« 05/10/25 (3)伊勢湾フェリーで空港へ(後編) | トップページ | 05/10/25 (5)韋駄天ミュースカイ »

2010.02.17

05/10/25 (4)用はないけどセントレア

というわけでセントレアの空港ターミナルビル内を一通り歩き回ってみます。中部国際空港は小牧市にあった名古屋空港の機能をほぼ完全に引き継いでおり、県営名古屋空港へ名称を変更した元名古屋空港に僅かに残ったコミューター路線を除き、名古屋発着便は国内線・国際線共にすべてこの空港へ移行しました。関西空港と同じ轍は踏まないというか、三空港がひしめき合って混迷を極めている関西とは違い、セントレアの方はこの空港一本にスッキリと集約した上に中部地方の身の丈に合ったコンパクトな造りになっており、なかなか好感が持てました。

20051025123337s

20051025123345s
《(上2枚)チェックインカウンター付近》

セントレアには台湾ラーメン(※ナポリタンなんかと同じく、日本オリジナルの料理の一種です)で有名な中華料理店『味仙』や、ジャンボエビフライが名物の『まるは食堂』といった、中部地方の有名店が出店しています。どちらも名古屋在住時代にはよく足を運んだ店なので、こうして他国や他県からのお客さんに手軽に訪れてもらえるのは、元住民としては嬉しいものです。

開港当初は見学客で大混雑したそうですが、8ヶ月が経過して流石にだいぶ落ち着いていました。それでも飲食店の入り口には「搭乗券をお持ちの方を優先してご案内しています」の立て札が出ており、まだまだ開港フィーバーは続いているようでした。私も厳密には見学客ではないとは言え、混雑の片棒を担いでいるのには違いありません(笑)。朝食を食いはぐれたので昼食はしっかりと摂っておくつもりでしたが、1時間弱の滞在時間の間に店に入るのはどうも難しそうなので、好物の天むすをテイクアウトしてミュースカイの車内でパクつくことにしました。それにしてもたかが空港に見学客が押し寄せるというのは、娯楽の少ない名古屋らしい風景ではあります。

飛行機を見ながら風呂に入れる“銭湯レア”の横を通り、「スカイデッキ」と呼ばれる展望デッキへ。滑走路へ向けて大きく突き出しており、左右に伸びたウイングがここから一望できます。駐機数が少なめなのは… まぁ、名古屋なので仕方がないですね。

20051025124356

20051025124454

20051025124503
《(上3枚)スカイデッキにて》

制限エリアの中に入れないのは残念ですが、行ける所はくまなく歩いてみました。スカイデッキの階下には「センターピアガーデン」という吹き抜けの広場があり、あまり人が来ないので静かな時間を過ごせる場所となっています。

20051025130022s

それほど大きくない空港なので、50分という見学時間は丁度いい塩梅でした。それではミュースカイで名古屋市内を目指すことにしましょう。

(2005.10.25)


« 05/10/25 (3)伊勢湾フェリーで空港へ(後編) | トップページ | 05/10/25 (5)韋駄天ミュースカイ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/47575675

この記事へのトラックバック一覧です: 05/10/25 (4)用はないけどセントレア:

« 05/10/25 (3)伊勢湾フェリーで空港へ(後編) | トップページ | 05/10/25 (5)韋駄天ミュースカイ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ