« シンガポール (2-7)やっぱB級グルメでしょっ | トップページ | シンガポール (2-9)こちらはガーデン・シティの太郎さん »

2012.08.05

シンガポール (2-8)こんにちはマーライオン(元祖編)

エスプラネード・ドライブ(Esplanade Drive)の橋を渡り、マーライオン・パークへ。この辺りからまた雨が激しさを増してきており、公園を散策する人はそう多くない。1972年に造られた元祖マーライオンで、私にとっては10年ぶりの再会ということに。2002年に現在の場所に移設されるまで、長らくポンプが故障していたとかで口から水を吐く姿は見られなかったのだが、今回はばっちり元気に放水していた。いくらショボいと貶されようとも、やっぱりコレを見なければシンガポールへ来たことにはならないだろう。

20111217152640s
《新マーライオン・パークにて》

これは余談ながら、1981年に結婚した私の両親が新婚旅行の行き先にシンガポールを計画していたそうなのだが、当時の見所といえばそれこそこのマーライオンと、現在はハウ・パー・ヴィラと改名されているタイガーバームガーデンくらいしか無かったのではないのだろうか(ナイトサファリの開園は1994年)。結局旅行代理店の人に「季節柄あまりお奨めできない」と言われてグアムに変更したのだが、きっと賢明な判断だったのではないかと(笑)。

マーライオンから少し離れた所に、丁度背中合わせのポジションでミニ・マーライオンが立っている。こちらも口からチョロチョロチョロ~と水を出しており、なかなか健気で可愛らしい。シンガポール全土には政府公式のマーライオンが計5体あり、私が見てきた3体のほかにはオーチャード地区とMRTハーバーフロント駅近くの丘、「マウント・フェーバー」に存在するとか。

20111217152519ss
《ミニ・マーライオン》

マーライオン・パークを後に、エスプラネード・ブリッジの西側へ。実はここに以前のマーライオン・パークの跡地があるのである。現在は半島状の広場としてリノベーションされていたが、ここを訪れた瞬間、確かに訪問当時の記憶が鮮明に甦ってきた。

20111217153805s
《元マーライオン・パーク(2011年)》

2001年5月に撮影した、同じ場所の写真。ミニ・マーライオンの方は10年前も水を出していましたが… 水垢が酷いですね。

Merlion_1
《元マーライオン・パーク(2001年)》

現在とは違い、公園内からマーライオンを正面より見ることは出来ず、エスプラネード・ブリッジの上から眺める形となっていた。やっぱり口から水を勢いよく出していないと、今一つサマにならないですよね。

Merlion_3
《エスプラネード・ブリッジからのマーライオン(2001年)》

横からのアングルでもう一枚。こちらもエスプラネード・ブリッジからです。

Merlion_2

シンガポール川に架かるアンダーソン・ブリッジ(1910年完成)を渡り、シティ・ホール方面へ向かう。ここからは暫くの間、F1シンガポールGPのコースとして設定されたルートを辿っていくことに。この橋梁上も、マシンが約200km/hのスピードで疾駆していくポイントである。

20111217153428s
《アンダーソン・ブリッジ(東詰から)》

橋の上から上流方向を眺めて。

20111217154628s

次回へ続きます。

(2011.12.17)

〔関連記事〕
シンガポール (2-5)こんにちはマーライオン(大きい方編)


« シンガポール (2-7)やっぱB級グルメでしょっ | トップページ | シンガポール (2-9)こちらはガーデン・シティの太郎さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/55342133

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール (2-8)こんにちはマーライオン(元祖編):

« シンガポール (2-7)やっぱB級グルメでしょっ | トップページ | シンガポール (2-9)こちらはガーデン・シティの太郎さん »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ