« 15/07/01 (1)格安夜行バス「ブルーライナー」で彩の国へ(後編) | トップページ | 15/07/01 (3)鉄道博物館 その1(プロムナード/ヒストリーゾーン<明治期>) »

2015.07.18

15/07/01 (2)グッド・モーニング・オーミヤ

 ソニックシティから大宮駅までは歩いて3分ほど。はるばる来たぜ、彩の国(さいのくに)。てか、本当に大阪から2,300円ぽっちで来ちゃったよ…。下の写真は大宮駅西口の風景ですが、新幹線が乗り入れる県内最大のターミナル駅という共通点から、3週間前に訪れた仙台駅にまたやって来たような錯覚をおぼえます。まあ、仙台駅の方が広がりのある風景ですけどね。それにしても、<はやぶさ>に飛び乗ってしまえば大宮からたったの1時間で仙台まで行けてしまうんだよなぁ。


150701_02_01

150701_02_02

150701_02_03
▲(3枚)大宮駅東口



 今日は平日ということでとっくに通勤・通学ラッシュが始まっており、駅構内にはこれこそ首都圏と目を見張るばかりの人の奔流が絶えることがありません。大宮駅には初めて来ましたが、流石にさいたま市発足前はしばしば県庁所在地と間違われたのが納得できるような巨大ターミナル駅ですね。大宮でこれですから、東京都心のターミナル駅の朝ラッシュ時の混雑ぶりなぞ、恐ろしくて想像するのも躊躇われます。大阪近郊住まいの田舎っぺにはこれが限界だべ…。


150701_02_04
▲中央自由通路の外れ。改札口付近にはこれの30倍くらい人がいます


 さて、鉄道博物館の開館時刻である午前10時まではまだ3時間弱あります。今日は雨なので駅の外を出歩くのも億劫だし、予め調べておいた無料でWi-Fiが使えるカフェで時間を潰すことにしましょう。

 で、そのカフェ、「エキュート大宮」という施設の中にあるらしいのですが、探しても一向に入り口が見つからず、そばにいた鉄道警察の立番の人に尋ねてみると…。ああ、「エキナカ」なんですか。鉄道博物館へ行くのに乗るのはJRではなくてニューシャトルなので、改札内へ入るには入場券(140円)が必要ということに。近年のJR東日本、エキナカビジネスという名前の囲い込み商法を積極的に推進している模様で、唯でさえ寝転がっていても儲かる経営環境の癖に狡い商売に手を染めていやがるなぁ、と呆れるばかり。そういえば後刻またJRに乗るついでにエキナカ店舗に立ち寄ったのですが、隣の席の人がわざわざ入場券を購入して訪れていたっけな。JR東海と並んでとかく鉄道趣味界隈では嫌われがちなJR東日本ではありますが、私も彼ら趣味人とはまた別の観点から嫌いになりました(笑)。こうしてごくたまにしか利用する機会がないのが救いです。因みに阪急電車のエキナカ利用の場合は有人改札口で申告すれば入場券なしで出入りさせてもらえます(川西能勢口駅で経験済み)。

 文句を言っていてもしょうがないので、入場券を買って改札内へ。お目当ての『CAFE SALVADOR』にてサーモンとアボカドのサラダブリトーのモーニングセット(税込518円)で朝食にします。トイレなしの夜行バスということで長らく水分断ちしていたため、この一口目のホットコーヒーのうまさったらもう。やっと人心地つけました。
※勘違いしていましたが、こちらは「エキュート大宮」ではなく、「ルミネ大宮」の改札内にある店舗となります。


150701_02_05

150701_02_06

150701_02_07


 ちょっと分かりにくいですが私の席、ガラスの向こうは自動改札機の真横なので、ここを通っていく人々の観察が楽しいです。動物園に見立てて【エコノミック・アニマル(霊長目ヒト科)】という説明板を貼りたくなったり。


150701_02_08


 上述のようにここでは無料でのWi-Fiの使用が可能で(店員さんにSSIDとパスワードの書かれたラミネート加工のシートを貸してもらいます)、コンセントも装備。私はマイタブレットを持参していますが、店舗側でも利用客が自由に使える共用タブレットを数台用意しています。このお店、梅田にも2店舗ある『WIRED CAFE』と同じ会社が運営しているんですね。なぜここだけ別ブランドで営業しているのかはよく分かりませんが。マクドナルド辺りと違って客層も比較的良く、かつ空いていて静かなので、早朝(※7時から営業)の時間潰しにはおすすめです。

 できれば9時半頃までカフェ内でのんびりとしていたかったのですが、入場券には2時間という時間制限があるんですよね。追加料金を払うのも癪なので、ちょっと早めに鉄道博物館へ向かうことにしました。

 改札を出てニューシャトルの駅へ。この間の通路は「てっぱく通り」という一種の商店街になっているのですが、この朝早い時間ではまだシャッター通りでした。


150701_02_09


 こちらはニューシャトルの大宮駅。ここから一駅目の「鉄道博物館(大成)」駅まで乗車します。運賃はICカードで185円。


150701_02_10


 目の前で電車に出て行かれてしまったので、10分後の電車を待ちます。入線してきたのは1983年のニューシャトル開業当時に製造された車両で、埼玉「新」都市交通の「ニュー」シャトルという名前が聞いて呆れるようなボロい車両でした。新交通システムなのにホームドア(スクリーンドア)がないというのも、そのみすぼらしい印象を加速させるようで。


150701_02_11


 大宮からわずか2分、鉄道博物館駅に到着しました。以前は大成という駅名でしたが、2007年10月の鉄道博物館の開館に合わせて駅名改称と駅舎改築が実施されたそうです。


150701_02_12


 次回からは本題の鉄道博物館編です。

(2015.07.01)


« 15/07/01 (1)格安夜行バス「ブルーライナー」で彩の国へ(後編) | トップページ | 15/07/01 (3)鉄道博物館 その1(プロムナード/ヒストリーゾーン<明治期>) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/61902070

この記事へのトラックバック一覧です: 15/07/01 (2)グッド・モーニング・オーミヤ:

« 15/07/01 (1)格安夜行バス「ブルーライナー」で彩の国へ(後編) | トップページ | 15/07/01 (3)鉄道博物館 その1(プロムナード/ヒストリーゾーン<明治期>) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ