« オランダ (1-6)ハーレムへ | トップページ | オランダ (2-2)アルクマールのチーズ市を観てみる »

2013.07.24

オランダ (2-1)アルクマールへ

オランダ2日目の朝。ヨーロッパへ来てからというもの毎晩真夜中に目が覚めてしまい、それから朝まで浅い眠りしか取れない、というリズムが延々と続いているのだが、ゆうべもそんな感じだった。今のところ体に不調は出ていないので、あとは日中睡魔に襲われないことを願うのみである。

朝食が7時半からなので、それに合わせてGFのレストランへ。イギリス風の薄い食パン(トースター設置)、ハム・スライスチーズ(それぞれ一種ずつ)、カップヨーグルト(複数フレーバー)、オレンジ・アップルジュース、牛乳、バナナやリンゴなどのフルーツ、そして従業員が持ってくるホットコーヒー・ホット紅茶…と、ざっとこのようなメニューだったはず。一つ星ホテルなので文句は言えないが、さすがに6回もこれじゃ後半は飽きてくるよね、という感じである。

準備を済ませ、8時半前にホテルを出発。昨日の暴風はすっかり収まり、台風一過とも呼びたくなるような気持ちのいい青空が広がっている。

昨夕は荷物があったが今朝は手ぶらなので、写真を撮りながら駅へ向かうことにする。まずはグローテ・マルクト。ハーレムの中心広場で、各種イベントの会場としても使われている。ちょうど明日以降がそのイベントが立て続けに開催される日程になっており、何もない風景が見られたのは明日の朝までだった。

20130419082439s

20130419082446s

こちらは15世紀建造の聖バフォ教会(Grote of St. Bavokerk)。少年時代のモーツァルトが演奏したパイプオルガンがあることでも有名だそうだが、ハーレムへ帰ってくるのは毎日夕方以降だったため、拝観時間の関係で内部を見ることは出来なかった。

20130419082544s

グローテ・マルクトから商店街を北上していくが、その途中にあるのはあの「コーヒーショップ」(下の写真、中央の白いバンの向こう)である。マリファナなどのソフトドラッグを販売している店のことで、商店の並びに普通に溶け込んでいるのはやはり妙な印象。よく誤解されていることだが、オランダではソフトドラッグは「合法」なのではなく、規則に従って販売・所持する限りでは摘発を受けないことが保証されているだけで、正確には「違法行為の黙認」である。さすがに近年はコーヒーショップの数は減少傾向にあるそうだが、私の考え方は「やりたければご勝手にどうぞ。但し他人に迷惑は掛けないでね」である。大麻が違法の日本でも、飲酒がらみのトラブルは事欠かないわけだし。

20130419083018s

今日は平日なので、通りを通勤者の自転車がひっきりなしに往来している。

20130419083315s

運河を渡り…

20130419083340s

駅前広場に到着。バスターミナルになっているが、下の写真のように連接バスでなくても車体の長い車両が多い。

20130419083752s

駅入り口。もう少し右の奥にもっと立派な駅舎が立っているが、私が利用していたのは専らこちらの方だった。

20130419083811s

今日最初の目的地はアルクマール。今回の旅で訪れる町はいずれもハーレムから片道1時間以内で行けるので、その日の気分次第で自由に選べるのだが、イベントの開催日の関係で行き先が固定されている日も。今日もそんな日のひとつである。

Intercity Haarlem(08:42) → Alkmaar(09:14)

ハーレム駅はNSの要衝駅として広い構内スペースを有し、とりわけ縦方向の長さが長い。この駅が始発・終着の列車も多数設定されており、これから乗車するホールン行きのIntercityもハーレム始発ということで、構内西側の頭端式ホームから出発する。古めの二階建てプッシュプル客車で、スマートなVIRMに対してかなり武骨なスタイル。発車時刻寸前に駆け込み乗車に近い形で乗り込んだ。

列車は郊外の市街地を坦々と走り、次の停車駅であるベーフェルウェイク(Beverwijk)の手前で長いトンネルに突入。アムステルダム港と北海を最短距離で連絡する北海運河(Noordzee Kanaal)をくぐるトンネルである。山岳トンネルのないオランダだが、このような大小の運河をくぐるトンネルというのが随所に存在する。

アムステルダム方面からの路線が合流するUitgeest(←どう読むでしょう?正解は後ほど)で早くも急行運転が終わり、ここから終点ホールンまで各駅停車。更に3駅進み、ハーレムから32分でアルクマールに到着である。

20130419090819s

20130419091714s

20130419091915s

(2013.04.19)


« オランダ (1-6)ハーレムへ | トップページ | オランダ (2-2)アルクマールのチーズ市を観てみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/57844400

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ (2-1)アルクマールへ:

« オランダ (1-6)ハーレムへ | トップページ | オランダ (2-2)アルクマールのチーズ市を観てみる »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ