« フランス2013 (2-11)パールデュー駅にて | トップページ | フランス2013 (3-1)バスチーユ広場にて »

2013.06.14

フランス2013 (2-12)TGV南東線Part3(リヨン→パリ)

20130416195323s

20130416195713s

20130416200224s

TGV6632 Lyon Part Dieu(20:04) → Paris Gare de Lyon(22:07)

パールデュー駅A番線。利用者数に対して狭すぎるプラットホームに、パリ・リヨン行きTGV6632列車が入線してきた。今度は重連ではなく単独の10両編成。本日のパリ行きTGVはこの列車と1時間後の最終便を残すのみとなっている。

往路は2階席に座ったので、帰路は比較のために1階席を予約。Voyages-sncf.comでは窓側・通路側、ボックス席・2人席・1人席(1等車)、1階席・2階席(TGV Duplex)、最近では進行方向向きかどうかなど(但し保証はない、と明記されている)、このように細かく座席の条件が選べるようになっている。往路は編成の向きが逆転していたせいで進行方向逆向きになってしまったが、復路は正規の向き(パリ側から1等車・ビュッフェ車・2等車の順)だった。従って乗車前に分かっていた通り、またもや進行方向逆向きである。まあ、夜の便なのであまり関係ないと思って了承したのだが。

2階席は天井がドーム型になっているのに対し、1階席は平面。どちらにしてもコンパクトな空間であることには変わりなく、照明も荷物棚の下にしかないので室内の照度はかなり抑え気味。光量不足を補うために個別の読書灯が設置されているが、虹彩の色素の関係であまり明るい照明を好まないコーカソイドの嗜好を反映したインテリアになっている。この編成は長期間に渡って増備が続いているDuplex客車でも最近製造されたもので、座席のデザインが変更されている。2等車座席はリクライニングしないのは相変わらずだが。

20130416201003_filtereds

日が暮れゆく中、列車はリヨンを後にする。高速新線への合流点の手前で進路開通待ちの一時停止があったが、やはり南東線のダイヤの密さ故だろうか。合流後はぐんぐん加速していき、風切り音を上げながら300km/hの巡航速度へ。新幹線のような防音壁がないので、1階からでも景色は十分に楽しめる。日照時間の長い季節なので、道程の半分近くはどうにか風景を眺めることが出来た。

往路はパリ~リヨン間をノンストップで駆け抜けたが、この列車は途中ル・クルーゾーに停まることになっている。というわけでパールデューを出発してから約40分、20時40分過ぎに本線から副本線へ入り、ル・クルーゾー駅ホームへ。駅名になっているル・クルーゾー市は人口約2万3千人の工業都市だそうだが、駅前に広大な駐車場が設置されているのが見え、パーク&ライドを活用して広い地域から利用者を集めているようだ。当方の車両からも意外と少なくない数の乗客が降りていくが、その空席もこの駅から新たに乗ってくる乗客で残らず埋まってしまう。ホームにはパリへ帰っていく子供と孫を見送るおじいちゃんとおばあちゃんの姿。別れの光景は万国共通である。

ル・クルーゾーを出発すれば、次は1時間20分後の終点パリ・リヨン駅。ノンストップ便だとパリ・リヨン~パールデュー間の所要時間は2時間を切っているが、この列車は途中駅停車の影響で5分余計に掛かっている。この辺りでとうとう風景は闇の中に埋没していき、たまにポツリと見える灯りのみに。隣席のお兄さん(着席時に「ボンジュール!」と挨拶してくれた)は静かに読書、斜め前の席のビジネスマンはパソコンで書類の作成中――と、車内はフランスの二大都市圏を結ぶ路線らしく客層は様々ながら、静寂の保たれた落ち着いた雰囲気である。ちなみに往きの車内では検札があったのだが、帰りは結局最後まで来なかった。客車8両・545席ぶんの検札を2時間で済ませるのはなかなか大変そうだが。
*東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」の場合は、16両・1,323席を3名の車掌で担当。

そして「あれがパリの灯だ」とばかりに、翼のない飛行機は定刻どおりにパリ・リヨン駅Hall 1に到着。朝とは逆ルートでメトロ14号線→8号線と乗り継ぎ、グラン ブールヴァールへ戻ってくる。パッサージュ・ジュフロワは午後10時に閉鎖されるため、夜間出入り用の小さな扉をくぐり、人影の消えたパッサージュを通ってオテル・ショパンへ。一日中歩き通しというわけではなかったので、行動時間のわりには疲れは少なかった。手早く毎晩の用事を済ませ、日付が変わる頃に就寝する。

今日の歩数カウント:20,810歩

(2013.04.16)


« フランス2013 (2-11)パールデュー駅にて | トップページ | フランス2013 (3-1)バスチーユ広場にて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/57591252

この記事へのトラックバック一覧です: フランス2013 (2-12)TGV南東線Part3(リヨン→パリ):

« フランス2013 (2-11)パールデュー駅にて | トップページ | フランス2013 (3-1)バスチーユ広場にて »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ