« ドイツ (3-3)ベジヒハイムその2 | トップページ | ドイツ (3-5)ベジヒハイムその4 »

2009.03.03

ドイツ (3-4)ベジヒハイムその3

Kirchstraßeの一本東側の通り、Oberamteigasseを北上していく。こんな小さな町にも歳月を重ね風格を滲ませる建物が多く残っているあたり、昔日の繁栄をしのばせる。エンツ川とネッカー川に挟まれた天然の要塞ということで、交通面でも防衛面でも極めて重要度の高い土地だったのだろう。

20080411095913

20080411095831

20080411100126

KirchstraßeとOberamteigasseをつなぐ路地もいい雰囲気を醸し出しており、なんとそのうちの一本が・・・

 20080411100249

最後の撮影ポイントでした。本文中からこの風景について述べられた部分を抜粋すると・・・

 ・・・それは正面に木組みを薄青、窓枠は赤く塗った一軒と、手前両側も似たような家がならんで、見上げる空は狭かった。そこへ大きな鍵をつけた看板が出て、「鍵屋ヘルマン・メディンガー」と読める(執筆者注:上の写真でも確認できる通り、この看板は2008年の時点では無くなっていました)。

 その軒には左折の標識がかかり、向こうの家の前に車が一台駐車していた。それからいま降りたらしい母親と男児が家に入ろうとしている。これだけの道具立てだが、左手前からさしている朝日の中で、青と白の家の壁は、背景の淡青の空と白い雲へ溶けこむように見える。その家も、左と右の家も、上の階が下の階より突き出して、狭い地面を空中で拡大しようとする意欲は、ドイツ人の心理の一断面を示すように思われる。

(佐貫亦男著 『ドイツ道具の旅 Part2』 光人社刊 p.68より抜粋)

2つ前のエントリで「四半世紀という歳月もこの町では刹那でしかない」と書いたが、この風景もその例に漏れず、内側へ向けてぐにゃっと曲がっている「左折のみ」の標識(Kirchstraßeは南行の一方通行なので)は世紀を超えて健在。その他の違いもほんの微々たる物で、佐貫氏の足跡を辿る旅は、佐貫氏がそこで何を見て何を感じたのかをそのまま目の当たりにする旅と結論付けても良さそうである。というわけで意外と呆気なかったが、とにもかくにもMission Complete!! 佐貫氏の足跡を辿る旅は、2日後のバイエルン州・ランツフート編へ続きます。

20080411100750

Türkengasseを通ってメインストリートのKirchstraßeへ。Marktplatzからこの辺りにかけてはベジヒハイムの白眉とも言うべき美しい木組みの家々が立ち並ぶエリアである。月並みな表現ではあるが、まさに宝石箱と称えるに相応しい。ここで漸く観光客らしい人の姿を目にしたが、どうやらドイツ人のよう。もしかすると私が訪れなければ、今日この町を訪問した外国人はゼロだったのかもしれない。東洋人ともなればそれこそ稀な存在ではなかろうか。

20080411101401

20080411101552

20080411101718

Kirchstraßeから分かれてEntengasseを進む。

20080411102005

20080411102053

20080411102837

20080411103125

旧市街の南のランドマークがSchochenturm(見張り塔)ならば、北のランドマークはWaldhornturm(森のホルンの塔?)と呼ばれている円柱の塔である。1220年頃に建てられたものだとか。

20080411103251

MarktplatzからKirchstraße越しに見るとこんな感じ。

20080411085630

この塔は普段は一般公開されていないが、7月から9月の日曜日に開催される市の観光ツアーで上れるようになっているそうだ。

20080411104627
《そばの駐車場から》

20080411103651
《塔の横にあった花壇》

WaldhornturmとはHauptstraßeをはさんで反対側に位置するのが、Stadthalle Alte Kelter。三角形の切妻が特徴で、ワインの直売所として使われているようだった。大きな駐車場も備えられており、日本ならば「道の駅」になっていそうである。

20080411104027

20080411104435

もう少し続きます。

(2008.04.11)


« ドイツ (3-3)ベジヒハイムその2 | トップページ | ドイツ (3-5)ベジヒハイムその4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/44217970

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ (3-4)ベジヒハイムその3:

« ドイツ (3-3)ベジヒハイムその2 | トップページ | ドイツ (3-5)ベジヒハイムその4 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ