« フランス (2-15)エッフェル塔 On Stage | トップページ | フランス (3-2)モンマルトルの丘その1 »

2008.10.07

フランス (3-1)モンマルトルを目指して

4月6日、日曜日。6時に起床し、おもむろに窓の外を覗いてみる。まだ空が明るくなり始めたばかりではっきりはしないが、一面雲が覆い尽くしているようである。春先なので天候が不安定なのは承知の上だが、せめて雨だけはほどほどに・・・とそっと願う。

今日は日がな一日パリ観光の予定。今回の旅程中、唯一鉄道にはほとんど縁の無い(メトロくらい)日である。訪問予定地はモンマルトルの丘、オルセー美術館、シャンゼリゼ通り、凱旋門・・・と絵に描いたようなおのぼりさんコースだが、やはり初めてのパリならば外せないポイントばかりだ。昨日以上に一日中歩き通しになるはずなので、気合を入れていこう。

朝食を腹いっぱいに詰め込み、7時半にホテルを出発。オルセー美術館の開館は9時半なので、それまでの時間をモンマルトルの丘の散策に充てることにする。パリで最も猥雑な場所だとか、いやいや、ここが最もパリらしい場所なのだとか様々な見解があるようだが、いずれにしても非常に観光客の多いポイントなので、朝一番の人が少ないうちに訪問を済ませておこうというわけである。

モンマルトルの丘はホテルから充分徒歩圏内。散策の起点はメトロのアベス駅(Abbesses)となるが、まずはムーラン・ルージュに寄り道してから丘へ登りはじめることにする。ということで通い慣れた道をカデ駅方面へ。途中には『福知山』という日本料理屋さんがあるのだが、アルファベットの綴りが『FUKUSHIYAMA(ふくしやま?)』となっており、JR福知山線ユーザーとしては通る度に気になってしょうがない。もし何年か後にパリを再訪するようなことがあれば・・・ やっぱり直ってないだろうなぁ。

20080406073454
《ふくしやま》

20080406073555s
《早朝のカデ駅。この駅の出入り口はここだけ》

駅前からRue de Châteaudunを西へ200m程進み、Pl. Kossuthから北西へ進路を変えると、あとはムーラン・ルージュまで道なりに一直線。早くも上り坂が始まり、足取りがちょっと重くなる。日曜日の早朝とあって街はまだまだ深い眠りについたままで、自分の足音だけが冷たい石畳にコツコツと響いている。

20080406074422s

Pl. St-Georgesheへ。緩やかな斜面上にある小さく静閑な広場で、時折地下を走るメトロの走行音と発車ブザーが漏れ聞こえてくる。パリメトロの路線網の密度は非常に高いことで知られているが、こんな都会のエアポケットのような静かな住宅地にも忽然と地下鉄の駅が現れるのは、日本的感覚からすると少々違和感を覚えてしまう。

20080406074718
《Pl. St-Georgeshe》

20080406075128s

20080406075743
《(上2枚)上り坂の途中にて》

カデ駅から25分。結構登り詰めたような感じで、徐々に勾配がレベルに戻っていくとクリシー大通り(Boulevard de Clichy)はすぐそこ。店名である紅い風車をドカンと頂いたムーラン・ルージュ(Moulin Rouge)の前に到着である。エルビス・プレスリーを筆頭として数多の世界的スターを輩出した由緒あるキャバレーだが、この時間ではもぬけの殻。それでも当日券か前売り券かはいざ知らず、チケット売り場には個性派ファッションの女の子達が朝の冷気の中で列を成して発売開始を待っている。

20080406080027
《ムーラン・ルージュ》

20080406080250s
《クリシー大通り中央の歩道》

ここからはクリシー大通りを東へ。この界隈はパリを代表する風俗街で、沿道のショーウインドウには某HGによく似た人形だとか、色々な意味で笑いを誘うアダルトグッズが所狭しと並んでいる。さながら歌舞伎町のようなエリアではあるが、さすがに腐ってもパリというか、明るいうちはネオンが全く目立たないので、普通のパリの街並みとそれほど変わらない。

20080406080754

ピガール広場を過ぎたところで上り坂になっているウードン通り(Rue Houdon)を北上し、丘の散策のスタート地点であるアベス駅へ。

20080406081339
《ウードン通り》

(2008.04.06)


« フランス (2-15)エッフェル塔 On Stage | トップページ | フランス (3-2)モンマルトルの丘その1 »

コメント

~ちょっとだけ「FUKUSHIYAMA」~
chikocrapeさんこんにちは。「フランス (3-1)モンマルトルを目指して」を面白く拝見しました。その中のカデ駅近くの「FUKUSHIYAMA」について、偶然にも(夜)食事しましたのでちょっとだけでも参考に成ればと思いコメントいたします。2010年12月現在名前「ふくしやま」は変わっておりませんでした。(味について期待して入っただけに)大変ガッカリしたので写真も残っておりませんでしたが、きれいな写真として撮られているので感激しました。ひとつだけお願いがあります。「FUKUSHIYAMA」と「カデ駅」を写されているここのURLを、私の旅行記に掲載しても良いでしょうか伺います。私のURLは次の通りです:
https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/10530061/

(^-^;(再訪)~ちょっとだけ「FUKUSHIYAMA」~ に掲載のURLに間違いがありました。すみません。http://4travel.jp/tcs/t/tb/album/10530061/26686bcfddeb0b1e38b6a85b4baf5c68
です。

nammosa21さま、初めまして。 お~、「ふくしやま」に行かれた方に話を伺えるとは、さすがはインターネットの力ですsign03 私もまた近々パリを再訪しようかと考えていたところなのですが、未だに間違えたまんまだと聞きまして、自分で確かめる手間が省けました。ありがとうございます。パリではオペラ座界隈を中心に寿司やラーメンなどの日本料理屋さんを多く見掛けましたが、う~ん、やっぱり玉石混交なんでしょうかね。

掲載写真の利用の件ですが、このページに載せてある画像でよろしければ、そのままコピーして使っていただいて大丈夫です。その際、形式は問いませんので、出典元として当ページへのリンクを張っていただきますようお願い申し上げます。

P.S. 載せていただいたURLを開いてみようとしたのですが、2つとも繋がらないようです。恐れ入りますがもう一度正しいURLを教えてもらえると助かります。

(._.)アリガト
chikocrapeさんこんにちは。回答のコメント有難うございました。画像は掲載しない(リンクの)予定です。また私のURLが繋がらないとの事でしたのでもう一度記載させていただきます。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
http://4travel.jp/traveler/nammosa21/album/10530061/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/42675030

この記事へのトラックバック一覧です: フランス (3-1)モンマルトルを目指して:

« フランス (2-15)エッフェル塔 On Stage | トップページ | フランス (3-2)モンマルトルの丘その1 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ