« フランス2013 (2-10)ちょっとだけリヨン新市街 | トップページ | フランス2013 (2-12)TGV南東線Part3(リヨン→パリ) »

2013.06.13

フランス2013 (2-11)パールデュー駅にて

20130416184637s
《トラム1系統 パールデュー停留所》

リヨンの中心駅・パールデュー駅。伝統的な建物が並ぶ旧市街および新市街に対し、当駅はモダンなビルの多い再開発地区に立地している。

20130416184854s
《パールデュー駅・駅舎(西口)》

20130416184735s

20130416195211s
《(上2枚)駅西口の風景》

TGVの出発時刻まであと1時間あまり。メトロ・トラム・登山電車?・ケーブルカー・トロリーバス・連接バス…と多岐に渡る交通機関が走り回る乗り物天国だが、もうちょっと色々と乗ってみたかったものの残念ながらこれにてタイムアップのようだ。街そのものにも見どころは多いし、やはり最低でも1泊2日は必要だったか。リヨンには大きな国際空港があるので、次回の訪仏時には物価が高く治安も芳しくないパリはスルーし、この街から旅を始めてみるのもいいかもしれない。ちなみに1系統トラムの停留所と駅舎を挟んだ反対の東側に3系統のトラムの始発駅があり、この路線を経由して『ローヌ・エクスプレス(Rhône Express)』という急行トラムが空港と当駅を約30分で結んでいる(TCLのチケットでは乗車不可)。

さて少し時間が余ってしまったため、時間潰しを兼ねて駅で軽く食事を取ってからTGVに乗り込むことにする。ファーストフードの代表格といえばやはりハンバーガーだが、世界中でお馴染みのマクドナルドと並んでフランス国内でよく見掛けるのが、『Quick』というチェーン店(ベルギー資本とのこと)。海外旅行に出てまでファーストフードのハンバーガーというのも味気ないものだが、今日の昼食はドーンと重かったのでバランス調整の意味も含め、たまにはこんなのも良い。日本的マニュアル対応とは無縁の明るいラテン系兄ちゃんにセットメニューを注文する。

20130416192920s

マックのバーガーは特有の妙な後味が残るのだが、Quickのものはあっさり目。自分で塩コショウやケチャップで味付けして丁度いいくらいだろうか。それにしてもポテトとドリンクがLサイズとはいえ、7.1ユーロ(約900円)というのは随分高い。いや、日本の外食が物価レベルに対してあまりにも安すぎるのか。この国で食費を節約するとなると、毎日パン屋さんのサンドイッチになりそうで怖い(笑)。

20130416193450s
《店内には列車の発車時刻を表示するモニターも設置》

店内で30分ほど過ごし、時間を見計らってTGVの出発ホームへ向かうことにする。帰りのチケットの値段は往きよりも5ユーロ安い25ユーロ(約3,200円)。特別なキャンペーンでない限り、パリ~リヨン間ではもっとも廉価なチケットである。あと1本遅い最終便ならば1等車の最安運賃(35ユーロ)が残っていたのだが、パリ到着が23時とあまりに遅くなってしまうためこの便を選択した。

Lyon_paris

名残惜しくはあるものの旅はまだ序盤。明日もまた忙しいので、ホテルでしっかり休息を取らなければ。さあ、夜のTGVで光の都パリへと帰ろう。

(2013.04.16)


« フランス2013 (2-10)ちょっとだけリヨン新市街 | トップページ | フランス2013 (2-12)TGV南東線Part3(リヨン→パリ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/57582136

この記事へのトラックバック一覧です: フランス2013 (2-11)パールデュー駅にて:

« フランス2013 (2-10)ちょっとだけリヨン新市街 | トップページ | フランス2013 (2-12)TGV南東線Part3(リヨン→パリ) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ