« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年1月の4件の記事

2013.01.29

国芳ワールドヘ連れてって。「歌川国芳展~奇想の浮世絵師による江戸案内~」

Kuniyoshi_1


再び阪神電車に乗り、次の元町駅で下車します。遅い昼食を済ませた後、2つめの美術館・大丸ミュージアム<神戸>(大丸神戸店9F)へ。ここで鑑賞するのは、「歌川国芳展~奇想の浮世絵師による江戸案内~」です。歌川国芳 [うたがわ くによし/1798-1861] とは江戸時代末期に彗星のように現れた、浮世絵の奇才のこと。確かな画力で華やかなりし江戸の風俗・文化を克明に描き出すとともに、その卓越した発想力でユーモアやウィットにあふれた作品を怒涛の如く生み出し続け、現在は海外でも高く評価されている、日本が誇るスーパーアーティストです。

続きを読む "国芳ワールドヘ連れてって。「歌川国芳展~奇想の浮世絵師による江戸案内~」" »

2013.01.27

とあるパズルの最終局面。改良工事竣工前夜の阪神三宮駅にて

兵庫県立美術館最寄りの阪神岩屋駅から、次の目的地である大丸ミュージアム<神戸>の最寄り駅、阪神元町駅へ向かいます。と、その途中、改良工事の完工を間近に控えた三宮駅で一旦電車を下車することに。2007年10月から5年半、総工費約150億円をかけた大規模工事も、残すところあと2ヶ月となりました。

続きを読む "とあるパズルの最終局面。改良工事竣工前夜の阪神三宮駅にて" »

2013.01.25

スオミの国からこんにちは。「フィンランドのくらしとデザイン-ムーミンが住む森の生活」展(兵庫県立美術館)

Finland_hpmoa_02


2013年は芸術づいた年にしようかなと考えておりまして、手始めに現在神戸で開催されている和と洋、2つの展覧会をハシゴしてきました。

1つめは兵庫県立美術館で3月10日まで開催の、「フィンランドのくらしとデザイン-ムーミンが住む森の生活」展。もう十数回は訪れている兵庫県立美術館、全てを記事にはしていないものの(だってめんどくさいんだもん)、すっかり私のアート鑑賞に於けるホームグラウンドとなってしまいました。

続きを読む "スオミの国からこんにちは。「フィンランドのくらしとデザイン-ムーミンが住む森の生活」展(兵庫県立美術館)" »

2013.01.21

サヨナラ…じゃないけれど。城東貨物線・赤川鉄橋

続きを読む "サヨナラ…じゃないけれど。城東貨物線・赤川鉄橋" »

« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ