« ドイツ (5-7)ランツフート旧市街その1 | トップページ | ドイツ (5-9)ランツフート旧市街その2 »

2009.05.01

ドイツ (5-8)ランツフート・トラウスニッツ城

というわけで来た道を東方向へ戻ります。

20080413160629

20080413160738

下の写真は大手書店チェーンと大手ファーストフードチェーンがテナントとして入居した建物だが、ケバい看板もなく、実際すぐ近くまで寄らないと店だと分からない程に完璧に景観に溶け込んでいる。

20080413161045

聖マルティン教会の前を通過し、通りの外れまで来て・・・

20080413161505s

見上げればこれから登っていくお城が。

20080413161546

大通りから外れてAlte Bergstrasseという路地に入ると早速急な上り坂が始まり、間もなく分岐する階段で城へと上り詰めていくことになる。

で、この階段がベジヒハイム以来の登場となる、「ドイツ道具の旅」シリーズのロケ地(?)のひとつ。

 20080413162118
*左の写真は「ドイツの街 道具と心」のp.156から

つぶさに見たところで感心するくらい何一つとして変わっていない。何の変哲もない風景の一コマに過ぎないが、この写真がなければこの街の事を一生知らないままで終わっていたかと思うと、ある意味感慨深いものがある。

同じ場所から麓を振り返ったところ。

20080413162416

よく整備されたレンガの階段は城の入り口まで続き、5分も要さず到着。先入観ゼロの状態で来ただけに尚更かもしれないが、相当立派なお城である。ちなみに名前はトラウスニッツ城(Burg Trausnitz)。

20080413162656

20080413162740

20080413162753

山城なので展望台もあり、赤褐色の瓦屋根が連なる旧市街の街並みの眺望を楽しむことができる。かなり高度を上げてきたものの、聖マルティン教会の塔のてっぺんはまだかなり上で、この街のランドマークに相応しい存在感を誇示している。

20080413163441

20080413163502

20080413163518

ふもとからガヤガヤとさざめきが聞こえてくるので振り返ると、移動遊園地が出ており駐車場はぎゅうぎゅう。ここからでもその盛況振りが伝わってくる。観覧車まで設置されており(それもかなり大型)、移動遊園地とはいえ常設型に負けず劣らずの本格派のようだ。

20080413163341

ところでこのお城、びっくりするくらいに敷地が広く、城山を一周するハイキングコースの散策や建物の内部見学なども行っていると、旧市街の見学も含めて余裕で3~4時間くらいはかかりそう。観光客の姿も多く(もちろん東洋人どころか外国人は一人もいませんが)、ミュンヘン辺りからの手軽な日帰り観光スポットとして知られているのかもしれない。

20080413163819

20080413164202

20080413164410

20080413165640s

あまりのんびりしていては日が暮れてしまうので、ササっと回ったところで下山し、再び旧市街を歩いてみることにする。

(2008.04.13)


« ドイツ (5-7)ランツフート旧市街その1 | トップページ | ドイツ (5-9)ランツフート旧市街その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/44851619

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ (5-8)ランツフート・トラウスニッツ城:

« ドイツ (5-7)ランツフート旧市街その1 | トップページ | ドイツ (5-9)ランツフート旧市街その2 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ