« ドイツ (2-12)エスリンゲン・アム・ネッカー旧市街 その4 | トップページ | ドイツ (3-2)ベジヒハイムその1 »

2009.02.25

ドイツ (3-1)あの風景を探しに

4月11日金曜日。ドイツに入ってからは3日目、フランスからの通算では8日目に入る。毎日足が棒になるまで歩き回っているというのに、相変わらず6時過ぎには起床してイソイソと支度しているあたり、自分は根っからの旅好きなのだと感心するやら呆れるやら・・・である。

朝食を摂る為に部屋のある別館から本館へと移動。もし雨が降っていたらややこしいのだが、今の所その気配は無し。のんびりと朝食を食べているうちに薄暗かった空も明け始め、建物の陰からオレンジ色の光が差している。今日は4日ぶりに太陽を見ることが出来そうだ。

さて、今日最初の予定はシュトゥットガルトから近郊列車で30分足らずで行けるベジヒハイム(Besigheim)という町の訪問。この町、私の知る限り日本で出版されている旅行案内書には一切言及がなく、私をドイツへの旅にいざなってくれた張本人といっても過言ではない、航空宇宙評論家の佐貫亦男氏のフォトエッセイ、『ドイツ道具の旅』シリーズで紹介されていたのが訪問のきっかけとなった。特に派手な見所があるわけでもなさそうだが、それだけにツーリストの手垢が付いていないだろうし、今回の旅のテーマである「田舎町巡り」にも相応しい。今回の旅で最も楽しみにしている町であり、本に掲載されている小さなモノクロ写真と同じアングルで写真を撮ってみる、というのが旅の目的の一つである。

ということで列車の発車時刻の20分前くらいにホテルを出発。5分後にはもう駅のコンコースに立っているのだから、このホテルの立地は実に素晴らしい。乗車券だが、今日はジャーマンレイルパスではなくシュトゥットガルト交通局の一日乗車券(EinzelTagesTicket)を使用する。管内全てのゾーンのDBローカル列車(S-Bahn/RB/RE/IRE)・U-Bahn・路線バスが一日乗り放題となり(※24時間ではなく暦日計算です)、お値段は11.5ユーロ。発行時に既に有効日が印刷されているので刻印は必要なさそうだったが、一応“保険”で刻印機に突っ込んでおいた。


《EinzelTagesTicket》

このチケットを発券した券売機ではクレジットカードが使えず、いよいよ残り少なくなった虎の子の紙幣が飲み込まれる羽目に。国境を接する国同士とはいえ、フランスとドイツではカードの浸透度も結構異なるようだ。そろそろ頃合を見て現金をキャッシングしておかないと。

20080411073345
《様々な地名が表示される中央駅地上ホームの発車案内板。何度見てもワクワクしますね~》

RB19158 Stuttgart Hbf(07:45)→Besigheim(08:08)

7時45分発、Mosbach-Neckarelz行きの各駅停車に乗車する。この列車も二階建てとなっており、特に輸送力が逼迫しているわけでもない地方のローカル線に二階建て車両が大量に導入されているワケとは如何に。経営上の理由なのか、単に文化の違いなのか。

20080411073801

20080411080757

20080411073908

中央駅を出発した列車は複雑に線路が絡み合う駅構内を抜け、分岐を繰り返しつつ何本もの線路と寄り添いながら一路北へ。この列車の種別はRB、すなわち各駅停車なのだが、S-Bahnが並行しているビーティッヒハイムまでは途中ルードヴィッヒスブルクのみ停車の快速運転を行う。やがて右手には高速道路が並行するようになるが、通勤ラッシュ真っ只中のこの時間帯、都心方向へ向かう流れは渋滞気味である。

中央駅から18分で到着するビーティッヒハイムを出た途端に都市郊外の雰囲気は影を潜め、ネッカー川の支流であるエンツ川(Enz)の谷間を軽やかに駆け抜けていく。

8時08分、シュトゥットガルト中央駅から23分でベジヒハイムに到着。ホームに降り立つと背後に連なるブドウ畑の丘には朝靄がかかっていた。何度も本で訪れたこの町、「Besigheim」と書かれた駅名板を見て、「いよいよやって来たな・・・」と暫しの間感慨に耽る。

20080411080930

20080411081033

20080411081009

次回はベジヒハイムの町歩きを始めます。

(2008.04.11)


« ドイツ (2-12)エスリンゲン・アム・ネッカー旧市街 その4 | トップページ | ドイツ (3-2)ベジヒハイムその1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/44158547

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ (3-1)あの風景を探しに:

« ドイツ (2-12)エスリンゲン・アム・ネッカー旧市街 その4 | トップページ | ドイツ (3-2)ベジヒハイムその1 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ