« オランダ (3-5)仮住まいの名画たち~ハーグ市立美術館~ | トップページ | オランダ (3-7)ビネンホフにて »

2013.08.21

オランダ (3-6)平和宮にて

次の目的地は平和宮だが、地図によると市立美術館からは1km程度と近いようなので、徒歩で向かうことにした。市立美術館のすぐ北側に隣接してオランダ国際会議場があり、周辺には大型ホテルが集中している。

20130420170520s

スヘーフェニンゲンの森のへりを通り…

20130420170948s

やがて大使館街へと入っていく。オランダの首都はアムステルダムではあるが、司法・立法・行政の中央機関と王室はデン・ハーグに置かれており、実質的な首都機能はデン・ハーグが担っている。下の写真は日本大使館。旅行中には極力お世話になりたくないものだが。

20130420171545s
《在オランダ日本大使館》

20130420171702s
《デン・ハーグの大使館街》

更に5分ほど歩いて平和宮(Vredespaleis)に到着する。デン・ハーグには国際機関も数多く立地しているが、これは国際司法裁判所として使われている建物。雅子妃のお父さんである小和田恆氏が前所長を務めていたことでも知られている。夕方なのでもう門は閉まっており、外から写真を撮ったのだが、ド逆光なのでなかなかピントが合わずに苦労する。

20130420172800s
《平和宮》

この建物はカーネギー財団が保有しており、国際機関が賃貸物件を使用しているという珍しい例である。竹島問題も韓国側が逃げ回っているが、国際司法裁判所へ付託してとっとと白黒つければ良いのに…なんてボンヤリ考えていた。
(サイコパスが火を着けた尖閣については、棚上げしてしまうのが人類の智慧であり最もプラグマティックな解だと思いますが)


トラム1系統 VredespaleisKneuterdijk

平和宮前からトラムに3駅乗ってビネンホフへ移動。週末はトラムの本数まで減ってしまうようで、1系統の場合平日の毎時6本に対して土日祝日は毎時4本となっている。1系統と17系統の重複区間なのであまり待たずには済んだ。

(2013.04.20)


« オランダ (3-5)仮住まいの名画たち~ハーグ市立美術館~ | トップページ | オランダ (3-7)ビネンホフにて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/58034862

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ (3-6)平和宮にて:

« オランダ (3-5)仮住まいの名画たち~ハーグ市立美術館~ | トップページ | オランダ (3-7)ビネンホフにて »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ