« シンガポール (2-12)ナイトサファリPart2(日本語トラムでジャングル探検) | トップページ | シンガポール (2-14)ナイトサファリPart4(ウォーキングトレール~オーチャードへ帰る) »

2012.08.16

シンガポール (2-13)ナイトサファリPart3(ナイトショーを観覧)

というわけで20時30分開演のナイトショーへ。ガイドブックによるとこの回が最も混み合うらしく、実際に15分前の時点で入場待ちの長い列が出来ていたが、ここは一人旅の身軽さ。サッとなかなかの良席をゲットである。シアターの収容者数は900名だそうだが、最終的には立ち見まで出ていた。

20111217202448s

約20分間のショーは、東南アジアに生息する夜行性の動物の生態紹介がメイン。冒頭で5分くらいを使い、複数の言語で「フラッシュ撮影はしないでね」というお願いが行われる(夜行性なので目に甚大なダメージを蒙る可能性が大きく、強い光は厳禁)。「もし約束を破ったら?」というキャストの問い掛けに対し、客席の何処かから「ブン殴る!」という声が飛び、「ノー!楽しいナイトサファリで暴力はダメですっ!」とフォローに入るというコントまで。いいなぁ、こういうノリ。

10年前にもこのショーを観覧したのだが、今回は予定調和のハプニングが度々起こるという、見世物的な要素が強くなっていた。前回はもっと素朴に淡々と動物を紹介してくれていたはずなので、率直なところ前の演出が懐かしい。こちらも観客参加型のショーとなっており、演目によって大人だけでなく子供もステージ上へ。その明らかに欧米系ではない5~6歳くらいの子供が流暢に英語を操っている様子を目の当たりにさせられると、今に始まった話ではないというのに「日本完全に終わってる」と、どこか惨めな気持ちになってしまうのである。

さて、ショーの内容をあまり細かく書くとネタバレになってしまうのだが、あちこちのBlogに書かれているようなのでまあいいや、ってことで。終盤頃、これまた予定調和でキャストが騒ぎ出したかと思えば客席になだれ込み、私の席のすぐ前へ。訳の分からないままにどかされる観客だが、座席の足元には不自然にフタが。そのフタを開けるとそこから…


大蛇登場。


フタの下に隠れている姿を見られたのは私とその周囲の観客のみだったのだが、キャストが3人掛かりでその大蛇を高々と持ち上げると、シアターの方方から悲鳴が上がる。そして哀れな犠牲者?が観客からひとり選ばれ、大蛇を首に巻き付けさせられたのだった(下の写真、右端の人)。うーん、やっぱり言葉の問題もあって日本人からは100%選ばれないんだろうなぁ。

20111217205254s

そういえば前回のナイトショーでも、オープニングでフクロウが登場する際真正面から私の方へまっすぐ飛んできて、頭上わずか数センチの所をビュン!とかすめるという体験をしたもの。今回の旅は本当にツイていなかったが、こういう所だけオイシイ思いをしたってねぇ…と、ちょっと複雑な気分である。

トライバルダンスショー→日本語トラム→ナイトショーと華麗な3段コンボを決めてシアターを後にすると、時刻は午後9時前。あまり余裕はないが、残りの滞在時間を使ってイースト・ループの徒歩ルートを巡ることにする。

(2011.12.17)


« シンガポール (2-12)ナイトサファリPart2(日本語トラムでジャングル探検) | トップページ | シンガポール (2-14)ナイトサファリPart4(ウォーキングトレール~オーチャードへ帰る) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/55435015

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール (2-13)ナイトサファリPart3(ナイトショーを観覧):

« シンガポール (2-12)ナイトサファリPart2(日本語トラムでジャングル探検) | トップページ | シンガポール (2-14)ナイトサファリPart4(ウォーキングトレール~オーチャードへ帰る) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ