« ドイツ (2-11)エスリンゲン・アム・ネッカー旧市街 その3 | トップページ | ドイツ (3-1)あの風景を探しに »

2009.02.21

ドイツ (2-12)エスリンゲン・アム・ネッカー旧市街 その4

ブラブラ歩いているうちにまたマルクトプラッツまで戻ってきていた。時刻は午後7時前、そろそろディナーにしてもいいかなと考え、広場の並びに目に付いた『Wienerwald(ウィーンの森)』というレストランに入ってみた。

手っ取り早く定食にしてしまったのだが、注文後に何となくメニューを眺めていると、白アスパラ料理が用意されていたことに気付く。あちゃー、こっちにしとけば良かったかな? でも定食の方も美味しく頂きました。

20080410185850
《ノンアルコールビールも銘柄は豊富です》

20080410190124
《本日のスープ》

20080410190611
《アヒルの甘辛ソースがけ・ライス添え》

20080410192854
《食後のカプチーノ。付け合せのクッキーがおいしかったです》

お値段はしめて11ユーロほど。料理(スープ+メイン)だけなら6.1ユーロと、日本のファミレスの日替わり定食並みの値段である。このWienerwaldというレストラン、本来は鶏肉料理がメインだそうで、チェーン店なのでまさにドイツのファミレス的位置付けだそうだが、ヨーロッパのレストランらしく内装もなかなか凝っており、安っぽいイメージは微塵も感じさせない。

20080410194444
《Wienerwald・エスリンゲン店の外観。周囲の家並みに溶け込む調和美はさすがドイツ》

ヨーロッパへ来ると自ずとスローフードになってしまうようで、店を出てきた頃には日も暮れかけ、街並みに明かりがポツポツと灯りだしていた。明日もまた早い朝に備えてそろそろこの町を離れるべく駅へと向かう。今日は生憎一日中天候には恵まれなかったが、また日を改めて訪れてみてもいいと思わせる、しっとりとした風情が魅力の小都市だった。

20080410194827

Bahnhofstraßeを戻って駅に到着。時刻表を見ると次のシュトゥットガルト中央駅方面行きの列車の発車時刻までには少し時間があったので、ホーム入り口に設置してある自動券売機を明日のチケット購入の予行練習がてら操作して慣れておく。この券売機、シュトゥットガルト交通局(VVS)管内のチケットはもちろんのこと、ドイツ全土のDB路線のきっぷの手配も優等列車の座席予約を含めて可能。発駅と着駅、そして出発時刻(or 到着時刻)を入力すると時刻表をプリントアウトしてくれる機能(無料)も付いた高機能な券売機である。これが普及したおかげで小駅に配置する人員を削減でき、経営改善にもつながった立役者でもある。画面表示もヨーロッパの主要言語にはあらかた対応しているが、歴史的経緯からトルコ人移民の多いドイツらしく、トルコ語にも対応しているのが面白い所だ。

20080410200110
《エスリンゲン駅・駅舎》

20080410195846
《DBの高機能券売機》

RE Esslingen am Neckar(20:12)→Stuttgart Hbf(20:24)

時刻は午後8時。日本の都会ではまだまだ宵の口といったところだが、ここはドイツ。日中は15分間隔で運転されているS-Bahnもこの時間になると本数が半減してしまい、先発列車は中距離列車のREである。夜の帳に包まれ始めたホームで列車を待っていると眩いヘッドライトがぐんぐんと近付き、逆方向の通過線を窓から暖かな光を漏らしたInterCityが乾いた車輪の音と共に猛スピードで駆け抜けていった。

やがて入線して来た二階建てのREに乗り込めば、途中一駅だけの停車でシュトゥットガルト中央駅に12分で到着。中央駅の駅舎の屋上にはメルセデス・ベンツのエンブレムがクルクルと回っているのだが、夜になると白くライトアップされるこのエンブレム、夜空の下で神々しいまでに凛然と輝いている。

20080410202449
《シュトゥットガルト中央駅に到着したRE》

20080410202557

20080410202947
《(上2枚)シュトゥットガルト中央駅コンコースにて》

夕食は済んでいるのでそのままホテルへ直行。部屋にトイレは付いていないが、共用のトイレはドイツらしく清潔ピカピカでとても気持ちがいい。どうも私の宿泊期間中、このトイレを使っていたのは私一人だけだったらしい。

明日はシュトゥットガルトを拠点とした日帰り観光。そろそろ青空を拝みたいものであるが・・・

(2008.04.10)



« ドイツ (2-11)エスリンゲン・アム・ネッカー旧市街 その3 | トップページ | ドイツ (3-1)あの風景を探しに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/44131114

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ (2-12)エスリンゲン・アム・ネッカー旧市街 その4:

« ドイツ (2-11)エスリンゲン・アム・ネッカー旧市街 その3 | トップページ | ドイツ (3-1)あの風景を探しに »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ