« マレーシア (3-6)マラッカ旧市街その1(白昼のチャイナタウンにて) | トップページ | マレーシア (3-8)マラッカ旧市街その3(サンチャゴ砦/セント・ポール教会) »

2012.05.28

マレーシア (3-7)マラッカ旧市街その2(オランダ広場~コタ通り)

チャイナタウンをざっと歩き、1時間ほど前にバスターミナルからの市内バスで到着したオランダ広場(Dutch Square)へ戻ってきた。真ん中には時計塔が立っており、その周囲をムラカ・キリスト教会(Christ Church Melaka)やスタダイス(Stadthuys)といったシンボリックな建築物が取り囲む、マラッカ旧市街の中心である。

20111214162458s
《西側から見たオランダ広場。右の建物がスタダイス》

広場の名前の通り、ムラカ・キリスト教会とスタダイスはオランダ統治時代に造られた建物。ムラカ・キリスト教会の方は1753年完成とのことなので築250年以上になるが、真っ赤っ赤に塗られているためか歴史の重みを全く感じさせず、安っぽい印象である。それは同じカラーに塗られたスタダイスや時計塔にも当てはまる。

20111214162824s
《ムラカ・キリスト教会》

オランダ広場はトライショーの溜まり場になっており、しばらくこの広場で休憩していたところ、観光客を乗せて到着したタクシーに「おっ、来た」と狙いを定めて寄っていくトライショー乗りが。かくいう私も1時間前にコレに捕まったわけだが、あのおじいちゃんの姿は残念ながらもうここには無かった。まぁ、居たら居たで少々面倒なことになっていたかもしれないが。

スタダイスは元オランダ総督の住居。中は歴史・民族博物館になっているが、私はタイはともかくマラッカおよびマレーシアの歴史なぞには大して興味が無いので(歴史といっても大半が植民地時代だったわけですから)、ここはパス。隣接する丘の上にはセント・ポール教会があるが、ひとまずこの丘の南側をぐるりと半周する道、「コタ通り(Jalan Kota)」の方へ足を進めることにした。

20111214163813s

20111214163858s
《(上2枚)オランダ広場のそばにある復元された城壁》

こちらがコタ通り。道幅が非常に広いが自動車は殆ど通らず、他に車両といえばトライショーくらいしか入ってこないため、実質的に歩行者天国となっている。トゥン・タン・チェン・ロック通りやジョンカー・ストリートもこんな風にしてくれないと。

20111214164340s

スタダイスはスキップしたが、ひとつくらいは博物館にも入ってみたい…とのことで、折角イスラム圏に来ているのでコタ通り沿いの「ムラカ・イスラム博物館(Melaka Islamic Museum)」へ。カルトは勿論のこと、全ての宗教は私にとって唾棄すべき存在ではあるが、かといって人間社会の規範や文化を形成するにあたって大きな要素であることは認めざるを得ないわけだし、それらの理解のためには決して避けては通れない道。要するに個人の感覚とは完全に切り離された、客観的立場から見た教養としてならば興味津々ということである。

20111214171309s
《ムラカ・イスラム博物館》

入館料はRM2(50円)。館内は土足禁止なのがイスラムらしいところである。展示物はコーランにスルタン(君主)の豪華な衣装や装備品、イスラミックデザインの美術品など。RPG好きにとってはシャムシール(曲刀)の実物が見られたのも嬉しかったり。私を除けば見学者はゼロで、閉館時刻までまだ1時間くらいあるというのに早々とクローズの準備に入っていたのだが、私の姿を見るなり既に鍵を掛けたドアをもう一度開けて回ってくれた。静かな博物館というのは実に心地が良い。

20111214171234s

20111214170225s

20111214170233s
《(上3枚)ムラカ・イスラム博物館の中庭にて》

日本人にとっては世界三大宗教のうち最も馴染みが薄いイスラムではあるが、世界人口の5人に1人を占めるという規模の膨大さは、今後のイスラム圏の経済成長とアメリカ型資本主義の終焉に伴い、ますます影響力を増していくはず。私もこれからの旅で親しむ機会も増えるかもしれないが、それでなくともアジア唯一の先進国の良識ある市民としては最低限、「世界各地でテロを起こしているおっかない人達」という欧米視点の偏見からは脱却しておきたいところだ。ABCから学ぶのに良い入門書があるので、もしご興味があればということで推薦しておきます。

イスラムものしり事典 (新潮文庫)
イスラムものしり事典 (新潮文庫)紅山 雪夫

新潮社 2010-04-24
売り上げランキング : 238607


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ムラカ・イスラム博物館からコタ通りをはさんで反対側には広場があり、そこにはマレー鉄道の昔の車両が置かれていた。マラッカはマレー鉄道とは一切関わりのない街なのだが、ここはどうやら交通博物館らしく、航空機と共にあくまで見本という形で展示されているらしい。

20111214171438s

20111214171557s
《(上2枚)マレー鉄道の機関車と客車》

20111214171624s
《プロペラ機》

時刻は午後5時過ぎ。今日は朝食以来何も口にしておらず、夕食までちょっと持たなそうだったため、セント・ポール教会が建つ丘のすぐ南に隣接する「メガモール」内のフードコートへ。マレーシア/インドネシアの焼き飯、「ナシ・ゴレン(Nasi Goreng)」でとりあえず空腹を満たしておく。今回の旅では様々な要因で食事の時間が不規則になってしまうことが多いのが困りものだ。ちなみにお値段は日本円で百数十円でした。

20111214172942s
《ナシ・ゴレン。えびせん付き》

次回はサンチャゴ砦から。

(2011.12.14)


« マレーシア (3-6)マラッカ旧市街その1(白昼のチャイナタウンにて) | トップページ | マレーシア (3-8)マラッカ旧市街その3(サンチャゴ砦/セント・ポール教会) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/54799406

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア (3-7)マラッカ旧市街その2(オランダ広場~コタ通り):

« マレーシア (3-6)マラッカ旧市街その1(白昼のチャイナタウンにて) | トップページ | マレーシア (3-8)マラッカ旧市街その3(サンチャゴ砦/セント・ポール教会) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ