« オランダ (3-3)デルフト旧市街・その2 | トップページ | オランダ (3-5)仮住まいの名画たち~ハーグ市立美術館~ »

2013.08.15

オランダ (3-4)インターアーバントラムに乗って

デルフトを発つ前に、旧市街の北西側を少しだけ歩いてみる。フェルメールの墓がある旧教会(Oude Kerk)や、オラニエ公ウィレムの元住居で暗殺現場でもあるプリンセンホフ博物館(Museum Het Prinsenhof)などの見どころもあるが、これからデン・ハーグに行かなければならないのでこれらは省略。丹念に見ていくのならばデルフトだけで丸一日は必要だろう。

20130420133837s

20130420134347s

20130420134012s

20130420134355s

20130420134112s

20130420135325ss

20130420135744s

午後2時、デン・ハーグ方面行きトラムの停留所へ。デルフトにも風車があり、NSの線路際にあるので車窓からも眺めることができる。キンデルダイクのようにまとまった数で残っている場所はともかく、風車自体は単独で建っているものならば国内の随所で目にすることができ、さして珍しいものでもなかったりする。

20130420140202s

----

トラム1系統 PrinsenhofStation Hollands Spoor
トラム17系統 Station Hollands SpoorStatenplein

旧市街最寄りのPrinsenhof停留所には1系統と19系統が発着するが、デン・ハーグ市内へ向かうのは1系統。トラムの路線図はデルフトに到着してすぐにVVVで入手しておいた(有料・0.5ユーロ)。地図上にルートが記されているので分かり易いが、停留所名が書かれていないのが気になるところ。

1系統の電車がやって来たので、OV-chipkaartをタッチして乗り込む。最新鋭のLRVに比べると古風なタイプの車両だが、車両端に次駅名と更に4駅くらい先までの駅名を表示する液晶モニターが取り付けられており、外国人でも降り損なう心配はなさそうだ。片運転台タイプなので座席はすべて進行方向を向いている。

20130420142830s

20130420145816s

20130420145810s

デルフトからデン・ハーグまではトラムだとNSの倍以上の時間が掛かるが、このくらいの距離ならば発地~着地のドア・ツー・ドアでみるトータルの所要時間では、トラムのキメ細やかな停留所と路線網が優るところが多そう。キビキビとした走りなので、駅数のわりには意外と速いな、という印象だった。近接した都市ということで、デン・ハーグ市内に入るまでの沿線は終始市街地が続いていた。

目的地であるハーグ市立美術館の最寄り駅へは17系統に乗り換える必要があり、デン・ハーグHS駅前(Station Hollands Spoor)到着前に液晶モニターに乗り換え案内が表示されたため、ここで乗り継ぐことに。OV-chipkaartの解説記事に書いたように、別系統を乗り継ぐ場合はその度にカードのチェックイン/チェックアウトをしなければならないのがちょっと不便である。

すぐに到着した17系統に乗車し、ビネンホフとホフフェイファの池を眺めつつ一旦市の中心部を通過。スヘーフェニンゲンの森の間を抜け、左折して17系統の単独区間に入ると間もなく下車停留所のStatenpleinである。

(2013.04.20)


« オランダ (3-3)デルフト旧市街・その2 | トップページ | オランダ (3-5)仮住まいの名画たち~ハーグ市立美術館~ »

コメント

はじめまして。
この夏にオランダを旅行する予定で、ハーレムに滞在しますので、こちらの旅行記を旅の予習として参考にさせて頂いております。
オランダの乗り物についてお尋ねします。
OV-chipkaartを購入するつもりですが、ガイドブックや他の方の旅行記では、列車での移動については切符を購入することが主に述べられています。(OV-chipkaartでも切符が購入出来る、とよく書かれています)
こちらの記事で検札の場面が登場し、OV-chipkaartをチェックされたとのこと、そのままカードだけで乗れるとわかりました。
が、当日の往復切符が割安だとおっしゃる方もおり、どういう乗り方が一番お得なのかわからなくなってきました。
正しい乗り方を教えていただけますでしょうか。
初めてのオランダで、ちょっと混乱気味です。
よろしくお願い致します。

ginger さま

 初めまして。当方の旅行記を参考にして頂けたということで、嬉しく存じます。

 さて、ご質問の件ですが、既にご理解されている通りに、無記名式のOV-chipkaartでしたら最低限デポジット分の金額のチャージ(と、NSの場合は更にアクティベーション)が済んでいれば、オランダの公共交通機関のほぼ全てでカードのタッチのみでの利用が可能です。
 なお、NSでは2015年現在で紙のチケットが廃止されており、一回乗るだけでも使い捨てのOV-chipkaartというものを購入することになります(券売機で乗車券を購入するとこれが出てきます)。といってもSuicaのようなプラスチック製のものではなく、紙にICチップが埋め込まれたタイプのものです。駅の出入口に自動改札機orカードリーダーがありますので、無記名式・使い捨てともにチケットをタッチして通過する流れとなります。
 8年前に私がNSを利用した際には仰るように当日の往復切符(Dayretour)がかなり割安だったのですが、現在は単純に片道運賃の2倍の額となっています(※OV-chipkaart導入時に、片道でも当日往復運賃の半額が適用されるようになりました)。ただ、使い捨てOV-chipkaartの場合は切符1枚ごとに1ユーロの発行手数料が加算されるため、片道券を2回購入するよりは往復券の方が1ユーロ安くなるという計算にはなります。

 まとめますと、例えばNSを利用する頻度が低く、都市でのトラム・バスの乗車も各都市の一日乗車券を使うということでしたら、発行手数料分を加味しても個別にNSの乗車券を購入する方が安くなるケースがあります。一方、NSで都市間を移動する回数が多く、トラム・バスの利用も複数の都市(および郊外路線)で広く浅く、ということならば、手数料が高めではあるものの互換性の高い無記名式OV-chipkaartの利便性が発揮されることになります。

 と、簡単に説明させて頂きましたが、ご不明な点がございましたらご遠慮なく再質問をどうぞ。

とてもとてもわかりやすいご説明、ありがとうございます!

ハーレムに3週間ほど滞在する予定で、その間、美術館へ行くことを主な予定にしています。
今のところ考えているのは、アムステルダムの美術館へ数日に分けて向かうこと、ハーグとデルフト、クレラーミュラー美術館、おまけでザーンセ・スカンスで風車は見ておこうと思っています。

NSを利用する頻度は微妙なところです。往復切符を買った場合、途中下車できるのでしょうか。例えば、ハーレムからデルフトに行く途中にデンハーグで途中下車などです。(デンハーグからデルフトまではトラムでも行けると知れた事は大きな発見でした!ほんとにこちらのブログは素晴らしいです。でもたとえ話の面ではそれはさておき)
途中下車できるなら、NSは乗るたびに買ってもよいのかも…と思ったりもしますが、バスやトラムを頻繁に乗り降りすることになりそうなので、最初のカード代と、払い戻し手数料は元がとれるかもしれません。やはりOV-chipkaartは購入しておくべきかしら…

あと幾つか、お分かりになる範囲で教えて頂けたら嬉しいです。

●デ.ンハーグで、メトロ駅構内に置かれている自動券売機では、クレジットカードでのャージは手数料はなしとのことですが、アムステルダムでもメトロ駅なら、クレジットカードでのチャージは手数料なしでしょうか?!(だったら嬉しいです)

●先に述べました、アーネム方面にあるクレラーミュラー美術館への行き方なのですが、ガイドブックや様々な旅行記で、いろいろと違うことが書かれていて、こちらもまた混乱で…

●スキポール空港からハーレムまでの行き方も電車派とバス派があるようで、この点も悩んでおりまして…
もちろんどちらでも行けるのだと思うのですが、年配の女性が同行しますので、大きなスーツケースを抱えての移動はどちらがスムーズかと考えています。

●ほんとうは、国際列車でドイツやベルギーに日帰りでも行ってみたいところなのですが、お天気や体調を考慮して、日本から予約していくことはしたくないと思っています。
現地で直前に窓口で切符を購入となると、割高になるんでしょうね…
すみません、これは質問というより、ただの愚痴です。。

クレラーミュラー美術館の件は、chikocrape様は行かれていないようですので、スルー していただいて結構です(もちろんドイツ・ベルギーの愚痴も 笑)。

自動券売機のクレジットカード手数料有り無しや、窓口販売の手数料の金額(1ユーロだの3.5ユーロだの)や、紙幣が使える使えないなど、様々な方の新旧の情報が混在しているので、かなりわかりにくいです。
状況は日々変わるでしょうから、現地で確認すればよいことなのですが、今回は同行者が年配ですのでなるべく負担をかけたくなくて、できるかぎり事前に情報を集めたいと思っています。

ご存知の範囲で教えていただければ助かります。


ginger さま

 オランダだけで3週間ですか! 何と羨ましい…。

 と、そちらの方はさておき、ご質問の件ですが、


>往復切符を買った場合、途中下車できるのでしょうか。

 紙のチケットだった時代には問題なく途中下車できたのですが、積み増し式のOV-chipkaartの場合はそもそも途中下車という制度がないので(Suicaに途中下車の概念がないのと同じです)、使い捨てタイプの場合もそれに準じている、という可能性があります。もし私だったら、あまり込み入った話が出来るほどの英語力がないもので、間違いのない区間毎の購入を行うと思いますが、やはり現地のインフォメーションデスクで途中下車の可否を確認なさるのが最も確実でしょうね。あと、ハーレム~デルフトでしたらデン・ハーグ中央駅ではなくデン・ハーグHS駅で下車しなければ最短経路上の途中下車にはなりませんのでご注意ください。


>アムステルダムでもメトロ駅なら、クレジットカードでのチャージは手数料なしでしょうか

 手数料は不要です(私自身が確認済みです)。


>アーネム方面にあるクレラーミュラー美術館への行き方

 こちらの美術館ホームページには、アペルドールン駅かエーデ・ワーゲニンゲン駅から108・106番のバス、と書かれていますね。


>スキポール空港からハーレムまでの行き方

 分かりやすいのは列車ですが、街の中心であるグローテ・マルクトまでは駅から徒歩で約10分掛かります。バスはグローテ・マルクトにより近い場所に停留所が設けられていますので(Haarlem, Centrum/Verwulft停留所 / この場所)、場所によってはこちらの方が便利かもしれません(もちろん駅からタクシーという手段もありますが)。


>国際列車でドイツやベルギーに日帰り

 最速は高速列車のThalys(ベルギー方面)やICE(ドイツ方面)ですが、確かに直前購入は高いかもしれません。例えばブリュッセルやアントワープでしたら、こちらのページに説明がありますが、在来線経由の特急列車ならば週末往復割引や当日往復割引を併用すれば、所要時間は余計に掛かるもののリーズナブルにチケットが購入出来るようです。

 また、NSの窓口や自動券売機は外国人旅行者には非常に不便です。極力お世話にならずに済む方法として、やはり無記名式OV-chipkaartの使用を推奨しておきます。

またまた詳しくありがとうございます!

アドバイス頂いたとおり、やはりOV-chipkaartを購入しようと思います。
メトロ駅で実際に経験されたとのこと、安心しました。なるべく利用したいです。


バスは停留所を調べないといけませんでしたね。なるほど、地図を付けて下さってよくわかりました!


>デン・ハーグHS駅で下車しなければ最短経路上の途中下車にはなりません

え~、全然知りませんでした(汗)
デン・ハーグHS駅は、何だかさびれてるっぽいので、なるべく利用しないでおこうと思ってました(笑)
どちらへ先に行くかわかりませんが、とりあえずデルフト~デンハーグ間は、トラムにしようと思います。


ドイツ・ベルギーへのリーズナブルな行き方、クレラーミュラー美術館への行き方まで調べて頂き恐縮です。
旅行は大好きですが、交通機関の調べ物はほんとに苦手で、ちんぷんかんぷんなくせに、知らずに行って損はしたくないという気持ちもあり、あたふたするばかりです。
このたびは、私の幼稚な質問にも快く丁寧に解説をして頂き、ありがとうございました。本当に心強いです。
まだ計画の半ばで、オランダだけで3週間も何しよう?(笑)という感じなので、まだお尋ねしたいことが出てくるかもしれません。
その時はまたよろしくお願い致します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/57972782

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ (3-4)インターアーバントラムに乗って:

« オランダ (3-3)デルフト旧市街・その2 | トップページ | オランダ (3-5)仮住まいの名画たち~ハーグ市立美術館~ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ