« オランダ (2-4)アルクマール旧市街・その2 | トップページ | オランダ (2-6)ザーンセ・スカンスにて・その2 »

2013.08.01

オランダ (2-5)ザーンセ・スカンスにて・その1

駅からザーンセ・スカンス(Zaanse Schans)の入り口までは徒歩で10~15分ほど。普通の住宅街の中を進むかと思えば、甘い香りを漂わせるココア工場の横を通ったりと、本当にのどかな風車の村へ向かっているのかどうか疑わしくなってくる。

ザーン川(De Zaan)に架かる橋まで来れば、村の入り口はもう目の前。この橋、中央部分が跳ね上げ式になっているのだが、ちょうど私が渡りかけたところで船の通過のため作動し始めた。タイミングが良いのか悪いのか分からないが、渡ろうと思えば渡れたもののどうせ急ぐ旅でもないので、オランダ訪問の記念に見学していくことに。片側二車線の太い道路だが、オランダでは高速道路の本線上にもこのような跳ね橋があるというから驚きである。

20130419143821s

20130419143945s

20130419144018s

そんなイベントもありつつ、ザーンセ・スカンスに到着。17世紀から18世紀にかけてつくられた伝統的な民家や風車を集めて保存している野外博物館である。

20130419144302s

これら木造の建物の外壁は深緑色で塗られているのだが、これは木材の腐食を防ぐために塗料にタールと銅が含まれているからなのだとか。

20130419144450s

20130419144405s

20130419144531s

昔のオランダの風景を再現した箱庭のような場所だが、アムステルダムから程近いという立地も手伝って、オランダならではの雰囲気を気軽に味わえるスポットとして観光客には人気が高い。入れ代わり立ち代わりやって来る観光バスが運んでくる団体客が決して広くはない敷地にひしめき合い、「THE観光地」の称号をほしいままにしている様子。

20130419144809s

20130419144926s

ザーンセ・スカンスには6基の風車が保存されている。下の写真は入り口から一番近い風車である。

20130419145508s

20130419145227s

ザーン川沿いに並ぶ風車群を見に行く前に、村東側の“農村地帯”を散策。人がいなくなる時を見計らえば、200~300年前にタイムスリップしたかのような疑似体験が出来る…かも?

20130419151927s

20130419152034s

20130419150930s

20130419153244s

20130419153458s

天気もだんだん回復してきたところで、次回へ続きます。

(2013.04.19)


« オランダ (2-4)アルクマール旧市街・その2 | トップページ | オランダ (2-6)ザーンセ・スカンスにて・その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/57906295

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ (2-5)ザーンセ・スカンスにて・その1:

« オランダ (2-4)アルクマール旧市街・その2 | トップページ | オランダ (2-6)ザーンセ・スカンスにて・その2 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ