« オランダ (3-8)春の花パレード2013 in ハーレム | トップページ | オランダ (4-2)ホールン旧市街 »

2013.08.28

オランダ (4-1)ホールンへ

今日は日曜日。この日は北ホランド州北方のホールン(Hoorn)という町から出ているSLの保存鉄道に乗車するのがメインである。朝食を済ませてホテルを出れば、本日も朝からブリリアントな快晴。グローテ・マルクトには花パレードの山車が留め置かれたままになっており、夜が明けてから改めて見物に来ている人もチラホラ。

20130421081456s

いつものように駅への道を歩いていくが、今日は昨日にも増して人通りが少なく、まるでゴーストタウンのよう。もちろん勤め人らしき人はほとんど目にしない。このような国に日本は一人当たりGDPで負けているわけだが。

Sprinter Haarlem(08:22) → Amsterdam Sloterdijk(08:34) ※3分遅れ
Intercity Amsterdam Sloterdijk(08:45) → Hoorn(09:12)

ハーレムからホールンへはIntercityの直通列車があり、私も2日前にアルクマールへ向かう際に乗車したのだが、この列車は各駅停車となる区間が長いため、スローテルダイク経由のルートの方が一回乗り換えなければならないものの所要時間が短い。最短となるIntercity同士の乗り継ぎだと直通列車よりも19分も短くなるが、スローテルダイクでの接続時間は4分。平日の朝夕を中心に2~3分程度の遅れは常態化しているので、運が悪いと乗り換えに失敗する可能性もありそうだ。私は遅れていた一本前のSprinterをつかまえ、早めにスローテルダイクに到着することとなった。

20130421083813s

保守運休は今日も続いており、発車案内板は注釈の嵐。「Rijdt niet」がつけられた列車は文字が薄くなっているのでたぶん運休だろうと類推できるのだが、他はオランダ語オンリーなので何が何だかサッパリである。

20130421084148s

定刻どおりにやって来たエンクハウゼン(Enkhuizen)行きIntercityの車両はICMというタイプ。以前に乗車したことがあるが、先頭車は眺めれば眺めるほどE351系《スーパーあずさ》の貫通先頭車とそっくりだ。平屋の3両と短い編成だが、車内に入ってみれば空気輸送状態。しばらく見ないうちにリニューアル工事が施工されており、車内は新車と見紛うほどに綺麗になっていた。

20130421084610ss

20130421090258s
《(上2枚)ICM(リニューアル後)の車内》

この列車はスローテルダイクを出ると、ホールンまで27分間ノンストップ。ランドスタットを離れた地方には40~50分間無停車の区間もあるようだが、やはりインターシティを名乗るのならばこれくらいの走りっぷりを披露してもらいたいものである。

スローテルダイクとは北海運河を挟んで隣駅になるザーンダム(Zaandam)にはアムステルダム~アルクマール~デン・ヘルダー系統のICは停車するが、当列車は通過。同じIntercityでも系統によって停車駅が異なるが、系統毎の停車駅は固定されているようだ(平日と週末で停車駅が変わるケースはあるみたいです)。

ザーンダムでアルクマール方面への路線と分かれると、毎時IntercityとSprinterが2本ずつ運転される区間へ。この区間を走るSprinterはアムステルダム中央へは直通しないため、ザーンダムかスローテルダイクで乗り換えが必要となる。車窓は相変わらずの広漠とした田園地帯が連綿と続いており、ホールンが近づくと風力発電の風車が増えてきた。

20130421090344s

20130421090727s

9時12分、ホールン着。近鉄特急カラーのスーパーあずさを何枚か撮ってみる。

20130421091251s

20130421091316s

この車両にはWi-Fiサービス提供のマークが付いており、VIRMの一部編成もWi-Fiに対応している。私のモバイルPCはとっくにバッテリーが死んでいるし、スマートフォンもタブレットも持たない主義なので全く恩恵には浴せないのだが。しかし最近は世界中どこもスマホ中毒者だらけですね。オランダもその例外ではないようで…。

20130421091341s

花の王国らしく、ホームにも生花店が。

20130421091423s

20130421091447s

駅舎から跨線橋を渡って構内の北側へ出ると、保存鉄道の駅舎がある。発車時刻は11時とあと2時間近くあるので、切符だけ入手しておいて発車時刻までのあいだ旧市街を散策するつもりである。

20130421091824s

20130421104440s
《(上2枚)SLのホールン駅駅舎》

窓口での購入の際、アイセル湖の遊覧船を使う周遊コースも薦められたが、折角わざわざ乗りに来たので予定通りSLでのホールン~メデンブリック往復プランに。運賃は大人片道12.2ユーロ(約1,600円)に対して往復だと20.8ユーロ(約2,600円)である。今日は一往復のみの運行だが、繁忙期の二~三往復体制の時には乗り放題チケットとして使用できる。

跨線橋の上から眺めると、蒸気機関車が煙を上げて出発準備を整えているところ。客車もNSの車両と肩を並べてホームに待機している。

20130421091701ss

20130421091713s

というわけでホールンの旧市街を駆け足で見に行くことに。

(2013.04.21)


« オランダ (3-8)春の花パレード2013 in ハーレム | トップページ | オランダ (4-2)ホールン旧市街 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/58058732

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ (4-1)ホールンへ:

« オランダ (3-8)春の花パレード2013 in ハーレム | トップページ | オランダ (4-2)ホールン旧市街 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ