« 14/03/07 (8)リニア・鉄道館 その5(その他展示編) | トップページ | 14/03/07 (10)“旅先”で見にいく、『印象派を超えて―点描の画家たち』 »

2014.03.18

14/03/07 (9)栄へいこまい

というわけで、リニア・鉄道館を出てきたのが午後5時の少し前でした。今日は新幹線の最終までに名古屋を出発すればいいので時間はまだたっぷりあるのですが、日没まではあと1時間ほど。もしリニア・鉄道館の見学が早めに終われば、久しぶりに名鉄に乗って有松の町並みを見にいこうかと考えていたのですが、ちょっと中途半端な時間です。
そこで、有松散策の後に予定していた、栄の愛知県美術館で開催中のポスト印象派の展覧会を観覧しに行くことにしました。普段の日は午後6時までなのですが、金曜日のみ午後8時までの夜間開館を実施しており、今から向かっても十分時間を取ることができます。



てなことでまずはあおなみ線で名古屋駅へ戻ります。このあおなみ線、日中は15分間隔、平日の夕方は10分間隔で運転されているのですが、その端境期に間隔が18分と20分になる時間帯が出現します。私も丁度その時間帯にかかってしまい、ちょっと長めに待たされてしまいました。

20140307164902s

20140307165047s

20140307165342s
《(上3枚)あおなみ線 金城ふ頭駅》

24分で名古屋駅へ。改札内コンコースはメンテナンスが行き届いていないのかどこか薄汚れた感じで、あおなみ線の厳しい懐事情が透けて見えるようです。あおなみ線はJRの貨物線が前身でありながら資本の比率は市が圧倒的に大きいので、いっそのこと市営地下鉄の路線に編入してしまってはいかがかと。貨物列車の走る地下鉄というならば、香港MTRの東鉄線という前例もありますし。

栄へは地下鉄東山線に乗り換えることになりますが、名古屋駅の西の端にあるあおなみ線ホームから東の端の東山線ホームまで、三たび駅構内を横断する羽目に。地下鉄・私鉄各線の乗り場から見れば孤島のような場所にあるわけで、もし市営地下鉄との一体化が実現したとしても、この物理的な距離はどうしようもありません。なんかもう、前門の虎後門の狼という感じです。

長い通路をえっちらおっちら歩いて、東山線の改札口へ。こちらでは無事ICOCAが使えましたが、あおなみ線とは別払いなので距離のわりには高くつきます。中京圏の私鉄・公営交通陣営のICカードである『manaca』(また中央・中心シリーズのネーミングですか…)ならば80円の乗り継ぎ割引が適用されるのですが、SuicaはともかくJR東海の『TOICA』だと、同じ中京圏発行でありながら乗り継ぎ割引は適用されません。manacaには利用回数や利用金額に基づくポイントサービスもあり、そのためでしょうか、TOICAよりも後発でありながら発行枚数はダブルスコアに近い数字にまで大きく引き離しているそうです。昨年3月以降は中京圏外での適用エリアに両者間の違いがなくなったので、もはやTOICAはJR東海区間のみの定期券を載せるため以外に選択する理由が無さそうです。

名古屋から2駅乗って栄へ。名古屋の中心部を串刺しにする路線ということで、全国でも大阪市営地下鉄御堂筋線に次ぐ高収益路線だそうですが、久しぶりに乗るとやっぱり車両が小さいなーと思います。元名古屋市民としては発車ベルの「プルルッ、プルルッ、プルルッ」が懐かしかったり。栄駅ホームもその重要性のわりにはコンパクトなサイズです。

20140307174023s

20140307174044s

名古屋最大の繁華街・栄(さかえ)を訪れるのは実に15年ぶり。その間に中心部には『オアシス21』という複合施設が出現していました。もはや完全に浦島太郎状態です…。

20140307174524s
《オアシス21 地下広場》

目指す愛知県美術館は、そのオアシス21からつながる地下通路を通ってすぐ。

(2014.03.07)


« 14/03/07 (8)リニア・鉄道館 その5(その他展示編) | トップページ | 14/03/07 (10)“旅先”で見にいく、『印象派を超えて―点描の画家たち』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/59309160

この記事へのトラックバック一覧です: 14/03/07 (9)栄へいこまい:

« 14/03/07 (8)リニア・鉄道館 その5(その他展示編) | トップページ | 14/03/07 (10)“旅先”で見にいく、『印象派を超えて―点描の画家たち』 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ