« シンガポール (2-8)こんにちはマーライオン(元祖編) | トップページ | シンガポール (2-10)ナイトサファリへ »

2012.08.08

シンガポール (2-9)こちらはガーデン・シティの太郎さん

シンガポール川の岸辺の遊歩道を上流方向へ遡っていく。アンダーソン・ブリッジのひとつ上流側に架かっているのが「カベナ・ブリッジ(Cavenagh Bridge)」。1860年代に完成したという、歩行者専用の白い斜張橋である。(前のエントリー最後の写真にも写っています)

20111217155049s
《カベナ・ブリッジ》

この橋の上から「ボート・キー(Boat Quay)」を眺めて。今回足を運ぶ時間が無かったが、改装したショップハウスが並ぶレストラン街である。

20111217155342s

ちょっと時間を戻して、とあるアンダーパスの手前にあった規制標識を。ここをくぐる場合はバイクや自転車は手で押して通ってね。違反すると罰金1000ドル(約6万2千円)ですよ!

20111217154907s

そういえば『ムーミン(アニメではなくトーベ・ヤンソンの原作)』に登場するスナフキンは、公園に立てられた禁止事項の立て札を一つ残らず引き抜いたほどに人に指図されるのを嫌っている、というキャラクター設定なのだが、恐らく彼はシンガポールには30分と滞在できないのではないかと。かくいう私も心情的にはそれに近い感じだが…(笑) いずれにせよ、しっかりと教育を受けて行動規範が完成した、成熟した人間にとってはあまりにも息苦しい土地であることは確かである。

こちらは「アジア文明博物館 エンプレス・プレイス(Asian Civilisations Museum, Empress Place)」の建物。このエリアには植民地時代のコロニアル建築が多数残っている。

20111217154943s

更に川を遡っていくと、ラッフルズ卿の白い像が建っている。1819年、東インド会社の職員だった彼がこの場所に上陸し、ここから近代シンガポールの歴史が始まった。

20111217160936s
《ラッフルズ卿の像》

こちらもコロニアル建築。多分「ビクトリア・コンサートホール&シアター(Victoria Concert Hall & Theatre)」…だったはず。

20111217161526s

シンガポール川を離れ、セント・アンドリュース通り(St. Andrews Road)の北上を開始すると、すぐに左手に見えるのが旧最高裁判所。

20111217161607s

そのすぐ北隣に建っているのが旧シティ・ホール。両者共に政府庁舎としての使命を終え、2015年をめどにビジュアルアートの美術館として第二の人生を歩み出すとのことである。

20111217161722s

これらの建物と通りを挟んで反対側には、運動場として使用されている広大な芝生の広場が。一昨日訪れたクアラルンプールのムルデカ・スクエアとイメージが重なる。

20111217161755s

セント・アンドリュース通りは10年前にも歩いた道なので、当時の記憶をなぞっているような感じなのだが、その記憶に対して大きなアップデートが生じているのがマリーナ・ベイ方向。別に何の思い入れもないというのに、マリーナ・ベイ・サンズのホテル棟が視界に入る度についついレンズを向けてしまうのがどうにも悔しい。

20111217162118s

上の写真、ホテルの左に写っているのは「エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ(Esplanade Theatres on the Bay)」。その形状はドリアンの実を模しているのだとか。

来た方向を振り返って。

20111217161944s

前方に見える円柱形の特徴的な高層ビルは、「スイソテル・ザ・スタンフォード」というホテル。反対側からだと普通の長方形のビルに見えるらしい。

20111217162011ss

旧シティ・ホールの更に北隣。通りの名前の由来である「セント・アンドリュース教会(St. Andrew's Cathedral)」が、緑に囲まれて佇んでいる。

20111217162509ss

シンガポール・フライヤーからここまで1時間半掛けて歩いてきたが、散策のゴールは大型ショッピングセンター、「ラッフルズ・シティ(Raffles City)」。シティ・ホール界隈のランドマークのひとつで、前回の訪星時は空港からの路線バスをここで下車し、ホテルまで歩いて向かったはず。

20111217163113s
《ラッフルズ・シティ》

SC内のフードコートでマンゴーのフラッペを。蒸し蒸しした空気の中を頑張って歩いてきた自分へのご褒美、といったところである。

20111217164200s

さてさて、時刻は早くも午後5時前。天候の方も回復傾向へと向かっているため、昨晩はザーザー降りの為に諦めたナイトサファリを今夜こそ訪れてみることにする。今日の深夜に日本へ向けて飛び立つため、万が一の事態も考慮に入れて分単位でスケジュールを管理しなければならないが、まぁこの辺は私のお得意分野である。

次回はナイトサファリへ向かいます。

(2011.12.17)


« シンガポール (2-8)こんにちはマーライオン(元祖編) | トップページ | シンガポール (2-10)ナイトサファリへ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/55358608

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール (2-9)こちらはガーデン・シティの太郎さん:

« シンガポール (2-8)こんにちはマーライオン(元祖編) | トップページ | シンガポール (2-10)ナイトサファリへ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ