« ようこそ水の都へ~京阪中之島線で中之島散歩・その3 | トップページ | ようこそ水の都へ~京阪中之島線で中之島散歩・その5 »

2008.11.02

ようこそ水の都へ~京阪中之島線で中之島散歩・その4

大江橋駅の構内へ。改札階東側にはちょっとした商店街があり、関西ではあまり見掛けた記憶のないSUBWAYとアンスリー(京阪沿線に展開するコンビニチェーン)が一体になった店舗が目を引きました。ところでこの駅のコンコース、京阪のパンフレットに掲載されているイメージイラストと実物が全然違うのですが・・・ まさか建設費をケチったとか?

20081026140304

20081026140338

20081026140619
《(上3枚)大江橋駅地下一階にて》

大江橋駅ホームの壁面の素材は、日銀大阪支店にも使われている『石』。堂島川や土佐堀川に架かる橋にも石造り風のものが多いので、ここだけでなく中之島全体を象徴するような素材ですね。

20081026141008
《大江橋駅ホーム》

ホームに降りたところで、タイミング良く中之島行きの快速急行が入線してきました。


【動画】大江橋駅に入線する3000系快速急行

さて、大江橋駅となにわ橋駅はそれぞれ本線の淀屋橋駅と北浜駅の至近に位置し、天満橋駅から複々線をそのまま西へ延長した格好になっており、運賃計算上でも同一駅として扱われています(定期券でも本線・中之島線両方の駅で乗降が可能)。というわけで、ここから西が純粋な新規開業区間とでもいえましょうか。大江橋駅~中之島駅間を乗車区間に含む場合、普通乗車券だと60円の加算運賃が適用されるので、ここから西の区間での初乗りは210円ということになり、大阪市営地下鉄のそれを上回ってしまいます。三条~出町柳間にも60円の加算運賃が設定されているため、中之島~出町柳間の全線を乗り通すと、運賃は530円。これはJRの大阪~京都間(540円)とほぼ同額となります。そしてJRの新快速が京阪間を約30分で走破するのに対し、京阪の快速急行の所要時間はたっぷり1時間以上。七条~三条間の各駅までならば460円で済みますが、所要時間の差は如何ともし難く、JRは速い代わりに高い・民鉄は遅い代わりに安いという公式がここでは崩れてしまっていますね。

渡辺橋駅までの距離は500mばかりということで、ものの1分程度で到着。堂島エリアの最寄り駅で梅田へも一応徒歩圏内となります。中之島は大阪を代表するビジネス街としても知られていますが、この界隈が現状最もオフィスビルの集積が進んでいるエリアです。壁面の素材は中之島の未来をイメージしているということらしく、現代的な『金属材』が採用されています。

20081026141334
《渡辺橋駅ホーム》

この駅の構内にはわりとまとまった規模の飲食店街があり、SUBWAYとアンスリーのアライアンスがここにも。しかし、ここもイメージイラストとは随分違うような気が・・・ パンフレットの絵では凄く魅力的に見えるのですが。まぁ、それでも鉄道駅としては卓越したデザインであることには異論はないです。

20081026141637
《渡辺橋駅・改札口付近》

渡辺橋駅のホームも地下25mの深さにあり、構内はB1-B3の3層構造。地下一階から地上へのエスカレーターがやけに長いです。

20081026142455

堂島川沿いの遊歩道に出て来ました(駅構内から直通のエスカレーターがあります)。数年前から中之島に用がある度にこの辺りまでしばしば散策に訪れていて、中之島北岸を走る中之島通を掘り返している様子を度々目にしていたのですが、当時は開通はまだまだ随分先の話だと思っていました。それが今日こうして実際に試乗に訪れているのですから、ありきたりな表現ですが月日の経つのは早いものです。

20081026142610

20081026142653

20081026142820

20081026142844

最終回は中之島駅の様子と、あとおまけを少し。

(2008.10.26)


« ようこそ水の都へ~京阪中之島線で中之島散歩・その3 | トップページ | ようこそ水の都へ~京阪中之島線で中之島散歩・その5 »

コメント

この前、僕も京阪中之島線に乗ってきました。
大江橋と渡辺橋を使いました。
たしかに、大江橋と淀屋橋は川を挟んで南北に分かれるような感じで近かったです。
ホームの壁もさることながら、
コンコースの木の壁の雰囲気がすごく印象的でした。

私も訪問前に予習はしていったのですが、それでもなにわ橋と北浜、大江橋と淀屋橋の近さには驚きましたね。逆に同じ駅名同士なのにやたら遠い例というのも結構ありますから(近鉄と南海の難波駅なんて数百メートル離れてます)。地下駅ってどうしても殺風景なイメージが付き纏いますけど、中之島線の駅はどの駅も暖かみがあってふっと訪れたくなるような魅力がありますね。
中之島の雰囲気は好きで、近くへ用事で行ったらよく散歩したりしているのですが、京都へ行くにはいつもJRか阪急を使うので、これ以降は中之島線にもご無沙汰です。関西のローカルニュースでは開業以来乗客数の見込み予想を大幅に下回っていると報じられていたのですが、今の様子はどうなのでしょうね…?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/42957199

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ水の都へ~京阪中之島線で中之島散歩・その4:

« ようこそ水の都へ~京阪中之島線で中之島散歩・その3 | トップページ | ようこそ水の都へ~京阪中之島線で中之島散歩・その5 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ