« オランダ (1-2)雲より遠い700メートル~ロッテルダム→キンデルダイク 水上バス~ | トップページ | オランダ (1-4)キンデルダイクにて・その2 »

2013.07.14

オランダ (1-3)キンデルダイクにて・その1

船着場から少し歩いて、ビジターセンターが構える観光エリアの入り口へ。ここにバス停があり(Kinderdijk, Molenkade停留所)、ちょうどロッテルダムからの路線バスが到着したところ。観光客がぞろぞろと降りてくる。

昼食はロッテルダム中央駅で調達してくるつもりだったのだが、駅でちょっとドタバタしている間にすっかり失念してしまっていた。ビジターセンターの手前にレストランがあったので、ここでお腹を満たしてから風車を見に行くことにする。正確にはレストランではなくグランカフェというもので、飲み物一杯から軽食、本格的な食事まで何でもござれの万能選手。パリのカフェにも似ているが、もちろんオランダの方がずっと安上がりである。

注文したのは「パネクック(Pannenkoek)」というオランダのパンケーキ。クレープのようにデザート系とお食事系、2つのタイプがある。ハム・チーズ・マッシュルームがトッピングされたものを選んだが、直径が大きいので思わず自分の手と比べた写真を撮ってしまった。

20130418130757s

小さく切り分けて口に運んでみるが…。うん、生地がホロホロ・フワフワしていて、これはパンケーキやピザというよりお好み焼きだね。薄いので見た目のインパクトほどのボリュームは無いのだが、これ一枚でそこそこ満足できるほどの分量はあった。お値段は洋梨ジュースと合わせて10.5ユーロ。オランダも品目によって付加価値税(BTW)の税率が異なるが、料理とソフトドリンクについては6%と低く抑えられている(アルコールは21%)。

食事も済んだのでいよいよ観光エリアへ。個人で来るにはちょっと不便なキンデルダイクだが、団体ツアーならばそんなの関係ねぇとばかりに、大型駐車場には数台の観光バスが停まっている。折しもたった今到着したのが日本人の団体さんだった。

ここキンデルダイクには1740年頃に建造された19基の風車が集中して残っており、1997年にはキンデルダイク=エルスハウトの風車網の登録名でユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。水路の中央に築かれた堤を歩き出せば、右にも左にもオランダのシンボルたる円錐台や角錐台の形の風車が列を成している。

20130418133507s

20130418133656s

20130418133814s

干拓地の排水装置として造られたこれらの風車。ピーク時にはオランダ全土で約1万基を数えたものが、排水ポンプの動力がモーターやディーゼルエンジンに置き換えられた現在では900基ほどが残存するのみだという。それでも今なお1割が残っているというのは意外だったもので、この後オランダを巡る列車の車窓からはそれを裏付けるかのように、幾度となく「はぐれ風車」の雄姿を目にすることになった。

そして風車のもう一つの重要な役割が製材である。かつては人の力に頼っていた製材作業を風を動力として省力化できたことにより、劇的なコストダウンが実現。安く大量に木材が供給されるようになった結果、造船業の国際競争力が上昇して活況を呈するようになり、これが小国オランダを海運大国へと押し上げる原動力となった。つまりは風の力を錬金術のように国の力に変えたわけである。

風車のうちの一つの内部が有料で公開されているため(6ユーロ)、見学してみた。風車の回転で得た力を排水ポンプの動力に変換する歯車や、縦に長い建物内を住まいとして使う工夫など、近代の風車守の暮らしぶりを伝えるミニ博物館となっている。実はキンデルダイクの風車のうちのいくつかは今でも住居として使用されており、住人は風車の保守・管理の義務を負う代わりに格安で入居できるそうだ。

Pic1s

Pic2s

20130418135311s

20130418135321s

20130418135433s

20130418135520s

こちらが風車の外観。19基の風車のうち回っているものと回っていないものがあるが、この強風なので前者については何れも、羽にぶつかったのならば命に係わるであろうほどの物凄い勢いで回っている。もっとゆっくりと回ってくれたならば、まさにメルヘンの世界なのだが。

20130418140823s

20130418140709s

次回もキンデルダイクをぶらぶら。

20130418140700s

(2013.04.18)


« オランダ (1-2)雲より遠い700メートル~ロッテルダム→キンデルダイク 水上バス~ | トップページ | オランダ (1-4)キンデルダイクにて・その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/57785098

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ (1-3)キンデルダイクにて・その1:

« オランダ (1-2)雲より遠い700メートル~ロッテルダム→キンデルダイク 水上バス~ | トップページ | オランダ (1-4)キンデルダイクにて・その2 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ