« 05/10/26 (4)あおなみ線に乗ってみました | トップページ | 摂津市駅を見にいきました »

2010.03.22

新・宝塚駅を見にいきました

このところ多忙のため、更新頻度が落ちてしまい申し訳ありません。徐々にペースを戻していきたいと考えております。

さて、今日は休日だったので、先月の20日に完成したばかりのJR宝塚駅の新橋上駅舎を見にいってきました。阪急の立派過ぎる高架駅に比べて、列車別改札を実施していた時代から使われていた小さな駅舎はみすぼらしく映っていただけに、市の代表駅として恥ずかしくない新駅舎が完成する日を首を長くして待っていました。

まずは電車に乗って宝塚駅ホームへ降り立ちます。2面3線の地上ホームは従前のままですが、ホーム大阪方の頭上を駅舎が覆っているので半地下のような雰囲気です。

20100322123821

20100322124018

ホーム福知山方から駅舎を見上げます。

20100322124209

福知山方には新駅舎供用開始まで使われていた仮設の跨線橋が架かっています。供用開始後は列車の停車位置が大阪方へ移動しましたが、とにかく長いホームです。ブルートレインも停まれるのではないでしょうか。

20100322124224

エスカレーターで改札階へ上がるとここへ出てきます。教会建築を思わせる三角の高い天井は開放感たっぷりです。

20100322124704

改札の外から。改札口はここ一ヶ所だけですが、手狭だった旧駅舎と比べれば格段に人の流れはスムーズになったようです。

20100322125215

カメラを左に振って。自動きっぷ売り場の左側にはみどりの窓口(オープンカウンター)があります。

20100322125250

改札口正面には、新駅舎開業からやや遅れて3月8日にオープンした商業施設、『エキマルシェ』が。いかりスーパーを核にしてカフェ・デリカデッセン・雑貨店・ベーカリー等が入居しています。目玉は1ヶ月毎にショップが入れ替わっていくスイーツコーナーだそうで。

20100322125152

駅舎外観。南欧風というのか、デザイン・色調共に向かい合う阪急の宝塚駅駅舎に合わせてあり、阪急のそれのダウンサイジング版といった趣です。阪急⇔JR相互間の乗り換えも非常に多い駅ですが、地上駅時代には阪急の駅につながる歩道橋を上り下りし、2・3番ホームへは再度跨線橋を上下するという不便を強いられていたものの、バリアフリーを完備した橋上駅舎完成によって垂直移動はほぼ完全に解消されました。

20100322125838

20100322130309

ちなみに阪急宝塚駅の駅舎はこちら。地元では「宝塚のポタラ宮殿」と呼ばれています。ウソです。

20100322125934

20100322130140

宝塚駅は福知山線内では最も乗降客の多い駅だけに、ようやく駅の格に見合った規模の駅舎が完成して本当に何よりです。そして発着する車両も207系・221系・223系・321系と恐らく日本一の高水準。2011年春デビュー予定の287系がやって来る日が楽しみですね。

続けて3月14日開業の阪急京都線摂津市駅も訪れましたので、次回の記事で取り上げます。

(2010.03.22)


« 05/10/26 (4)あおなみ線に乗ってみました | トップページ | 摂津市駅を見にいきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/47878230

この記事へのトラックバック一覧です: 新・宝塚駅を見にいきました:

« 05/10/26 (4)あおなみ線に乗ってみました | トップページ | 摂津市駅を見にいきました »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ