« ドイツ (5-5)レーゲンスブルク旧市街その2 | トップページ | ドイツ (5-7)ランツフート旧市街その1 »

2009.04.27

ドイツ (5-6)ランツフートへ

ちょっとだけ時間が余ったので駅構内をウロウロ。レーゲンスブルクは人口規模としては10万人台前半というそこそこの街だが、鉄道交通の重要な要衝地なので構内は非常に広い。頻繁に発着する営業列車は勿論のこと、構内で羽を休める色とりどりの列車群(とはいえほとんど赤に白帯ですが)を眺めていると、20分そこそこの待ち時間などあっという間だ。駅のすぐ南側には跨線橋と直結したショッピングセンターもあるので、暇つぶしには事欠かない駅である。

20080413141954

20080413142609

20080413143008

RE4255 Regensburg Hbf(14:44)→Landshut(Bay) Hbf(15:28)

次の目的地は、レーゲンスブルクから南へ約60kmに位置するランツフート(Landshut)という街。1時間おきに運転されるREで約45分のショートトリップである。

定刻どおりにミュンヘン行きの二階建て客車が入線。難なく2階の窓側席を確保する。この列車は今朝ニュルンベルクから乗ってきたのと同じ系統なのだが、州都とを直結する列車ということで、車内は若者の姿も多く幹線らしい活気に溢れている。

この列車はかつてのInterRegio(急行列車)を引き継いだ系統だと思われるが、その流れを汲んでいるのか、快速ながらも車内販売が乗務している。この販売員さん、どうもドイツ国外からの移民らしい顔立ちだったのだが、とても明るくひょうきんな人。私も目が合い、「ん~、いいや」と言うと「Oh~、残念!」とな。更に前の方の若者グループとは何やら話が弾んでいるのか大盛り上がり。働く人が元気な国はいい国です。

車窓はこんな感じ。駅を出発すればすぐにカントリーサイドの長閑な風景に早変わりである。

20080413145833

途中田園地帯の真ん中で徐行したり、スピード自体もイマイチ煮え切らない走りっぷりだったが、これが規定のダイヤなのかぴったり定刻にランツフート中央駅(Landshut(Bay) Hbf)に到着。乗ってきた列車の写真↓を撮ったら・・・ あ、手を上げてポーズを取ってる人が。

20080413152843
《ランツフート中央駅にて》

(2008.04.13)


« ドイツ (5-5)レーゲンスブルク旧市街その2 | トップページ | ドイツ (5-7)ランツフート旧市街その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/44808036

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ (5-6)ランツフートへ:

« ドイツ (5-5)レーゲンスブルク旧市街その2 | トップページ | ドイツ (5-7)ランツフート旧市街その1 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ