« 15/06/08 (2)頭文字S…其の名は仙山線(後編) | トップページ | 15/06/08 (4)山寺(立石寺)をスピード参拝(後編)~山形市内へ »

2015.06.26

15/06/08 (3)山寺(立石寺)をスピード参拝(前編)

 ICOCAを山寺駅の簡易カードリーダーにタッチして出場。仙台からの運賃は842円です。仙山線でSuicaが使えるのは仙台-愛子間なのですが、愛子以西でも作並・山寺・山形の3駅がスポット的に対応しています。仙台近郊区間内なので、途中下車をしなければ陸羽東線経由でも板谷峠回りでも同じ運賃(※新幹線は使えません。山形新幹線の在来線区間もNG)。時間のある方は是非どうぞ。



 こちらは山寺駅の駅舎です。如何にも観光地の玄関口らしい佇まい。


150608_03_01


 駅を出ると、もう目の前に山寺境内の剥き出しになった岩壁が見えています。険しい山に沢山のお堂がしがみつくように建っている独特の景観を見てみたくて、今回の旅の行程に組み入れてみました。あの山の上にある「五大堂」が目的地なのですが、案内によると駅からの往復で2時間強を要するとか。足腰には自信があるので実際にはもう少し短縮できそうではありますが、さてさて。


150608_03_02


 お寺へは駅から歩いてほんの数分。お土産屋さんも多く、THE観光地という感じですね。今日は午後から曇ってくるとの予報ですが、今のところはまだ気持ちのいい青空が広がっています。山の清冽な空気と川のせせらぎの音が実に心地よい。映画『茶の味』に出てくる名曲「山よ」を思わず口ずさんでみたり。


150608_03_03


 入口に着きました。山寺というのは通称で、正式には『宝珠山立石寺(ほうじゅさんりっしゃくじ)』と呼びます。外国人の参拝客もちらほら見掛けますが、中国系の人が(今のところは)いないので静かです。


150608_03_04


 こちらは国の重要文化財に指定されている「根本中堂(こんぽんちゅうどう)」。建材には主にブナが使われており、杉などが用いられることが多い日本の寺社建築の中では非常に珍しい例なのだとか。


150608_03_05

150608_03_06


 境内では山形名物の玉こんにゃくも販売されていますが、今朝の“爆食い”のせいで胃袋の空き容量はゼロ。泣く泣く見送ります。というわけで、本番の奥の院制覇へ向けてさっそく出発。入山料は300円です。


150608_03_07
▲山門


 新緑が茂る森の奥へ、石段を一段一段踏みしめながら進みます。有名な芭蕉の句、「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」はここ立石寺で詠まれたものなのだとか。


150608_03_08

150608_03_09


 道の所々で、このように剥き出しの岩肌を間近に眺めることができます。


150608_03_10


 こちらは「岩塔婆」といって、言わば卒塔婆を岩に直接刻んだバージョンですね。古くは室町時代のものもあるそうです。


150608_03_11


 この石段を上りきると…


150608_03_12


 奥の院エリアの入口、仁王門に到着。山門からの所要時間は10分で、呆気ないというか拍子抜けするほどに楽でした。やっぱり2時間というのはジジババ仕様なのかな。


150608_03_13

150608_03_14


 観明院前。道沿いには他に性相院・金乗院・中性院がありますが、仏教クラスタは完全に関心の埒外なので、この辺りはアッサリといきます。


150608_03_15


 約1,000段の石段を征服し、エリア最奥へやって来ました。…麓から15分しか掛かっていませんが。


150608_03_16


 こちらが奥の院の如法堂です。


150608_03_17


 お隣の大仏殿。


150608_03_18


 角度を変えて。霊場という感じがします…


150608_03_18b


 奥の院を後に、展望台になっている五大堂へ向けて移動します。


150608_03_19


 こちらは見るからに危険な修行の岩場。実際に命を落とす修行者も多かったそうで。


150608_03_20


 こんな奇岩もあり、日本というよりは中国のお寺のような雰囲気です。中国本土へ行ったことはないのであくまで想像ですが。


150608_03_21


 開山堂(下の写真/立石寺を開山した慈覚大師のお堂)の横を抜けると、五大堂はすぐそこ。


150608_03_22


 写真が多くなったので、続きは分割します。

(2015.06.08)


« 15/06/08 (2)頭文字S…其の名は仙山線(後編) | トップページ | 15/06/08 (4)山寺(立石寺)をスピード参拝(後編)~山形市内へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/61797305

この記事へのトラックバック一覧です: 15/06/08 (3)山寺(立石寺)をスピード参拝(前編):

« 15/06/08 (2)頭文字S…其の名は仙山線(後編) | トップページ | 15/06/08 (4)山寺(立石寺)をスピード参拝(後編)~山形市内へ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ