANAの欧州路線はコードシェア便を除いて関西空港からは就航していないので、成田経由でヨーロッパへ飛ぶことになる。一旦東へ飛んでから改めて西へ向かうので遠回りになると思いがちだが、これはメルカトル図法による錯覚で、正距方位図法で見ると意外に非効率なルートではない事が分かる。伊丹~成田間の運賃は航空券の基本料金に含まれている(つまりタダ)ため、むしろ伊丹~成田のマイルが貯まったり、関西空港までの往復の交通費が浮いて2千円以上の節約になったり、空港施設使用料も関空より成田の方が幾分か安かったりで良い事ずくめである。

・・・と、細かい話はおいおい織り交ぜていくとして、場面を伊丹空港の出発ロビーに戻そう。伊丹空港はもう何十回と利用しているが、国際線乗り継ぎで利用するのは初めて。その国際線のチェックインカウンターだが、カウンターエリアの端っこ、2階の張り出し部分の真下に隠れるようにして存在している。天井が低く、まるで穴蔵のような雰囲気。さんざん使い慣れたはずの伊丹空港にもこんな場所があったのか・・・と、ちょっと感動である。成田経由で欧米各地へ向かう出発客で混雑しており、カウンターでの遣り取りに聞き耳を立てていると、アメリカ本土行きとヨーロッパ行きが半々といったところか。

私の番が回ってきてチェックイン。今回はパリIN・フランクフルトOUTのオープンジョーである。日本~ヨーロッパ間は往復共に事前座席指定で非常口席(Exit Row)を押さえてあるのだが(上級会員でもないのに何故か取れてしまった)、正規割引運賃の威力だろうか、その場で「プレミアムエコノミー」にアップグレード。普通のエコノミークラスよりも心持ち占有スペースが広いということで話には聞いていたが、実際に自分が体験することになろうとは。果たして非常口席とどちらが快適なのか、乗り比べが楽しみである。

チェックインを待っているうちに何時の間にか良い時間になっており、『マコーズベーグル』に朝食を仕入れに行く。交通費を含めて日本で使うお金は電子マネーで賄うつもりで、1万円札一枚しか持って来なかったのだが、空港の店ではPiTaPaは使えてもICOCAは使えないという誤算。400円そこらの物をクレジットカードで買う羽目になってしまった。

というわけで段取りは完了。まずは成田へ向けて出発である。

(2008.04.04)


« 2006年冬 香港・マカオの旅 行程表 / 最初のページへ | トップページ | Prologue (2)伊丹~成田 »

コメント

長旅ですねー。わたしも3年ほど前にストラスブールに出かけてきましたよ。トラムがにのって街めぐりをしてきました。とても素敵でしたので、ブログが進んでいくのが楽しみですね。

いいですよね、ストラスブール。まず街並み自体が素敵ですが、その中を美しいデザインの路面電車が縦横無尽に駆け巡る様子を眺めていると、理想の都市像とはかくあるべきだと思いましたね。すぐ近くのフライブルクもまた良かったですし、旅費は随分かかったものの収穫も多い旅になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/42168564

この記事へのトラックバック一覧です: Prologue (1)なにはともあれ前口上から:

« 2006年冬 香港・マカオの旅 行程表 / 最初のページへ | トップページ | Prologue (2)伊丹~成田 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ